FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。    
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2009年10月27日 (火) | 編集 |
先週、俺が弁当残業している時、
嫁と子供は、子供の盗まれた自転車を探していたそうです。
朝、自宅からバス停まで自転車通学しており、
先週の後半雨が降ったので、そのままバス停留所に置きっぱなしでした。
鍵は本人が自転車を買った数日後どこかに落としたようで、
自ら鍵を壊し、何年もそのまま乗っていました。
バス停は国道に面している場所にあるのですが、なんせ田舎なもので、
数日放りっぱなしでも誰も乗っていくこともなかったのです。
が、過去に1度だけ、誰かが自転車を、
バス停からバスターミナルまで乗って行かれたことがありましたが、
「きっと急いでいたんだね。」
と呑気なことを言う子供の姿がありました。
親の仕事場への通り道に面しているバス停なので、
俺も嫁も日曜日まであったのは確認しているのですが、
毎日そこからバスに乗る本人は、
「あれ? 月曜日の朝にあったかどうか分からない。」
とまったくお気楽にも限度があります。
そこで嫁と子供は、町内をグルグルと車で駆け巡り、
自転車のありそうな場所を探したのですが、
今のところ、まだ見つかっていません。

嫁は子供を怒るのと同時に、
『あたし、もし自転車が見つかったら、置き手紙してこようと思うの。』
と言い出したのです。
「で、なんて書くつもりなんだ?」
と質問をすると、
『そうね・・・。
【拝啓、自転車を勝手に借りた方様。
初雪の便りが聞こえ出したこの頃ですが、いかがにお過ごしでしょうか?
この度、突然の雨の為、この自転車をお使い下さったようですが、
持主に許可なく使うのは筋が通りませんので、
反対にパクらせてもらいます。
敬具 自転車の持主の母より】 なんてどうかしら?』
と言い出す始末です。
市販の鍵を買って与えていたのですが、
自転車を鍵も掛けずに数日間放置していた子供にも大きな責任があり、
それを監督していなかった親にも責任があります。
それを分かっているのか?と思う俺です。

自転車探しに時間を割いたので、夕食の支度も出来なかった事を理由に、
「お母さん、お父さん、弁当残業でしょ? 
今晩、二人っきりなんだから、
これから仕度したら何時に食べられるか分からないし、
どこかで外食しようよ!」
と持ちかけられた提案に、
『そうよね、お腹もすいたことだし、どこに行く?』
とホイホイ乗った食いしん坊の嫁です。
「ラーメンはこの間食べたから、○◎に行かない?
やっぱりあそこ、ネタも新鮮で美味しいよね。」
と言う子供の言葉に便乗し、
隣町まで車を走らせ、俺を置いて外食しに行ってしまったようです。

つづく

今日も弁当残業でした

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
鬼は嫁(笑)
こんばんは、敏さん
かくれんぼうしたまま、自転車は出てきません。 きっといい男が乗って行ったと思われるので帰って来たくないようです(笑)
敏さんの息子さんの自転車h廻り回って、海外まで遠出しているかも知れませんね(笑) そうそう、貧乏臭い匂いがするのが我が家の自転車なので、どこかにあったら・・・パクって来てください(爆)
ありがとうございます、仕事もだいぶ落ち着いてきましたよ。 
2009/10/29(Thu) 00:03 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
自転車
弘司さん奥さんへ
自転車は見つかったのでしょうか?
家の息子も2台ほど、誰かに使ってもらっていますわ~
1台はオールアルミとかの高価な自転車でしたが
2台目はチョウ~安物をあたえました。
あれから何年になるのか?
自転車は動いているのだろうか?
弘司さん、ついでに見つけておいてください。
はんかくさい臭いがしたら、間違いなく息子の自転車です。
仕事の方も忙しくなったようで
身体をこわさないようにね。
2009/10/28(Wed) 14:29 | URL  | 敏 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック