北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年04月30日 (月) | 編集 |
天気 晴れ 
風  朝 東風  昼 西風 夕方 東風
明日 風は東風で少し強いかもしりませんね。

今日は絶好の釣り日和!!
俺は仕事です、皆の釣り姿を指をくわえて、
羨ましく眺めておりました。

鷹ノ巣岬
10台くらいの車がありました。
離れ岩にも渡ったみたいですね。
IMGP1668.jpg
ルアーマン
アメマス狙いだと信じております。
ここの場所は規制区域内なので、サクラマスは×
IMGP1669.jpg
太櫓漁港 
IMGP1646.jpg
中間部に釣り人発見 中旬からマガレイの数釣りが出来ます。
鵜泊漁港
先端に2人の釣り人。
中の防波堤にもおります
IMGP1654.jpg
太櫓海水浴横
少し波が上がっていました。
ライフジャケットを身に着けて欲しいですね
IMGP1665.jpg

太櫓~太田海岸
ここからは行き止まりなので、
歩いていかなければなりません。
車が2台止まっていたようなので、
きっとこの奥にいかれたのでしょうね。 
IMGP1656.jpg
今日の北海道新聞に、
「島牧で釣り人水死」と書かれてありました。
折角の釣りで、「楽しい思い出」より「悲しい思い出」
なんて本人も家族も遣り切れません。
足元には十分に気をつけてくださいね。 

おまけ。
今日は珍しい生き物を見つけました。
春の陽気に誘われたのでしょうか。
畑起こしの後で、虫を啄ばんでいたようです。
野生のキジ(オス)
IMGP1671.jpgIMGP1674.jpg
昔は、どこでもいたそうですが、
今はその数も大分減ったようです。
その昔、嫁の実家ではネズミ捕りのトラバサミに掛かった
オスのキジを保護した事があったそうです。
それ以来、野生のキジにお目にかかった事がなかったと言ってました。
最初は、子供達は「ニワトリみたいなのがいる」と言ってましたが、
子供達も一緒に見れたと騒いでおりました。
ちょっと、感動もんだったのでしょうね。
道路を横断するイタチも見たそうだ。

今日 利別川で水質検査をやっていました。
IMGP1643.jpg
IMGP1645.jpgIMGP1642.jpg
  
今年も日本一の清流になれるかな。
とある橋の下でウグイの大群が泳いでおり、
その下(川底)に大きい魚が10匹ぐらいいたとの報告。
多分、アメマスだと思います。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト
テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ

2007年04月29日 (日) | 編集 |
天気 晴れ(黄砂で視界が悪いです)
風  西風(時化) 夕方 東風になる

明日は釣り日和になりそうですね。
朝から東風・北西・東北・東南と風が変わりますが、
釣りをするには問題はナイと思います。
ただし、今日の波のうねりが残らなければいいのですが・・・

ホッケの浮き釣りをしている人達は、外海は荒れているので、
比較的に波が弱い場所に集中していました。
IMGP1595.jpg
虻羅漁港先端  
IMGP1599.jpg
美谷漁港裏(須築漁港側) 
人達が集まり、マキエの量も豊富なので釣れてましたよ。 
IMGP1604.jpg
須築新港
この場所は、他の釣り場に比べ、遥かに穏やかな風でした。
皆さん、のんびりとホッケの浮き釣りをしていましたよ。 

吹込漁港
風は他の所より穏やかでした。
やはり、外海が荒れていましたので、
港内に投げている人達がいました。
先端はアイナメ・ホッケ・カレイ狙いですね。  
IMGP1596.jpg


須築漁港
ここもやはり外海が荒れているので
港内に投げて釣りをする人達がいました。 
IMGP1605.jpg IMGP1606.jpg
 

瀬棚新港
今日も沢山の車がいました。
風が強いので、皆さん、車の中におりました。
IMGP1621.jpg

瀬棚漁港
新港に入れなかった車が、フェリー乗り場近くで
釣りをしているようですよ。
かえって、あずましいかも知れませんね。
IMGP1622.jpg

「あずましい」と北海道弁で子供に話していたら、
「その言葉って何?」と言われました。
今は使われなくなったんでしょうか。
ちょっと淋しいですね。
あずましい=他人に気兼ねしなくてもいい事
あずましくない=邪魔・気兼ねをする事

今日の時化模様
IMGP1619.jpg IMGP1600.jpg
 

おまけ
島牧村 茂津多岬灯台(日本一)
海面から灯台頂部までの高さが日本一です。
ここの灯台までは、せたな町からしか行けません。
灯台の下まで、車でいけますよ。
車道は狭いので、もし、車が見えたら
待機道で待っていてあげてくださいね。
今日は黄沙で視界が悪かったので、地平線が見えませんでした。
IMGP1612.jpgIMGP1609.jpg
 
IMGP1610.jpgIMGP1611.jpg
 
灯台近くで咲いていた野花。
IMGP1613.jpg IMGP1603.jpg
須築新港横のすぐ近くの岩場。海鳥達が休んでおりました。 

今晩の夕食の一品。
瀬棚・梅花津付近の乾物屋さんで買って来ました。
大成~太櫓間にある日昼部の沖合いで、
漁師さんが、今朝、取ってきたそうですよ。
子持ち干しカレイ(宗八カレイ)
一枚 30cm 200円なり
IMGP1624.jpg
 
良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif  
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月28日 (土) | 編集 |
天気 晴れ or 曇り
風  西風 or 南西風 (風が強く、大時化)

せたな~奥尻島のフェリーも運航されました。
連休ということもあり、これから混むでしょうね。
世間一般では、G・Wと、のたまわっていますが
9連休だとか、大型連休とか自分には全く関係有りません。
うちの子供達(高校生2人)でさえ、9連休だと言うのに・・・
でも、バイトがしっかりと入っているので、
どこにもいけないと子供達もぼやいている。
嫁だけが、暦通りの休みだそうだ。
俺もしばらくの間は仕事だ。
数日前にやっと、俺の休みが決まった。
3・4・5日と3日しかない。o( _ _ )o ショボーン
どうせなら、6日も休みにしてくれ~
と声を大にして叫びたい。
でも、仕方がないですよね。
使われの身ですから・・・・

瀬棚新港
ホッケの浮き釣りをしている人達がいた。
まあまあ、釣れていた。
昨夜、夜釣りをしていた人の話しでは、
ホッケがポツラポツラと釣れ、
カレイは手の平サイズだったそうですよ。
IMGP1590.jpg IMGP1592.jpg

ここ数日の時化で、他の釣り場から
非難して来ているみたいだ。
南西の風だったら、噴火湾か
寿都町の方に非難した方が良いと思うが。。。。
IMGP1593.jpgIMGP1588.jpg

天気予報によると、明日のPM3:00以降、風が変わるみたいだ。
西南西風から西北西風になり、
PM9:00頃から東北東風になるようです。
風も弱まってくるみたいなので、
30日からは少しは期待ができるかな?

おまけ。
この間の春季通信の時の写真です。
珍しい竿がありました。
今から20年前くらいの竿だそうですよ。
シマノ・ハイパワー・プロセレクトX-390XX
IMGP1573.jpg

IMGP1576.jpg IMGP1578.jpg
 2種目 須藤さん      高橋さん
IMGP1583.jpg
6種目 俺

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月27日 (金) | 編集 |
がまK氏はがまかつの静かなる大ファンであり、
北海道で数人しかいない鮎プロなのだ。
プロ歴、数十年のベテランでもあり、
その事を皆が知ったのは、昨年の事だった。
 
この世界に、そんなプロ試験みたいなものが存在するとは
全く知らなかったのだが、彼から話を聞くと、
キチンと認定書もあり、どこかの鮎プロ軍団にも所属しているそうだ。
その所属団体の名の入ったベストを見せてもらった事もある。
だが、彼はあまりプロらしい活動はしていないようだ。 
TVでよくみるプロ達からは、
“鮎命”という雰囲気が画面を通してでも伝わってくるが、
彼はそんな素振りをおくびにも出したことはなかった。
しかし一度だけ、鮎についてのウンチクを語り始めた時、
「やっぱ、プロだわ~」としみじみ感じずにはいられなかった。
ミーハーな俺は、思わずサインを
ねだりたくなる衝動にかられるのだった。 

それにしても、なんでその鮎プロが、
投げ釣りに手を出したのかは不明である。
彼は船釣りもするし、ショア釣りもする。
俺が思うには、鮎は夏から秋にかけてしか釣れないので、
他の時期には何も釣るモノがないから、
釣りジャンキーにとって釣りに行けない事は、
苦痛なのだろうなと推測される。 
今度、本人に確認してみようかな。

{※ウチのクラブには「K」のイニシャルが4人いるので、 
K氏・K兄氏・がまK氏・短K氏と分ける事にした。}  

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月26日 (木) | 編集 |
行き着けの釣具屋さんで、
ダイワ・フィ―ルドテスターのN井氏と初対面した時、
エサ問屋さんが営業挨拶に来ました。

その時の話です。

今のイソメの大半はチャイナ産だそうで、
昔はコリア産もあったそうです。
現在は目覚しい経済発展国になったので、
どんどん砂場が埋め立てられてしまい、
ほとんど取り扱うことがなくなったそうです。

チャイナでは、海老を養殖している生産者が、
「イソメの堀っ子を400~500人、雇っている。」そうです。
その話にアンテナが動いた嫁は、
「堀っ子って、何?」
と問屋さんに聞きます。
「刃先が30cmもあるクワで、砂を掘りイソメを採取する人のこと。」
「それって、自然の砂場?
 それとも、自分でイソメを養殖している砂場なの?」

と興味深々です。
問屋さん
「プライベートビーチの海辺で、相当大きい敷地なんだ。 
遥か向こうまで、人が見えないくらい広大なんだ。
そこを、そのクワを使って一堀で2匹くらい
いればいい方だね。」

ほんの数秒考えて、嫁は新たな質問をします。
「それって、天然モノですよね? 
よく、養殖モノって宣伝しているのは、何?」

問屋さん
「大きな田んぼのようなところで養殖している海老を出荷する際、
田んぼの水抜きをして、海老を取り除いた後の砂底を、
堀っ子さんが掘ったイソメのコトを指すんだよ。」

と親切に教えてくれました。 

また、数秒考えて再質問、
「じゃ、海老と一緒にイソメも養殖しているってことですよね。
海老は卵から孵化さて放せばいいけど、
イソメは何から孵化させるの、やっぱり卵なの?」

と俺も聞きたい事を聞いております。
「それが分らないんだ、自然と砂底にいるそうなんだ。
海老の副産物というのかな~。」

と思案顔の問屋さん。 

問屋さんのいうには、
「自分の所の蓄容器では、
切れたイソメからシッポらしきモノが
生えてきているモノを何匹も見たこともあるし、
頭が2つ生えているモノも見た事もあるんだよ。
輸入する数が注文数より、少なく入って来る時があるんだけど、
現地の人に聞いても、「繁殖期だから」って言うんだけど、
どうやって繁殖するのか説明できないんだよ。
自分で身体を意図的に切って、
分裂するんじゃないかって言う人もいるんだ。」

と教えて下さいました。

一般に出回っているイソメは、
海老の養殖している人から、現地のバイヤーに渡り、
天然モノは年々と数が少なくなり、養殖モノに混ぜられて、
現地から送られてくるそうです。
一昔前には、インドネシアや台湾から輸入した事もあったが、
暖かい国で取れたイソメは、温度管理が大変だそうです。
北朝鮮からも輸入した事があったそうです。
一度は、青々とした太い青イソメが入って来たんですが、
その後は代理店の話と違う、細いというより使い道のない
細すぎるイソメが送られて来たので、送り返したそうです。
その後、その代理店はなくなったそうです。
韓国から輸入すると、堀っ子さんの賃金も高いので、
必然とイソメも高くなるそうですよ。

毎日、どれだけの数のイソメを
この日本で消費しているのでしょう。 
 
良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月25日 (水) | 編集 |
お金の都合が付いたので、心置きなく竿を買う事にした
((*`▽´*)チャッカリ。)

それからの俺の行動は素早かった。(☆∇☆) キッラ-ン!
地元の釣具屋さんに電話して、事情を話し、
竿を巻いてもらう手筈を整えた。
店員さんに棚から竿ケースを取って貰い、竿を手に取り試し振りをし、
有り金はたいて会計をした。
「これで、おまえは俺のモノさ。もう、離さないぞ。」

嫁にだって言ったコトのないセリフを、 
竿に向っていつの間にか囁いていました。

函館空港に迎えに来ていた嫁と子供達。
俺の顔を見て、はしゃぐ子供達を見た時は、
「帰って来たんだ。」と実感しました。( ̄▽ ̄嬉)♪ 
しかし、嫁の顔を見た瞬間、帰郷の喜びもつかの間、 
その心は恐怖心に変わりました。
ヤバイ、顔は笑っているが、目は怒っている。 
(( (_ _|||) )) ウゥ
そして、その視線のベクトルは、俺の手荷物の、俺の竿ケース。 
 
車に乗ってからも、嫁は俺に対して無言のままだ。
<久し振りに会う俺に、照れているのかも。>
な~んて、冗談に考えていたが、家に帰り子供も寝付いた後に
「あの竿は何?」といや~な雰囲気です。
「まぁまぁ~久し振りに帰って来たんだから、その話は後で」 
とお茶を濁そうとしたが、
「あんた、こっちは毎日の雪掻きに追われ、 
子供達と家を守って来たのに、1人でいい気なもんだよね。
横浜まで行って、ご苦労様と言いたいけど、
あの竿は何なの?
まさか、自分へのご褒美なんてのたまうんじゃないでしょうね?」

「へぇへぇ~、その通りございます、お代官様。」 
とちょっとふざけてみた。 
そんな俺の姿を見た嫁は微動だにもせず淡々と、 
「で、幾らだったの?いつ買ったの?」
「東京に行った時で、値段は約3万くらいだった。」
「さっさっさっ、3万円?!
あんた、自分には3万もかけて、私には、
口紅1本と甘栗って、いったい、どーゆーことよ! 
自分に甘すぎんのはね、
コーヒーに角砂糖4個入れる時だけにしなさい!」」

と目をひんむいて怒鳴ります。
怒怒怒 (`´)怒怒怒

そうなんです。きいてください。お土産の不満だったのです。
嫁の買い物を頼まれたんですが、何が何なのやらさっぱり解らず、
結局、俺が選んだのは口紅1本と、
ふっと、いい匂いがしていたから、
甘栗を2袋を衝動買いしてしまったのです。

でも、嫁はちゃんと見抜いておりました。 
「有り金全部使って買ったんだ。
じゃ~私が送ったお金は竿の足りない分だね。」

不意を突かれてヤバイと言う顔をしてしまった。
とたんに物凄い形相で、
「テメエー、とーぶんの間、
小遣いはないもんだと思え!」

とタンカを切られてしまいました。
ウェ~ン!!。・°°・((((ノ┳д┳)ノ・°°・。ビェェェェ~ン!!

今回の戦利品 リョービ プロスカイヤーD-HZ 40-405
戦    略 嘘ならべ = 嫁だまし 
戦  失  品 俺のおこずかい

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif

 
 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月24日 (火) | 編集 |
リョービD-HZ
買うために、嫁に電話をしました。
嫁は
「こっちから電話しようか、どうしょうか迷っていたの。
あのね、子供達のお土産なんだけど、
学校にも持って行けるリュック式のバッグが欲しいんだわ。
それとね、私には・・・・」
(*・_・*)ワクワク
とお土産の催促しかしません。(´+_+`)ウゥ…
自分の用事だけ散々くっちゃべって、電話を切ろうとします。
慌てて、
「お土産代がかさんで、破産しそうだ。
手持ちも淋しくなってきたので、ナンボか都合してくれ。」

泣きつきました (・;) ぐすん
「で、今幾ら持っているの?」
「○万円しかない。それで、あと○日暮らすのは無理。」
「あら、私の財布の中身より多いんでしょ。
まさか、無駄なモノ買ってないでしょうね?
この間も、どこそこの釣具屋さんに行って来たとか
ほざいてたけど、 “安かった” とか言って
竿なんて買ってないでしょうね?」

<ギクリ!> そのまさかの竿を買おうと していた俺です。
なんって、女のカンと言うのは鋭いんだ
と感心している場合じゃない。 イッケネー!(・_・ゞ-☆

そこで、俺は犬なみの脳みそをフル回転させた。、
「う~ん、なんとかギリギリで生活は出来るかも知れないけど、
今ある金で飛行機のチケットを予約しなくちゃならないから、
やっぱり無理だ。それとも
帰ってくんなってか? 」。
へへ~ん。チケットは既に手配済みです。嘘ついちゃんもんね
「はいはい。でいくら?」
「○万円」
「そんなもんなの?」
「そんなもん。」
それは、竿の値段ひく、俺の手持ち分の金額なのです。
○○○(嫁の名前)ゴメンネ、愛しているよ
俺は携帯に向って手を合わせましたが、
心の中ではベロを出していました。
(`m´〃)うししし

長文につき少しずづ書きます
嫁へのあくなき挑戦・・・NO、11‐3回想・後編)につづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月23日 (月) | 編集 |
ある年の冬の間、横浜の会社に出張しておりました。
休日に、暇な時間を見つけては、
横浜市内や鎌倉など見て歩きました。
田舎者の俺は、
少しおのぼりさん状態です。
仕事先は、横浜の中華街の一本裏道の所にあり、
寒い日には某有名店の肉まんを買って食べていました。
最高でしたよ。
(^⌒^) 世は満腹じゃ

千葉の幕張メッセで釣り博が開催されるのを、
雑誌で知って時間を見つけ行く事に決めました。
昔、千葉に住んでた事があり、
懐かしい気持ちで訪れたのですが、
久し振りの千葉の変貌ぶりにはビックリこきました。
(*○*;) ギョッ
あの頃とは、うって変わって
ハイソな街並みになっておりました。

さて、幕張メッセでの釣り博に行って
また、ビックリしました。(^◇^ ;) ほぇ~
あまりの人の多さとブラックバスの人気の高さ。
“さすが、内地”と感心しました。
(北海道では、本州の事を内地と表現します。)
がまかつのブースも、人だかりでなかなかの盛況です。
磯竿の多い事、でも・・・みんな同じに見えてしまう。
それにしても釣り業界のそちら世界は、
自分にはまったく分からない。
北海道で磯釣りといえば、
ホッケの浮き釣り・鮭、アメマスの浮き釣り
しか思いつかない。
グレ・チヌと言う魚は、TV 以外お目に掛かった事がない。
「きっと、楽しいのだろうな~」と感じます。

北海道に帰る日が近づいた、とある休日、
話のタネにと“東京の渋谷にある上州屋”に行きました。
そこには、リョービの竿の世界が
パノラマのように広がっておりまし た。
リョービの竿部門を上州屋が引きついだのは知っていましたが、
まさか、ここでお目に掛かれるとは思ってもおりませんでした。
値段も当時の3分の1くらいです。さすが、大問屋!
ある棚で、釘付けになってしまった。

なななな、なんと、
リョービ プロスカイヤーD-HZ 40号ー405
ストリップ仕様があるではないか。
ヾ(*゜▽ ゜*)〃スッゲ~!! 


しかも、その竿はまるで、
「私をあなたのモノにしてもいいのよ。
手に入れたら、好きにしていいの。」

俺を誘惑するかのように
語りかけてくる気がしました。
・・・ほっ・・・欲しい・・・。
生まれて初めて、湧き上った感情です。
(ウソで~す。)
しかし、みんなのお土産を大量に買いすぎて、
まったく手が出せません。

そうだ、北海道にいる嫁に相談しよう!
((゜ж゜)プッまたか。)


長文になりますので少しずづ書いていきたいと思っております。
嫁へのあくなき挑戦・・・NO、 11‐2 (回想・中編)につづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月22日 (日) | 編集 |
天気 曇り 黄砂有り 西風

平成19年度  北海道協会春季通信SC大会
場   所  七飯スキー場 駐車場

今日、俺は仕事だったが、
会社から時間を貰って参加しました。
仕事場に嫁に車で迎えに来てもらい、その足で会場入りした。
会場整備も終わっており、
ちょうどST種目が始まろうとしていた。
皆さん、朝早くご苦労様!

ST-Aでは、
第1・2投をファールしたが、そこはベテランの池田氏、
追い詰められて底意地を発揮した。
気合を入れなおし上のウエアーを脱ぎ捨て、
第3・4・5投と難なくコートに入れてきました。
今日の最長の191,10mをたたきだした。

ST-B
ここもベテランの貫禄で古村氏の圧勝。

ST-A/B
俺も過去にやっていたが、
投てきコートに立った時に、前後に張ってある糸を
切らずに投げきる自信はない。

5種目-A
今回最長の196,29mを出しました。
おめでとう、中村氏。

5種目-B
服部氏は、今年72か73歳になるが、
今大会でも好成績を残した。
180,07mの記録を出した。
噂によると・・・暴れん坊将軍?!
鉄の棒を毎日振り回しているとか・・・

女性種目
今まで他の大会で一般で参加されていたが、
今回はサーフ会員としての新人デビュー戦でした。
外崎さん、今後、期待できそうですね。

2種目
ここは、全国大会の常連さん。
皆が、「ホォ~」とため息が出るキャストでした。
おめでとう、高橋さん・須藤さん。
今度、嫁と遊んでやって下さいね。

3種目
森山さんも全国常連組の一員です。
相変わらず軽やかに投げていましたね。
また、アドバイスお願いしますね。

4種目
今回最長の176,03mを出しました。
おめでとう、堀内氏。

6種目
ダイワ・トップキャスターの長谷川君。
あんたは、強い! 
今回の最長である、216,50mを出しました。
俺は、足元にもおよばなかった。
俺って情けないよ、
やっぱ、一回の練習じゃ無理だよなー。
これからはちゃんと練習しなきゃと思うが、
なんせ、ホッケやカレイが「私を釣ってー」と
誘っているの。

大会結果は以下の通りです
(自分で手書きでうつしたので、
間違いがあるかも、誤字、脱字、
計算間違いがあるかも知れません)

三投平均
ST-A 第1位 池田さん 184.64 最長距離191.10
   第2位 大江さん 177.60
第3位 服部さん 172.24

ST-B 第1位 古村さん 170.56 最長距離172.04   

2種 第1位 高橋さん 196.64   最長距離198.31
   第2位 須藤さん 184.15

3種 第1位 森山さん 148.74   最長距離149.29
   第2位 倉島さん 137.29

4種 第1位 堀内さん 175.36   最長距離176.03
   第2位 桜庭さん 169.74
   第3位 柴田さん 166.28

5種A 第1位 中村さん 193.58   最長距離196.29
   第2位長谷川さん 187.16
   第3位 玉田さん 162.19

5種B 第1位 服部さん 177.32 最長距離180.07
   第2位 今井さん 169.89
   第3位 津島さん 164.75

女性種目
  第1位  外崎さん 137.82   最長距離139.61
  第2位  本田さん 105.37

6種第1位  長谷川さん 214.96  最長距離216.50
  第2位   おれ  202.74
  第3位  山谷さん 191.13

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月21日 (土) | 編集 |
N・T・SWIVEL/パワーキャスト
IMGP1566.jpgIMGP1567.jpg
1袋に3個入れ-250円(定価)で、1個あたり83円になります。
それも10袋まとめて買ちゃった。
o(>▽<)9"うっしゃ♪
実際には、1個あたり70円くらいで買っていますが、
それでも高いです。
高いけど、モノは良いですよ。
どこが良いとゆうと、普通のサルカンより
強度があります。
俺の気にいった所は、 「スリムで飛びそう」
と感じるさせるところです。
「大きなカレイのいる所に飛んでけー」
と願をかけております。
(?_?) こんな単価の高い物を使うのかって?
これは、使う人が少ないだろうと思うから
ただ単に自己満足の世界に
どっぷりと浸かっておりま~す。
ヽ( ´∀`)ノうふふ♪
(キス釣りでは、使用している方いるそうです)

サンライン・テーパー(ちから糸)
IMGP1571.jpg
釣り用に2-14を使っています。
これも、まとめて5個買ってしまいました。
3-16はキャスティング用に使っております。
この糸はしなやかで、あまり伸びがなく、
巻き癖がつきにくいと感じます。
これももち、自己満足です。

バリバス・テーパー(ちから糸

IMGP1570.jpg
今年のお試し品ですよ。
今まで、お店には陳列していたんですが、
使った事がありませんでした。
いつもは俺のテーパーを使っているので、
嫁用に思わず買ってしまいました。
(*`∇´*)v ヴイッ
これが良かったら俺も使ってみようかな~と
考えております。

せたな町内で駐車泥棒が出没!!
車から離れる時は、必ずカギのかけ忘れの
無いように注意してください。
貴重品は身体からはなさないで下さい。


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif   
テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ

2007年04月20日 (金) | 編集 |
天気 曇り 午後から 雨
風  南東風

雨は明日のAM9:00頃には止みそうですね。
風も南東からAM9:00頃には南西に変わるみたいです。
南西風になると、せたな町は時化になりますが、
寿都町方面か噴火湾方面は凪になると思います。

今日の大平海岸
3人の釣り人がおりましたが、
川側より海側の先端の方が釣れていたみたいです。
本格的に釣れ初めてきているみたいですね。
この写真を撮った後に、
2人の釣り人が見にきていましたよ。

20日の写真 
IMGP1560.jpg

サクラマス・アメマス狙いの4~5人のルアーマンも
夕間ずめ狙いで待機をしていました。

15日の写真
ルアーマン
IMGP1506.jpg

島牧・原歌トンネル下
自分はここでは、一度も釣りをした事はありません。
どのような状況なのかはわかりません。 
IMGP1558.jpg

今日の浮き釣り
島牧・栄浜漁港横 
IMGP1557.jpg
午前中は余りパッとしていませんでした。
午後からは、誰一人居ませんでした。
IMGP1556.jpg
投げ釣りの人も暇そうにしておりました。

せたな町・藻岩海岸(生コン下)   
IMGP1563.jpg
午前中は今一つみたいでした。
お昼頃にはあきらめて人も減り、
午後からは波が岩に乗り上げていましたが、
潮まわりが変わったのか、釣れていました。
残った人はラッキー。 

せたな町・瀬棚漁港
フェリー乗り場の所ですが、
もうすぐ、フェリーが運行するので
機重機船で砂堀をしておりました。
IMGP1565.jpg
砂を掘り起こすとカレイが寄ってきます。
今週末あたり、チャンスかもよ。       

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月19日 (木) | 編集 |
天気   晴れ   風 東風 
海の状況 べた凪

発見!
鷹ノ巣岬に、遂にキャンプ組がお見えになりました。
これからのシーズンは、この様な方々が沢山きます。
IMGP1555.jpg IMGP1554.jpg
離れの岩場に渡って、釣りをするみたいですね。
あゆみを持参されてこられたようですが、
朝7時過ぎには“なまこ取り”の船が近ずいてくるので、
糸を引っ掛けられない事を祈ります。

以前、仲間と渡ったことがありますが、
この渡り岩場は、その日の状況によって
左右され、釣れる場所が決まってきます。

正面(先端部)から、瀬棚方面に投げると
地獄をみますよ。

今日のせたな町 瀬棚新港
IMGP1548.jpg
此の頃は、びっちりと車が絶えることがありません。

公衆トイレもオープンしましたよ。
女性の方々には嬉しい事ですね。

ちかじか、砂運搬船が入港予定です。
IMGP1549.jpg

工事関係の機重機船が入港しております。
IMGP1550.jpg

お互いに迷惑にならないように、気をつけてください。

釣り人の話では、月曜日頃から、
ホッケの数が少なくなってきているみたいです。
そのかわり、カレイの姿が見えているそうですよ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月18日 (水) | 編集 |
近年、本などで「これで、あなたも飛ぶ様になる」という
触れ込みで紹介され、あちらこちらの釣り場でも
よく見られるようになりました。
キャステングに、少しでも興味をもって頂くのは、
とても喜ばしい事です。

俺自身は、釣り場での投げ方は
基本的に、垂らし投げしかしません。
苦い思いをした記憶があるからです。

俺の所属している釣りクラブでの出来事。
キャステングの練習を仲間としておりました。
次の大会参加のための練習でもあり、
ST種目に皆出る予定でした。
ある人の糸が切れ、うしろにあったクラブ会員の
車の後部座席の三角窓にあたり、
車内はガラスの破片だらけになりました。
それ以来、車や人のいないところで
練習する事にしました。

ある岩場での釣りでの出来事。
隣に釣りに入ってきた人達が、
着地投法で投げ始めました。
竿は25~27号くらいの柔らかい竿で投げておりましたが、
竿の耐久力より、投げる時に発生する加重が凌がして、
竿が悲鳴を上げているかのように感じました。
一瞬の遠心力による加重は、相当なものがあります。
そのせいもあり、真直ぐに飛ばず、
糸を押さえている指が耐えられずに少し抜け気味となり、
右側にいる俺の前に落ちてきます。
俺は身の危険を感じ、
すぐ釣り場を逃げるように立ち去りました。
魚を釣れる数よりも、糸が切れ仕掛けを
海に落としていた数のほうが
遥かに多かったように記憶しています。
岩場で地面につけて投げるので、
仕掛けが岩にひっかり、もう少しで竿が折れるところでした。

ある年の6月、室蘭港の崎守埠頭の出来事。
辺りを見廻すと、着地投法をしている人が多くいました。
俺も、真似をして投げようと考え実践しました。
数投は何ともなかったが、次の投てきに入った時、
「ブチン」と糸が切れました。
俺は焦った。
「人や車にあったてはいないだろうか?」
もし、人に鉛がぶつかったら、良くて怪我、
最悪の場合は死に至るのだ。

そう思ったら、背筋にゾーと悪寒が走り、
生きた心地がしませんでした。
幸いにも、鉛は後ろの倉庫の屋根に落ちました。

今考えると、最初の数投は持っている力の
60~70%しか出しておらず、
最後の投てきは、目一杯力を掛けておりました。
糸を調べると、道糸と力糸との結び目の
所から切れていました。
きっと、カイド絡みをしたのだと思われます。
俺のミスは、道糸と力糸の確認(どこか擦れて弱っていないか)と、
それ(ST)を、投げ釣りでうまく応用
出来なかった事だ。
どうしても、いつも使っている投げ竿では
遠慮がちになります。
これが砂浜とかで、キス釣りみたいに回転投法のように、
ゆっくりと竿に付加できればまた違うかと思いますが、
なんせ、北海道ならでの地形なので
それも無理っぽいです。
本州のクラブによっては、回転投法やスイング投法を
釣り場で禁止
をしているところもあると
聞いたことがあります。

それ以来、人の混んでいる釣り場や
道路の近い釣り場では、一切、着地投法では投げません。

キャステング大会では、
ナイロン糸と力糸を使用する規則であり、
オモリの結び目も強化し、竿も競技用の竿を使用します。

キャステング上の理論では、
飛距離を出すためには、
竿を大きく曲げ反発力を大きくしなければなりません。。
竿を振るスピードが速ければ速いほど、
竿の強い反発力を得られるのです。


せっかく、大枚をはたいた大事な道具です。
ケガや道具を壊さないように十分気をつけてください。
後は、皆さんの常識に頼るだけです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月17日 (火) | 編集 |
店長の今日の釣果
AM5時30~7時30の結果発表
場所 鷹ノ巣岬(ナマコ漁の磯舟に邪魔されて撃沈)
IMGP1542.jpg
マガレイが10枚くらいホッケが1本でした。
サメが3本でした(サスガー店長)

ある年、店長と釣りに行く機会があった。
その時の話である。 

いつものように釣具屋さんに遊びに行った時、
釣りに行こうと思い生イソメを買ったのだ。
(自分で塩イソメにします。)
話をしているうちに、一緒に行く事になった。
場所は、大成町ノツラツラ岬です。
(合併前の事なので、今はせたな町になります。)
現地集合で俺が先に着き、釣り場に行き釣りをしていた。
それからまもなく店長が来て、俺の釣っていた場所から
少し下がった場所に入り釣りの用意をした。
俺は店長に朝の挨拶を済ませ、自分の釣り場に戻った。

ポツリポツリと魚は釣れていたが、
段々陽が高くなりにつれ、春の陽気に誘われた俺は、
女神様の懐に包まれたような気持ちの良い感覚に陥り
不覚にもウトウトと寝てしまったのだ。
なんと、その時間帯は、ゴールデンタイムだった。

店長はそんな俺を見ていたが、起こしてくれたのは、
ゴールデンタイムの終わり頃だった。
俺は心のなかで、
「ちきしょ~抜け駆けされた~やられた~」
と自分が寝てたのはそっちのけで悔しがった。
結果は、店長は爆釣で、俺はまあまあだった。
チギショー!

俺は冗談半分で
「自分だけ釣って、起こしてくれないんだもん。」
「そりゃそうさ。釣りに行って
寝ているヤツなんでかまってられるかよ。
俺は次々と釣れて、それどころでなかったんだ。」

店長は厳しい一言
俺のお間抜けぶりが浮き彫りになった瞬間だった。

帰って来てから、その事で皆に笑われたのだ。
「お間抜けな男」の異名を取ってしまったよ~グスン。     

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif  
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月16日 (月) | 編集 |
寿都・朱太川右岸でカワガレイを一匹ゲットしたが、
なんともすっきりとしない釣りだった。
だって、釣ったとは言えないスレ掛かりだったんだもの。
Σ(ノд<) あいた!!

帰路の途中で、あっちこっちの
釣り場の写真を取って来た。
いずれ、ブログのネタとするつもりなのだ。

ふらりと立ち寄ったせたな町の瀬棚新港では、
同じクラブのY氏が釣りをしていた。
フィッシャーマン精神で、後から釣り場を求めて来た旅の釣り人に
釣座を分けてあげたら、間もなくその人達の竿に、
41,5cmのクロガシラカレイが釣れたそうだ。

釣れる時ってそんなもんだ。
沖防波堤もすごい人数の人達がいた。
 \(〇_o)/ギョギョ

いつものように、
新製品の物色に訪れた釣具屋さんで
ダイワ・フィールドテスターのN井氏とお仲間にお会いした。
乙部町での釣りの帰り、釣具屋さんに寄ったそうだ。

何気なく店の椅子に座っている男性のその顔を見た時、
<何処かで見た顔だな~、あれ、どこだったけな~?>
と思っていたら、
「今、お前の噂話をしていたんだ。」
と店長からN井氏を紹介されました。
<あっ、だからどこかで見たと思ったんだ>
現実ではなく、ネットの住人だったのです。
俺は思わず「いつも、HP見ています。」と言いました。
なんて、気の利かない挨拶をしてしまったのだろう。
しかし、
「いつも、ブログを見させて貰っている。」
お世辞にも嬉しい言葉を頂いた
「こんにちはー。」
後からお店に入ってきた嫁に、
店長はN井氏を紹介した。
その時の嫁のいでたちは、
寝起きのすっぴん顔のボサボサ頭で、
釣りで汚れてもかまわない、どうでもいい服
を着て来ていた。
後から思い出しても、あまりにも酷すぎる格好だった。
“まぁ、しょうがないわよね”思っている嫁は
N井氏が帰った後に、ポツリと
「エーッ!居るのが分ってたら、化粧もしてドレスも着てきたのに!」
と心にも無いことを平気で口にすることが出来るのだ。
さすが、うちの嫁だ! 
<(* ̄^ ̄*)>キッパリ

ここで耳寄りの話を聞いた。
「今度、5月の連休前あたりに
オキアミブロックの中にイカゴロが入った
NEWオキアミブロック
を発売する。」そうです。
値段は今のオキアミブロックより、
少し高めになるそうです。
これって、 すごく良い物だと思いませんか?
イカゴロって魚の集客に最高じゃん。
オキアミとそれが合体したら、
すごいことになると思うんだけどな~。
一度は使ってみたいシロモンですね。
――宣伝、終わります。――

もっと驚いた事に、後から営業挨拶にきたエサ問屋さんと
店長とN井氏とが同じ年だなんて・・・
誰が一番若く見えたなんて・・・
口が裂けても言えませんよね、N井氏。
N井氏と問屋さんは、20年来の知り合いで
まさかこんな田舎で会うとは誰もが予想できない出来事だった。
そして、俺もこんな田舎でN井氏と
お会いするとは夢にも思いませんでした。

N井氏とお仲間は、さわやかに笑顔を残し、
次の獲物を求めて釣り場へと去ってしまいました。
エサ問屋さんからも面白い話を聞けました。
その事はいずれ、ブログに載せますね。

俺は昼飯を食って、どうも今日の釣りに納得いかなかったので、
再度、出掛けることにした。
場所は、鷹ノ巣岬の側にあるちょっとした岩場。
そこは、地元の人達しか入らない穴場なんだけども、
此の頃は、その場所を目ざとく見つけた
旅の釣り人も入ってきている。
運よく入れたので、投げ釣りを再開した。
結果は、
「あ~あ~、なんだかな~」って。

昨日は、ちょっとどころか
思い切り不満の残る釣りだったが、
ヽ(´д`)ノはうー
<こんな時もあるさ。>
と自分を慰めております。           

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
   
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月15日 (日) | 編集 |
寿都町の天気
天気 雨  風 朝 南南東 微風

さて、嫁を説得してと言うか一緒に釣りに行って来ました。
久し振りの嫁との釣りです。
今日は、荷物持ちのシモベがいるので、
嫁も行く気になったかもしれませんね。
場所は、寿都町・朱太川河口右岸
IMGP1504.jpgIMGP1505.jpg
状況は最悪でした。
昨年に比べ、だいぶ砂が沖に引っ張られて、
遠浅がもっと遠浅になっておりました。
波は6枚~5枚あって、にごりが少しありました。
朝、それを見た嫁は、
「私には無理、車の中で寝ているわ。」
と言って、大カバのように横になり、
人様にはご披露できないような
お多福顔で
寝てしまいました。
入釣りの場所は河口から、1㎞離れたところで、
縦網と縦網との間に入ったが・・・・
結果は↓コレ
IMGP1503.jpg
キャッチ&リリース

朝方、5時半。
波が7~8枚から5~6枚になったので、釣りを決行!
今日は何故か、身体の動きが良い。
なまら調子がいいぞ~、睡眠も十分とったし、
後はお魚ちゃんを待つばかりだ。

すぐに竿に、波の動きと違う動きをしたので、
「うひょひょ~今日も貰ったね!」
はやる気持ちで6色の道糸を巻くと・・・
「あ~ぁ~、ゴミだぁ~」とガッカリ!
数回繰り返しているうちに、フッと俺の脳裏に
「今日は嫁が来ているからな~。
彼女の誕生日(12日)に、
ケーキしか買わなかったのを恨んで、
なんだかの方法で、きっと、
俺に呪いをかけているに違いない!」と確信し、
その言葉をグッと心の底に押し込んで、
釣りを諦める事にした。
俺は負け犬の遠吠えのように、
「よーし、今日はこのくらいにしてやるか。」
と捨てセリフを残し、撤退した。
ゴミと格闘する、一時間半の釣りだった。
IMGP1501.jpg
哀愁漂う俺の後ろ姿 
反省!
やっぱ、“しらす漁”が始まらなければ、
魚は岸よりしないようだ。
いつも釣りに来る時は、そのくらいの時期なんだよな。
この場での投げ釣りの人は俺を含めて2人だけで、
後はルアーマン(サクラマス・アメマス狙い)。
これだったら、ヨシゾーさんのいう事
聞いておけばよかったよ~。
先輩、スマンです。

でもね、釣り場に行く道中、確認しただけで、
10台の釣りバスツアーとすれ違ったんだ。
ある大きな団体の釣り大会(大型バス3台)や
他のクラブの釣り大会が沢山入っていて、
地元人は地元の釣り場に入れない現実があるんだよね。
だから、どうしても釣りをしたいと思ったらさ、
他の場所に釣りに行くしかないんだよね。

ところで何で、「一石三鳥?」って題をつけたのかって?
①なんとしても、寿都に釣りに行く 
②嫁の運転で釣り場に行く事
③釣りをしながら、場所が広いので誰にも気兼ねなく、
キャステングの練習をするつもりだった。
で、結局②迄しか実行出来なかったよ。
IMGP1500.jpg
朱太川河口右岸
IMGP1525.jpgIMGP1526.jpg
島牧江ノ島海岸の風景 
帰路で見たあっちこっちの釣り場は、
サクラマス狙いのルアーマンのオンパレード!
とホッケの浮き釣りに賑わう人々。
IMGP1530.jpgIMGP1540.jpg
島牧栄浜漁港横    せたな町藻岩(生コン下) 
IMGP1533.jpgIMGP1536.jpg
せたな町須築漁港新港内  せたな町須築漁港横弁天岬 
この写真を撮っていると、
大会で参加されてたある釣りクラブの方が、
あまりにも釣れない雰囲気をかもし出す俺
痛々しい姿に同情して、
「ホッケ、2本あげるか?」
と優しいお言葉を掛けて下さいました。
ホッケは遠慮し、お気持ちだけは貰っておきました。

今日はその他に色々と有りました。
その話は明日と言う事で・・・・おやすみなさい。

今日のタックル
 竿   リョービプロスカヤーD‐HZ 33-405 
 リール シマノテクニウム
 仕掛け デルナー天秤 一本針使用
 エサ  塩イソメ

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif 
 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月14日 (土) | 編集 |
天気 雨orみぞれ雪 (寒い日です)
風  強い東風  夕方 少し風が弱まる

太櫓海岸でルアーマンみっけ!
IMGP1488.jpgIMGP1494.jpg
アメマス狙いだと思います。
ここの場所で、もし、サクラマスが掛かっても
キャッチ&リリースが鉄則ですよ。
なぜ、キャッチ&イートがダメだといいますと、
規制区域内だからです。
気をつけて、密漁になりますよ!
ここの規制杭は、鷹ノ巣岬にある大岩の
上にあります。
(釣り場に行く途中にある大岩)
IMGP1490.jpg
真ん中に見える杭が規制杭です。   

鷹ノ巣岬
釣り人がいつもおります。
“開かずの間”化しておりますね。
「カレイよりホッケの数が多いよ」
と話しておりました。   
IMGP1489.jpg

太櫓漁港
今日は誰も居なかった。  
IMGP1487.jpg


鵜泊漁港
朝の時点では、先端部には誰も居ませんでした。
雨が降っていたので車の中から出来る中間部に
竿を出していました。
IMGP1484.jpgIMGP1485.jpg
夕方は、先端部には誰も居ませんでした。 

今日の瀬棚新港
ほとんどが旅の人達の車でした。
地元組はどこに行ったのかな。
雨やみぞれ雪が降り肌寒かったので、
ここに集まったのかも知れませんね。
夕方は、あまり釣れておりませんでした。
やはり、朝方の方が釣れていたそうです。
ホッケの腹を開けたら、サケの稚魚が出てきたそうです。
それで、ホッケ・カレイが岸よりしたかも知れませんね。
IMGP1496.jpgIMGP1498.jpg


今日は、太櫓の漁港には人が少なかったが、
今夜あたり、瀬棚方面・太櫓方面は釣りバスツアーが来て、
朝方には人で一杯になるんだろうな。

さて、自分は明日休みになったので
何処に入ろうかな。
嫁の機嫌次第、日頃の行いが悪いので行けるかな?
(無理です。By 嫁)
ウチの用事足しが、結構あるんだけど
カレイは今しか釣れないし、今、行かなきゃ居なくなってしまう。
他の人に釣れられるのもイヤだし、
 (ふざけるな By 嫁)
キャステングの練習もしなければならないし
久振りの休みなので
やることが一杯で大変だ―。 

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif

 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月13日 (金) | 編集 |
天気 曇り 強い東風 
  
明日(14日)は、一日一杯雨の予報ですね。
皆さん、雨の中頑張ってくださいね。
 
今日のせたな町・瀬棚新港

朝方、 ホッケが爆釣していたそうです
ここ数日は、ホッケ釣りは良いみたいですね。
時間は、AM5:30~9:00迄が釣れたそうですよ。
だいぶ岸よりしてきたようです。
IMGP1482.jpgIMGP1481.jpg

クロガシラカレイも釣れておりました。
30cm~35cmの3枚あげた人がいたそうです。
俺のウチのご近所さんが、
AM6時~10時頃まで釣りをしていて、
ホッケが32~35cmが15本・クロガシラカレイ25cmが1枚
タモ入れに失敗したクロガシラカレイは間違いなく
40cm越え をしていたそうです。
昨日(12日)は、釣り新聞が取材をしていったそうです。
旅から来ていた人達が、こませカゴをつけ、
ホッケを呼び寄せて大漁だったそうですよ。

今日は、嫁が師匠に会ったそうです。
嫁の携帯電話にも「師匠」って登録されているんだ。
嫁の師匠ってのがとてもスゴイ人で、
釣りなら何でもするという80歳近いご老人なんだが、
サケ釣りをさせるとその辺の若者より、
浮きルーアーを飛ばすんだよ。

ヘ(>ロ<)ノすっげぇ~♪
この辺りでは、ルーアーが普及してすぐに使った人なんだ。
だから、ルーアー歴・・・あれ?忘れた!
今度聞いておくね。
自分で車を運転して、船釣りにも行くんだよ。
身体は細くて小さいけど、
パワーフルなじっちゃまなんだ。

俺、そんな年まで釣りをしているかな~?

そんな師匠が必ず嫁にくれるのが、
↓コレさ。
IMGP1483.jpg

嫁の師匠様、
「これ以上嫁をパワーアップさせないでくれ~!
俺の身が・・・ひやぁ~助けて・・・ゲホゲホ」
と切に願う俺です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月12日 (木) | 編集 |
天気 午前中雨 昼頃から曇り時々晴れ(西風)

今日のホッケの浮釣り情報
美谷のポイントよりも、藻岩のポイントの方が釣れていました。

今回は、虻羅漁港を紹介します。

南防波堤先端から船道に投げると
カレイ・ホッケが釣れます。
沖防波堤に目掛けて投げれば
カレイ・ホッケ・アイナメが釣れてきます。
ただ、投げすぎると沖防波堤の周りの
捨てテトラに引っかかることがあります。

南防波堤先端は、
高い所から投げる人と、
低い所から投げる人がいます。
お互いに注意しないとトラブルの元と
なります。
IMGP1464.jpg


☆エピソード
若かりし頃、仲間と一緒に釣りに行きました。
その頃は、釣りを始めたばかりで
コタコタのグラス竿で遊んでおりました。
中間部曲がり角付近で、テトラ越に
投げて48cmのアイナメが釣れたことが
ありました。
今は、そのサイズの魚には
なかなかお目にかかれません。
└(@´_`@└)ふみゅ 

北防波堤では、沖の岩の周辺に狙って
アブラコ・ホッケ・ソイなどが釣れます。
根がきついので、捨て錘での仕掛けが
いいと思います。
IMGP1462.jpg


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif   
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月11日 (水) | 編集 |
天気  晴れ(ちょっと肌寒い日) 西風

ここの先端から船道に沿って投げると
ホッケ・カレイが狙えます。
一番の特等席は、左角で沖の外防波堤の角に目掛けて、
遠投するといいでしょう。
先端の根元(陸寄り)は、陸から張り出した隠れ根に
ひっかります。
アイナメ狙いはそこの隠れ根が、ポイントです。
ですが、仕掛けは取られる(引っかかる)のは覚悟して下さい。
IMGP1443.jpg
防波堤の下は、水深8mくらいあります。

☆エピソード
数年前、先端に2人の釣り人がいて、
俺は根元寄りにはいりました。
先端の2人は2~30mの所に投げていたので、
それをかわすように船道目掛けて遠投しました。
俺はカレイは1枚だけ釣れましたが、
先端の2人は次から次へと、
カレイ・ホッケを釣り上げておりました。

時期的なモノだと思うのですが、岸よりしていたんですね。
うまくその時期に当たると、爆釣間違いナシ。

反対側の先端はあまり人が入ったのは見た事がありません。
沖の防波堤向って投げると、アイナメが釣れます。
しかし、根が荒いので根掛かり覚悟で!
それと、磯船も頻繁に出入りが激しいので、注意して下さい。
IMGP1445.jpg


堤防の角は、テトラを降りると岩場があります。
先端から、瀬棚方向に投げるとホッケ・カレイが釣れます。

現在はヤリイカの網が入っております。
ボンテンを見かけたら、網だと思ってくださいね。
IMGP1444.jpgIMGP1440.jpg


ここは根モノ狙いがメインです。
テトラを降りる時や登る時はちょっと苦労します。
ところどころ崩れており、足場が悪いので注意。
IMGP1447.jpgIMGP1438.jpg

今日も、ホッケの浮釣りの人達がおりました。
それなりに釣れいたようでした。
 (レポータ嫁談)

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif    
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月10日 (火) | 編集 |
「嫁の竿」と言う名目で買った竿
NFT・パーフェクション 35-400 。


やっぱり、天罰があたった。
アイツ(NFT)は俺を置き去りにして、
他の男についていてしまったのだ。

llllll(-_-;)llllll ずーん

時々、ちょっと遠征して、寿都漁港まで1人で釣りをしていた。
何度目かの釣りの最中、漁港から出た船に糸を引っ掛けられ
船頭に向って大声で叫んだ
「オーイ、止まってくれ!糸が~」
その声は、船頭の耳に届いたのか?届かなかったのか?
不明だが・・・・
俺の数本の竿は何とか死守した。
しかし、アイツには1歩遅く、俺の叫びと共に、
三脚をみちずれに海中に飛び込んでいってしまったのだ。
アイツはしばらくは船頭の後を追いかけて
沖までついていったが、そこで糸が切れて
沈んでいった。

しばらく呆然とする俺だったが嫁になんて言い訳しようか、
頭の中はホラーで一杯だった
(―_―) 「・・・・・」
ここは素直に
「ごめん・・船に糸を引っ掛けられ海に落とした・・・お前の竿・・・」
と言ったら
「あんた、ワザとやったんでしょう。
潜水夫に服借りてきて拾っておいで。
さっさと潜って取ってきなさいよ
それまで、帰ってこなくていいから。」

ピシャリと返事がかえってきた。
(|||_|||) ガビーン4月上旬の冷たい海、
心筋梗塞を起こしあの世行く事は間違いなさそうです。

Wショックです。
嫁には怒られ、竿は海のもくず。
ウチに帰って平謝りにあやまりましたが、
しばらくの間、口を利いて貰えませんでした。
( ̄_ ̄|||) どよ~ん

今も寿都町を通るたびに、嫁は俺に古傷をえぐるように
「早く、潜って取って
来てちょうだい。」

とワザと嫌味を言われます。
―イヤミ→(°°;) グサッ

今回の対戦相手  漁船と船頭
戦  失  品  NFT・パーフェクション35-400
     ダイワ・Z45PE-1,2号(巻いたばかりでした。)三脚

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月09日 (月) | 編集 |
NFT・パーフェクション 35-400

この竿は、俺の記憶の奥底にしまいこんだモノである。
悲惨な出来事だったために、忘れ去ろうとしているか知れない。
キススペとリョービD-HZ(35号)の間に使っていた竿だ。

事の始まりは、
釣具屋さんがメーカーの展示会で、掘り出し物を見つけて購入したものだ。
カタログ落ちし、2年はたっていると思われ、
安くなっておりました
竿は、

「ねぇ~私を使ってよ、
お・ね・が・い。」

と手招きし誘いかけているように感じました。 ∠( ~-~)_∩∫ウフン
お願いをされて、ここで引き下がるのは俺の性分に合いません。
ましてや、 いい女(竿) 、ついつい出来心が疼きます。
ウチに帰って
「お主用に、掘り出しモノ
で安くていい竿がある。」

と言い、 嫁を伴って買いに行きました
その頃、嫁はあまり釣り道具の知識が乏しく、
俺がいいと言えば納得したものです。ぐっ! d (-_^)

「嫁の竿」と言う名目で買ったシロモノだが、
嫁が使いこなすには硬すぎる。そこで竿を手に取り、
「お前には、ちょっと硬かったかも知れないな~。俺が使い柔らかくなった時点で、お前が使うとちょうど良いかも知れないな。」
それを聞いた嫁は、
「・・・・あんた、まさか騙してへんやろうね。
そないやったら、死んでワビ、
いれてもらいますさかいね。」

極道の妻状態です。ウギャーー ((((/*0*;)/

竿の腰が抜けた頃に渡すと、
ちょうどいいかも知れない。
それまでには何年も掛かるし、また、
俺に誘いを掛けてくる竿も出てくるかも。
一石二鳥の考えだ。d(>_< )GOOD!
我ながら、あまりのズルがしこさに、
カラダに悪寒が少し走りました。


長文になので、少しずづ書きますね。
嫁へのあくなき挑戦 NO、10-2 (回想・後編)につづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月08日 (日) | 編集 |
天気 7日 8日AM1:00頃まで雨 東風 
   気温2度まで下がる。
   8日 晴れ 東風 (肌寒い日です)  
   
昨日の午後7時から今日の午前11時まで釣り大会でした。
釣り場は、せたな漁港一帯(馬場川~ 南防波堤)
午前11時には、審査会場で審査します。
審査方法は、2魚種3匹までの身長及び特点。
特点は“北海道の釣り”本誌の年間ランキング魚種別特点数
を引用している。

俺は、「大会だというのに、何故、仕事なんだぁ~。」
とグダを巻きたくなります。(/;_・、) ぅぅ
今回も荷物持ちのシモベが居ないので、嫁も欠席しました。

今回の釣り場を決めたのは、2月の総会で
「近くにいながらも、釣り場として入る機会が少ないので、
じっくりと探索をしょう」
と、
毎年1回は釣り場として決め、実行している。

編集長の俺は、 嫁にレポートの依頼。さてさて、今回の結果は・・・
IMGP1452.jpgIMGP1453.jpg

やっぱり強い、 さすが根モノ師匠のN氏!
蝋燭岩に入った4人が上位を独占した。
アイナメ・カジカ・ホッケ・カレイ
を揃えてきたのだ。
IMGP1451.jpgIMGP1450.jpg
根モノの師匠N氏の釣果

前回の大会、前々回の大会でも
蝋燭岩に入った人達が上位を占めている。
だが、他のクラブの大会で来た人達は
同じ蝋燭岩に入っても、此処までは釣れてはいない。
IMGP1454.jpg
K氏の釣果
N氏・K氏・K兄氏・店長、きっとこの人達は、 
特別な餌か?
特別なコトをしているのでは?
と思わせる釣果だ。

今回は数あるポイントの中で、数人に分かれ、
車の中で見守りながら釣れる、新港
波が上がりやすい、蝋燭岩
クロガシラカレイの狙い場、フェーリー乗り場
の3ヶ所のポイントに入ったみたいだ。

新港は、大物のカレイはお目には掛かれていなかった。
フェーリー乗り場は、ホッケしか釣れなかったようだ。

一つ言える事だが、
今日、釣れたホッケの大部分は
腹の部分が赤く、とてもおいしそうだった。
きっと、おいしいだろうな~食いてー
あっ、よだれが・・・・ジュルジュル

クラブの方々、大会ご苦労様。
次の大会予定は5/6ですよ、
ちょっと遠出になりますが、
全員の参加が出来る事を願っております。  

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
      
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月07日 (土) | 編集 |
天気 雨 
風  東風(弱い)

あちらこちらで、ホッケの浮き釣りをしている姿が
見られました。
美谷の浮き釣りポイントでは、ポツらポツらと釣れていたそうです。
IMGP1439.jpg

藻岩の浮き釣りポイントでは、人が多くてそれなりに釣れていたそうです。
IMGP1448.jpg

今日のせたな町瀬棚漁港新港の様子
IMGP1449.jpg

昨夜、ヨシゾーさんを発見しました。
ブログの住人で活躍している、あのヨシゾーさんです。

車に乗ってカップラーメンをすすっておりました。
最初の印象は、
「あれ?写真より若いぞ」なんて・・・・失礼!
カップラーメンをすするお姿も、なかなかステキでしたよ。
で、自己紹介をさせて頂きました。
色々とお話をさせてもらい、
見たままの人柄が出ていて、気さくで
なかなかの好青年? (好中年)でしたよ。(^▽^笑)

なんせ、俺の脳ミソは犬なみなので、
自分の年を忘れる事にしているんですよ。
未だに、28歳から年はとらないのでぇ~す。('▽') アハハ
「えっ、その頭皮は?」って聞かないで下さいね。
身体は年相応なんですよ。

きっと、ヨシゾーさんは俺の声を聞いて、
ビックリしたのではないでしょうか?
俺の声は、その辺の女の人よりちょっぴりキーが高いので、
子供達の学校の連絡網などで電話に出ると、
嫁と間違えて話し掛けてきます。
そんでもって、「今、代わります」と言うと、
皆、驚いていますよ。

話を戻してと・・・・
最初に入った釣り場は、ちょっと時期が
早かったかもしれませんよ。
一ヶ月くらい後でもよかったかも知れませんね。
IMGP1434.jpgIMGP1436.jpg

レポータ嫁情報によると、
この時季にしては、
珍しいモノというかデンジャラスな釣り を展開していたとか・・・
さすがヨシゾーさんです。
けして、サメ・鮫・シャーク・ホッケ・カレイ
なんて、口が裂けても言えません。
他の誰も釣れないのに、日高町静内の紳士と二人だけが、
サメを爆釣していたなんて、けして言えません。
あっ、言ちゃった! (≧Σ≦)ぶっ!

IMGP1435.jpg

IMGP1437.jpgIMGP1433.jpg


釣り場を紹介したまでは良かったのですが、
「まったく、釣れない!!」なんて言われたら
どうしょうかとハラハラもんでした。
良かった、1枚でも釣れて~ホッとしています!
「大平海岸の方が釣れたかも」なんて言わないで下さいね。

今度、チャンスがあったら、ぜひ、御一緒させてくださいね。
先輩、ついて行きます。      

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月06日 (金) | 編集 |
IMGP1306.jpg
ここの釣り場の地形は、すぐ後ろには山があり、
風が強い時でも、うまくかわすこともあります。

先端ではアイナメがよく釣れます。
沖防波堤に向って、船道に投げると
カレイとホッケが釣れます。
IMGP1340.jpg


くの字型の曲がり角
俺が好きでよく入っていた場所です。
沖防波堤の先端横を目掛けて投げると、アイナメが釣れ、
沖に投げるとホッケやカレイが釣れます。
沖防波堤先端横には、隠れテトラがありますので
十分気をつけてください。
IMGP1337.jpg


漁港手前の平板ここの平板は沖に向って投げるとカレイが釣れます。
波に弱くなかなか乗れる時が、有りません。
IMGP1336.jpg


コレが釣具屋店長作自慢の遠投用仕掛けです。 
IMGP1426.jpgIMGP1429.jpg

なかなか手の込んだ仕掛けです、自分も参考にさせてもらっています。
ハリスは、シガーカレイを使用しています。
IMGP1430.jpg

上針 ビックサーフ  12号 ハリス10cm 
下針 あわせカレイ  3L  ハリス10cm 
編み込みでクロスビーズを固定して有ります。
上が10回編み込み
下が15回編み込みしてあります。
ハリスはシガーカレイ5号で、
しなやかで結構張りがある見たいです。 
 
さてこの仕掛けでカレイが釣れるのでしょうか??(笑)
詳しいことは、お店に来て店長から詳しく聞いてください。
ちなみに、 4月2日に43cmのマガレイゲット
したとかしないとか騒いでいました。 
  
良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月05日 (木) | 編集 |
今日の天気 曇り 時々 晴れ  西風

今日の情報
江差町方面 
 ホッケの浮き釣りが 爆釣
 
熊石方面・せたな方面
 今週になって、毎日・2本くらいしか
 サクラマスはあがっていないそうです。

太櫓海岸カレイ岸より!!
 クロガシラカレイは産卵終了ぎみです
 これからは、マカレイが釣れだします。


釣の潤 IMGP1275.jpg

カレイ・ホッケ場です。
遠投すると砂地ですが、所々根もあります。
一岩に2人くらいが、
あずましくて、ちょうど良いと思います。
IMGP1279.jpgIMGP1278.jpg
 
釣の潤の岩寄りの岩です。
沖に向かって10時~1時方向に投げるといいでしょう。
1時方向には隠れ根があるので、
魚が掛かったら超スピードで巻いてください。

この岩場に下りるのに、ちょっと苦労しますね。
脚立かはしごが必要だと思います。
ここの場所は、波の静かな時にしか入れません。
すぐに波があがってきますよ。
4月の下旬頃には、釣の潤の大岩あたりに
ヤリイカの刺し網が入りますので、
気をつけて下さい。

遠投好きの人達でにぎわっており、
凪の日には、沢山の釣り人が入っておりますね。

駐車場はすぐ側ですが、
数年前に車上荒しにあった車が沢山ありました。
もしもの場合を考えて、
貴重品は体から離さない方がいいですよ。  

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif 
  
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月04日 (水) | 編集 |
日曜日の夕方、釣具屋さんにふらりと遊びに行った時、
思わず、手に取ってしまった偏光サングラス
お店に入ったばかりの商品である。
IMGP1407.jpg


俺はお店に入ったら、まず、店長と話をしてから、
必ずお店の中を一周し、新商品を拝見するのが大好きなのだ。
気に入ったモノは、手に取り、根掘り葉掘り聞くのである。
イヤな客の一人かも知れないな~、ねぇ、店長。

偏光サングラスもその一つで、手に持って、鏡を覗き込んでしまった。
その姿を見て、
「おっ、いい男」と思い、ひとり、うっとりとしてしまい、
「どう、似会うしょ?」
と思わず言ってしまいました。(^▽^笑)
それを見た嫁は、
「あら、意外と似会うかもね。
そうねぇ~クリント・イースト・ヴットのような渋くていい男
が掛けるのなら、サングラスだってもっと喜ぶだろうに。」

相変わらずの辛口である。

嫁も買っていましたよ、夢屋のリールスタンド
まだ、NEWステラは入荷していないのに、どうする気なんじゃ~。
嫁いわく、
「古いステラにも使えるでしょう。
それにね、チタン製だったら15,000円するけど、
このアルミ製のだったら2,000円で済んじゃうでしょう。
よくよく考えたらさ~、スタンドに15000円も出すつもりなら、
ちょっとしたリールが買えるじゃない。
予算の余った分で、サケ用のルアーを買ちゃうおうかな~。」

と言う前に、サケってまだ早いぜ。(゜Д゜)ハァ?
やっと春が来たばかりなのに、もう秋の話かよ。
俺にも何か買って・・・といったら怒るかな~?
IMGP1413.jpgIMGP1411.jpg

俺も人のコトはバカに出来ないかも。
だって、釣りクラブのサーモンダービー用に
ダイワのスケールを買ったからね。
コレで銀ピカのウロコが剥げ落ちるの様な?
ブナおんたサケを計るのじゃー
。 ハハハ♪(*’▽’)
IMGP1404.jpg

この前釣ったカワガレイの刺身です。
昆布締めにして、次の日の夕食に
貰い物の掘り立ての根わさびをすり、それを付けて食べました。
IMGP1408.jpgIMGP1414.jpg

春の便りの桜。
茨城のオジさんから、子供の高校入学祝いに
桜の枝を送ってくれました。
キレイですね、ウチの中がいっぺんで華やいだように感じます。 
o(*^▽^*)oども~オジさん。
北海道ではまだ、桜の花は咲いていません。
桜の花がほころび始めるは、一ヶ月後くらいになるかな。
我が家は一足早い、ソメイヨシノの花見です。
IMGP1425.jpg

花を愛でながら、明日はこれで一杯やろうかな~。
宜しく、奥様!
 

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif        
  

テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ

2007年04月03日 (火) | 編集 |
俺に根モノ釣りの楽しさを教えてくれた、N氏。
彼の釣りに対する志は、他の誰もが真似は出来ないと思う。
「釣りのタメに働いている!」と宣言し、
「暇がナイのではなく、暇は作るもの。」と断言し実行もする。
彼の首筋と肩は、背負子や竿ケースの擦れたタコが出来ている。
足の裏の力の入る親指と踵は、
裸足で歩く原始人のように皮膚は硬い。
スパイク長靴は、年に3足は履き潰す

彼はお気に入りのポイントを見つけると、
何回も通いペンペン草も生えなくする勢いだ。
「釣れなくなった。」とぼやき、
また新たなポイントを目指すという
リピートライフ。
う~ん、恐るべし、N氏。

N氏との電話も、こちらから電話をすると、
「なに、何んか用?用がなかったら切るから。」
と愛想も何もあったものではないが、
あちらから電話が来る時は、
「○○さん、Nです。・・・・」
と営業用の匂いがプンプンする
にこやか~な話し方をなさるのだ。

<オイオイ、同じ人間なのかよ~?>
と思わせるギャップが面白い。

釣り場には携帯電話は持って歩かない。
“釣りに集中するタメ”に、持って行かないそうだ。
皆に、 「1人で行って何かあったら、どうするんだ?」
と散々言われて、最近持って行くようになったようだ。
彼の事を少しは心配する者もいるということに、
やっと、気づいてくれたかも知れない。

N氏は、自分に不要と思うモノには一切興味がない。
何かを諦観しているのか、ニンゲン間の中で起こる
ドラマに食指を動かさない人だ。
ビデオレコーダはないが、
カーナビは最高のモノ
をつけている。

服は着れれば良い、と言う考えだ。
(デートの時は、何を着て行くの?)
彼は、高校の時に買った
某メーカーのジャージを今も愛用している。
だが、そのジャージは擦り切れる事もなく、
多少の色あせはあるものの状態は良い。
マニアにはよだれモノだろう。
思わず、
<彼から剥ぎ取ってでもネットで売りたくなる。>
衝動にかられてしまうこともしばしばだ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ

2007年04月02日 (月) | 編集 |
ある日、イトコが遊びに来た。
もちろん、投げ釣りをしに来たのだ。
釣り場で色々と話しているうちに、
「仕事が忙しくなって、釣りをやめる事にしたんだ。
これが、最後って訳さ。」
と言う。(^-^; ・・・・

海釣りの帰りに、子供達の顔を見にウチに寄っていったのだ。
ちょうど、夕食の支度も出来ており、皆で食べる事にした。
色々と積もる話をし、釣りの話で盛り上がった。
俺は、来週の為に今日使った道具の手入れをして、
ついでにいとこの分も念入りに手入れをした。

「今日が釣り収めさ。」と言うイトコに嫁は
「道具はどうするの?」と聞いた。
「う~ん、困っているんだ。
ウチに置いてても、宝の持ち腐れさ。」
と言う。
「あら、そうなの!」と、自分でも声が高くなった事に
気づいた嫁は、表情を悟られまいとし、口に手をあてながら、
「あら~、もったいないわね~、私が使ってもいいんだけど。
あっ、タダって言ってる訳じゃないのよ。」

猫なで声に切り換えた。(°◇°;) ゲッ
確かに竿はたいした品物ではないが、
リールは竿には勿体無いモノを着けていた。
m(__)m スマンデス

そこを嫁は見抜いていたのだ。
う~ん、あなどれん。 川 ̄皿 ̄川 やるなおぬし!!

一応、嫁に対して
「また、使うかも知れないから、無茶な事言うな。」
とたしなめたら、
心の大きいイトコは、何のためらいもなく
「いいよ、あげるよ。」と軽く嫁に渡したのだ。
w(°o°)w おおっ!!

<棚からぼた餅>と言うのであろうか。
新品同様のシマノ・テクニウムを頂いたのだ。
(使用度は数回のみである。)
当時は8万くらいするリールだった。
本当は、俺が口から手が出るほど欲しかったモノだが、
嫁にはおねだり出来ずにいた品物だった。

ありがとう、いとこ殿。\(^ ^)/
Thank you very very Much!

後日談だが、
「また、釣りが出来るようになったので、何かくれ~」
と電話が掛かってきたのだ。(*_*) アチャ!
前に持っていた竿は、友達にあげたそうだ。
少しあまし気味のインターラインの竿とZ45を差し上げました。

今回の戦利品  シマノ・テクニウム
戦    略  嫁の一言 = 甘え上手

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2007年04月01日 (日) | 編集 |
ここ数日、俺の鼻にはカレイの匂いがプンプン
感じ取っております。
そして、ホッケの匂いも微かにしています。
これは、何としても釣りに行かなくちゃならない。
後は行動あるのみ。
昨夜、嫁に
「カレイの匂いが俺を呼んでいる、明日釣りに行ってくるよ。」
とたわいない一言をいうと
「ふーん、カレイじゃなくて、
あんたの加齢臭の匂いの間違いじゃない。」
と軽くあしらわれた。

嫁は俺の勘を信じていない。
ぜひ、見返してやらないと俺の気が済まない。
“俺は自分の勘を信じるゾ~”
と意気込んで朝3時に起きた。
外に出て様子を伺うと、雨が降り風が強くって寒いぞ。
飼い猫も、寒そうに丸まっている。
少し悩み、風が止むまで寝ることにしたが、
ネットサーフィンで遊んでいた嫁に
「少し風が収まったから、早く出って行ったら」と促され、
イヤ、追い出され車で釣り場に向かった。

レポーター嫁の助言もあり、
せたな町太櫓の鷹ノ巣岬に決めてあった。
あえてブログには載せてはいなかったが、
実は金曜日にレポーター嫁が情報を数件、提供してくれていた。
前にブログに載せた日高町静内の紳士が、
再度釣りに来ており、今金町の人も釣りに来ていた。
その釣果を俺は聞いていたんだが、あえてそれは載せなかった。
だって、人様の事ばかり載せるのがしゃくだったんだもん。
エッ、カレイの匂いや勘ってウソだったのか?って
イイエ、ちゃんと俺の鼻は敏感に察知しておりましたよ。 (^▽^笑)

天気  朝方 雨 7時頃 雨は止む 曇りで東風

朝、5時半に車から降りて釣り場に向かった。
駐車場には札幌ナンバーの車が一台あったので、
きっと、一等地はもう埋まっているだようと思っていたが、
ラッキーな事に開いていた。
すぐに、竿をセットし、後は魚を待つばかり。
IMGP1394.jpg


6時頃、沖にプカプカと何かが浮かんでいるゾー。
よ~く見てみると、 トドが・・・
距離にして100m付近で2頭戯れている。
「あ~あ、これで今日の釣りは御終いだ。」
と思わずつぶやいてしまった。
だが、魚ノ神様は俺を見捨ててはいなかった
2頭のトドは沖へと泳いでいったのだ。

今回のポイント距離は70m付近だったが、
バカな男だと思うが 俺はあえて遠投にこだわった。
隣のポイントにはいっていた札幌の人達が、
その距離で良い型のカレイを上げていたが、
俺は見て見ない振りを決めこんだ。
嫁の情報によると、そのくらいの距離で釣れるのは重々承知だ
でも、 やっぱり俺は遠投がしたかったのである。
その姿を嫁が見たら、きっと俺は、<明日のジョー>並の
黄金のボディブロウを喰らうだろうな。
IMGP1393.jpg


11時頃、両手にはコンビニ袋を下げて、
嫁が差し入れに来てくれたのだが、俺の大きなカレイを見て、
「ふ~ん、カワガレイなんだ、クロは?」と俺の顔を覗く。
「クロは大嫌いなんだ。」とちょっと意地を張ってしまった。
鼻で笑いながら
「夜まで帰って来なくっていいから、ゆっくりと遊んで来てね。」
と言い残し嫁は去って行った。
IMGP1399.jpgIMGP1400.jpg

まもなくして、風の力も借り大遠投した竿に
待望のクロガシラがついた。
これで、今日のノルマーは完了。
時計は午後2時を指していたので、帰ろ~。

本日の釣果

マカレイ     25cm~33cm 13枚
クロガシラカレイ 36cm 
カワガレイ 40cm    
ホッケ 35cm 2本      

IMGP1402.jpg


今日のタックル
ダイワ   トライビーム    35-405
リョービ  プロスカイヤーH-DZ 33-405
リール   シマノ テクニウム
       ダイワ 45Z
仕掛け   胴付き
       デルナー天秤 1本針
餌      食紅バージョン塩イソメ

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ