FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年05月04日 (金) | 編集 |
昨日は散々な目にあったが、ようやく復活した。
折角、エサも用意し、釣に行く気満々だった俺の
出鼻をくじかれたせいもあり、
“どうしても釣りがしたい、釣らなくちゃいけない病”にかかってしまった。
熱に浮かされたように、昨日の夕方、
がまかつのテスターの函館つるさんに電話をした。
「大成区の太田方面で夜釣りをする」という事なので、
函館つるさんの返事もそこそこに、
ずうずうしく竿を担いでお伺いしました。

さて、現地に着いたはいいが、車はあれども、
函館つるさんの姿は捜せど見えず。
キャスター付き背負子に荷を括り付け、
カラカラと音をたてて、奥の暗いトンネルを抜けた。
きっとこの辺だと予測をつけたが分らない。
電話で連絡を取ると、ほんの数十メートル先にいた。
函館つるさんは同じクラブの仲間2人と来ており、
俺もお仲間に加えて貰いました。

親分 函館つるさん
舎弟 ○君
舎弟 Y君
客人 俺  ってところかな。

暫くして、嫁から5日の日の予定の連絡事項が入った。
タイミング悪く、俺の竿に当たりらしき動きがあり、
「コッチから後で連絡するから」
と言い電話を切り、取り合えず近くの岩の上に置いた。
「おむすび山のおむすび」のようにコロコロ
携帯電話は俺の足元の水溜りに転がり落ちてきた。
すぐに引き上げたが、携帯が動かない。
おむすびを転がしたじいさんはお宝をせしめたが、
俺は携帯を転がして、何も得る事なかったばかりか
データーが消えた
<なんて、世の中不公平なんだ。>
と騒いでもどうしょうもない。

昨日は3度に渉る不幸が俺を襲ったが、
3度あることは4度もある?
4度目があるとしたら、それは、
嫁の鎮火していた火山活動が大爆発することだろう。
そして俺は、太古の昔、神々の怒りを恐れたように、
燃え盛る火山に人身御供として献上されるのであろうか。
あー、考えただけでも身の毛がよだつ。

やはり4度目の失態が起きた。
嫁のマグマが噴火したのではなく、
エサ不足に陥ってしまった。
持ってきたはずのオキアミブロックと
ソーダーカツオの数が足りない。
う~ん、あれ、よく考えたら、ウチの冷凍庫の中じゃん!
近くで買い足せばいいのだが、そんな店はない。
困ったゾー。
こうなったら、嫁に電話して持って来て貰うしかない。
どうせ、大爆発するのなら一回でいい。
何度も水蒸気爆発されては、こっちの身がもたない。
と思案しつつ、函館つるさんから携帯電話を借りた。

「ごめん、携帯電話、水没させてしまった。
まったく動かないしデーターが消えた。」

(後ろで函館つるさんの爆笑が・・・)
「はぁ~、何やったの?」と呆れた声の嫁。
「ごめん、海に落としてすぐ引き上げたんだけど
無理だった。
それから、冷凍庫からブロックとカツオを持って来て
欲しいんだけど、何時頃来れる?」

と勝手に持って来てくれると決め付けていた。
嫁の反応は・・・・
あっさりとOK!してくれたが、
「子供がバイトから帰って来てからしか行けないよ。」
との返事だった。
持ってきて頂けるのなら、文句も言いません。
いいえ、
「コラー、俺は今すぐに欲しいんだ。もっと早く持ってこんかい、ボケ。」
なんて口に出して言ってはいけません。
心の声でしか叫びません。

夜の11時頃、嫁の登場です。
俺の姿を見た嫁の第一声が
「来る時間帯が分っているんだから、
こんな重い荷物を持たせてさー、なんで迎えに来ない?
何かあったらどうするのよ。」

とちょっとオカンムリです。
俺は思う、
「オマエを見ただけで、
海坊主も裸足で逃げ出すだろう。
オマエに何かある前に、
その巨漢を見ただけでおののいて逃げるだろう。」
と。
差し入れを持ってきて、函館つるさんとお仲間に挨拶をし、
30分くらいして嫁は撤収していった。
まったく、けたたましい嫁だった。

函館つるさんの電話に船頭さんから連絡が入った。
「朝になったら、沖提に渡せる。」と言う事で急遽、太田漁港沖堤防に渡れる事になった。

バンザーイ。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用