FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年06月05日 (火) | 編集 |
今回は嫁が、
「オレにも一言、言わせろ」
と言う事で参戦です。

6月2日、午後三時、旦那から、
「ワリー、冷凍庫からエサ出してくれ~」
と一方的に言い放って電話が切れてしまいました。
この時間帯は会社でオヤツタイム、
まんじゅうでもムシャムシャと食べているのでしょうね。
朝の一服休みと午後の一服休みに、必ずお菓子を出すなんてさー、会社も従業員に甘すぎるのよ。
時にはサンドイッチやケーキも出るなんて、
何か、ムカつくぅ~。

あ~あ~、後数時間で夕飯の仕度しなくちゃならない。
今日は何を食べさせようかな?
その前に布団と洗濯物を入れて、タンスにしまって、
ご飯を炊いて、あっ、おにぎりの用意をしないといかないから、
多めに炊いて・・・・・具は何にしょうかな?
考えるだけで頭が痛くなるぅ。
子供達がバイトで帰ってくるのが8時過ぎ、
それまでにお風呂掃除して、お湯を張って、明日の準備をして、
あー、時間がないー!
でも、夕食の仕度前に小1時間くらいお昼寝タイムは
とらせていただきます。
しかし、昼寝の途中で、
「明日さ~、がまかつの大会(船釣り大会)だから
東野漁港の入り口に、がまの旗がなびいているよー。」
と、どうでもいい電話で起こされてしまいました。
どうして、いつもこうなんだろう・・・フゥー。

あ~あ。遂に釣りに行く時間帯になってしまいました。
どうせ旦那は、自分の入りたい場所しか
チョイスしないんでしょうから。
私の意見なんて、馬の耳に念仏・豚に真珠なんでしょうね。
でもね、豚に真珠って言うけど、真珠をつけて貰えるだけいいと思う。私なんて、真珠どころか花かざりも貰えないんだから。
以前、口紅と甘栗をお土産に買ってくるという、
何ともセンスのない芸当を見せてくれたこともあったけど、
まったく、甲斐性ナシなんだから・・・ハァ~。 

旦那は迷わず、八雲町黒岩ルコツ川付近に入りました。
夜なのに、東風が止みそうにないし、うねって陸波もありました。
ここはどこかの漁港に逃げて、明日の朝、
漁港の防波堤から挑戦すればいいのに、
朝まで待ってみるなんて時間のムダ!
「おやすみ」って言って、数秒後、この人、
ひょっとして重大な病気なんじゃないかしらと思える程の
大イビキをかいて寝てしまいました。
こんな時だ。男って自由だなーと思う。

朝起きて、
「オイ、どうする?ここは無理だ。」
ほーら、いつものセリフが来た!
「取り合えず、波が死んでいる所を捜がしたら。」
と言うと、旦那は国縫方面に行こうとしましたが、
「山崎漁港方面に行こうよ。」
と半ば強引に私がイニシアチブを取る事にしました。

何箇所か見て回り、山崎漁港よりのマイボート(ゴムボート)の
斜路に決めました。
それは、私にとってラッキーな結果となりました。
後で判ったのですが、国縫漁港に入ったクラブメンバーは全滅で、
山崎漁港から八雲寄りの海岸に入った人が優勝しました。
 
さて、釣場に入ると、波うちぎわで
小魚が跳ねて歓迎してくれました。
竿をセットして、第1投目、フルキャストすると、
「えー?何、何が起きたの?」
目の前に黒いモノがぶら下がっています。
竿先がてっきり抜けたと思って糸を手繰ってみたら、
つなぎ目の所からポッキリと折れてしまいました。
音も何もしなかったので、不思議に思って、
旦那に報告すると、
「あ~、そんな事、たいした事がない。
お前の振り方がおかしかったんだろう。」
と切り捨てました。
私にとっては、ショックこのうえない事ですが、
旦那は、
「キススペを2本も折っているから、どうって事ないさー」
と悪びれもせずに言い放ちます。
当分、このショックからは脱出できそうにありません。 
IMGP1909.jpgIMGP1907.jpg
私の大切な竿 

まだ、言いたい事がありますが長くなるので、明日書きます。
つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用