FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年06月08日 (金) | 編集 |
嫁に言われ放題ではちょっと俺のこけんに関わるので、
俺の視点で書いてみます。
昨日の続きです。

あんまりにも釣れないので、隣の釣り人の所に遊びに行きました。その方も、今回、初めてこの釣場に入ったそうですが、
羨ましい事に、アイナメ数匹釣れておりました。
<何で、俺に釣れない?>
その帰り道、フッと足元を見ると、帆立のベビーと、
先程の小魚に追い回されたオキアミが、打ち上げられておりました。
俺は嫁が、オキアミブロックでしか見た事がないと思ったので、
「おい、オキアミが打ち上がっているぞ。」
と声をかけましたが、
「エッ、何?聞こえない!」
<お前は年寄りかよ?>
と風上にいる嫁はがなりますが、
風下にいる俺には、嫁の声がビンビン頭に響きます。
そんなに叫ばなくてもいいのにー。
IMGP1914.jpg
オキアミ 

嫁に小さなイシモチカレイが釣れました。
俺にもチャンスがあると踏んだが、まったく反応がありません。
きっと、干潮とオキアミのせいではないでしょうか。
次々と魚を釣り上げる嫁の姿を見たら、自然と焦ってきました。
ポイントは“あそこだ”と判っていても、
どうしても投げる気が起こりません。
もし、投げると嫁に、
「真似しないでよね。」と言われそうです。
<イヤ、絶対に言うぜーこいつは。>
俺の狙っているのは、そんな小さなイシモチカレイではなく、
『40cm超えの大型イシモチカレイだ!』
と心に固く決めておりました。
そんな事は嫁の前では絶対に言いません。
『夢を見るのも程々に!分相応って言葉、知っている?』
と逆襲されるのに決まっております。
IMGP1916.jpg 
おれの後姿

時間っていうのは無情です。
遂にタイムアップとなりました。
俺には何も釣れず、横ではニコニコ顔の嫁の姿がありました。
集合時間を少し遅れて行きましたが、仲間には連絡済みでしたので、
ゆっくりと車を走らせました。
計量すると、何とあんな小さなカレイでも、嫁は2位でした。
<ウソー、ショック!>
カレイを釣ったのは、Y君と嫁だけだったのです。
勢いに乗った嫁は、
「皆、遠投し過ぎなのよ。」
あ~ぁ~、言っちゃった。
<一言、多い!>
俺はどうほろうしょうかと考えていたら、
「俺の横にいたジイさん、目の前にポチャリと投げて、
30cmくらいのカレイを釣っていたんだよな~」
Y氏が助け船を出してくれました。
(ウチのクラブにはY君とY氏の2人おります。)

こんな具合で、クラブの春の最後の釣り大会が終了しました。

◎今日の出来事(6/8)

今日、不思議な旅人を発見!!
会社の用事で函館に行ったんですが、
その帰り道に、すごく背の高い男の方を発見しました。
車でその側を通り過ぎる時、思わずガン見してしまいました。(笑)
竹馬に乗って背に荷物を背負って、
国道5号線を札幌方面に向っておりました。
どこかで、皆さん、見られると思いますよ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ