FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年06月14日 (木) | 編集 |
IMGP1700.jpg
横滝から藻岩岬

今から約30年くらい前、俺が小学生の時の話です。
当時、俺の親父は車の免許を持っておらず(今もナイです)、
親父のイトコの車で、親父とよく釣りに行っておりました。
今は旧道は閉鎖されておりますが、
釣り場として名高い「せたな町・横滝」での出来事です。

この日は、天気が良くちょっと波が高かったと記憶しております。
この場所は、湾洞になっているので、
他の所より波は穏やかでした。
俺も親父のコタコタのグラス竿を貸して貰い、
ホッケ釣りを楽しんでいました。
小学生って事もあり、飛距離は10mくらいで、
飛んでも20~30m出ていれば、
「ワーイ、飛んだ。」
と無邪気に喜べるレベルものです。
親父やそのイトコも大量のホッケを釣っていました。
当時は魚も豊富で、<投げては釣れ>というくらい
<釣り堀り池>状態でした。

そんな釣りの中、親父のイトコが海に背を向けしゃがみ、
何やらゴソゴソとやっていた、まさにその時、
大波が襲いました。
先程まで、多少の波はあったが、
岩場まで乗りあげる事はありませんでした。
親父のイトコはそのまま、海に引きずりこまれ、
間一髪で、波打ち際の岩に手を掛け、海には落ちたが、
何とか流されずに済みました。
自力で海から這い上がり、頭の先からずぶ濡れで、
すぐに道具を片付けて家に帰りました。

当時も救命胴衣はありましたが、我ら一般には高嶺の華で、
手に入れるのはちょっと無理でした。
子供心に強烈な印象が残り、それ以来、俺の犬並の脳ミソに、
「海に背を見せるな!」
とインプットされました。
IMGP1697.jpg
春先の横滝

話は変わって、数年前まで、この滝のちょっと上には、
「仙人」と呼ばれていた方が、
小屋を作り畑を起こし住んでおりました。
電気は不明ですが、仙人と言われているので、 
不要だったかもしれませんね。
いつ、ここに住み始めたかは定かではありませんが、
仙人は春~秋までここに住んでおられ、
冬には札幌と言う楽園で、修行にいそしんでおられたそうです。
仙人と言われていたので、てっきり移動は雲に乗るのかと思いきや、文明の力のスポーツタイプの自転車で買い物に行ってたようです。
霞を食べているわけではなかったようです。
ところが、仙人は下界に降りてまいりました。
冬の雪の重みと度重なる強風の自然の脅威に、
小屋は半壊状態に陥り、
仙人をノックアウトに追い込んだようです。
仙人でも、自然を自由には扱えなかったようです。
今は、ある川の側の一軒屋に住み、人間に姿を変え、
平和に暮らしているそうですよ。
 
良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用