FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年06月21日 (木) | 編集 |
茂津多岬の滝床前方面の秘境と言う言葉につられた俺は
N氏と小冒険の旅に出た。

大きな崖を目にしたが、俺には自信がありました。
子供の頃、木登りや野山の探索は得意だったのです。

もう一度、背負子の荷物の紐を確認し、
背負子が身体から離れないよう結び直しました。
それを確認したN氏は、大きな荷物を背負って、
ロッククライミングさながらの軽やかな動きで、
サッサと登り始めた。

キャップライトで彼のおいてある手や足場の位置を確認し、
ゆっくりその通りに登っていったが、一つ置き場所を間違えると、
思いっきりバランスを崩し、転落しそうになる。
俺は登りながら、フッといつか見たTVの画面を思い出した。
N氏の姿が、大きな荷物を背負ってロッククライミングし、
夜になると岩と岩に紐を結びハンモックで休息する、
プロのロッククライマーにダブって見えた。
そして己の姿といえば、
子供を背に乗せた猿あたりのレベルではないだろうかと
思っている。

それでも慎重に登って行くと、
先に到着しているN氏が手を差し伸べてくれた。
これはいつか見た、デ・ジャヴー。
そう、
ファイトーー!( ゜ロ゜)乂(゜ロ゜ )イッパーーツ!!
のCMである。
 
なんとか登りきって下を振り返ると、
幻想的な海の光景が目の前に広がっていた。
海一面にヤリイカの大群が遊泳していました。
これほどのヤリイカの大群を
今まで拝ませてもらったことはなく、
深緑色した海に白いペンキを垂らしたように、
それは1枚のオオイカのように浮かんでいた。

でも、そこは釣り好きの2人である。
「失敗した。イカ釣りの用意もしてくるんだった。」
と悔しがりました。

冒険はまだ続きますよ。
長文につき、少しずつ書きます。
根モノの師匠 N氏 その2‐3(回想)につづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif

スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用