FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年09月03日 (月) | 編集 |
そろそろサケ釣りの仕掛けの準備をしなくては、
嫁にしこたま怒られます。
道南ではポピュラーな浮きです。
20070903194845.jpg 20070903194858.jpg
これから活躍する浮きくん達
かくしている所はナイショ(ちょっと一工夫しています)

浮きには2種類あり、流動式浮きと固定浮きです。
俺達の仲間がよく使うのが、固定浮きです。
この仕掛けの利点は、流動式浮きに比べ、飛距離が出ます。
難点は、その時の釣れるタナに合わせるのは、不利です。
その難点を克服するのに、色んな長さを作ります。
俺は、市販の浮きを買った事も、使った事もありません。
浮きは、発砲パイプセットを購入し、
好みの長さに切ります。
1本で大体3~4本分くらいです。
IMGP2488.jpg IMGP2487.jpg
いつも使っている発砲パイプ

後は、カッターナイフで削りだし、
サンドペーパー3種類で形を整えて、
糸を通して回してみます。
その時、いびつな回り方をしたものは、はじきます。
はじき出された浮きは、ネコの遊び道具になり、
ウチの中で走り回っております。
残ったモノに、今度は色付けをします。
自分の好きな色で、ペイントしますが、
波の上でも目立つ色がポイントです。
何回かに分けて、ペイントするといいですよ。
下にルアーとタコベイトにエサをつけるので、
その時、浮きが海に沈んだら意味がありません。
20070903195242.jpg
ルアーをセットした固定浮き

幹糸の長さは、だいたいヒトヒロくらいです。
浮き下が1m~1,2mくらいので用が足ります。
後は短くて浮き下が90cm~50cmくらいのモノも作ります。
反対にそれ以上長いのが必要な場合、
その場ですぐに作ります。
でも俺、ぶ器用なので皆のように手早く出来ません。 

IMGP2517.jpg IMGP2521.jpg
嫁のステラ4000番  俺のツインパワーとカルカッタ

タックルは、道南では13Fの竿が多いです。
場所によって、使い分けをします。
遠投の必要がない漁港とかでは、
11・12Fでもよいと思います。
船でのサケ釣りも、11Fが多いみたいです。
遠投の必要な外海では、13Fくらいは必要だと思います。

固定浮きの発祥は、函館方面のようです。
とにかく、函館方面の釣場に行くと、
みな遠投しております。
俺の知り合い達は、
年に1~2度オホーツク方面に遠征に行きますが、
地元の釣り人が2~3本釣ったら、彼らはその倍は釣ります。
遠投することによって、魚の探索範囲が広がり、
魚の釣る確率があがります。

過去にキャスティングの練習をした時、
クラブの仲間で、
サケ用の振り出しコタコタの柔らかい竿に
浮きとルアー(45g)をつけ、
遊び半分で飛距離をはかった事がありました。
大体、80m前後でした。
これが、並継ぎ竿のハリのある竿でしたら、
もう少し飛んでいたと思われます。
この頃は、せたなでサケ釣りをする人のレベルもあがり、
遠投する人が多くなってきました。
前は平均40~50mくらいが多かったですが、
今はもう10m+α先に投げられております。
俺もボヤボヤしていられません。
いつ抜かされるか、ヒヤヒヤもんです。

俺のサケ釣りスタイルは、朝の暗いうちに釣るように
浮きの上に明り取りの「ぎょぎょライト」はつけません。
地元では、あまり必要ありません。
だって、他の人がつけているので、
それを見て、自分の真正面に投げていれば、
引っ掛けられても引っ掛ける事はないのです。
どこの釣場でもそうですが、必ず、周りを見て、
左右隣が投げ終わってから投げます。
これは、みなさんもそうだと思います。
一種の暗黙のルールでしょうね。
殆どの釣場で、そのスタイルを貫いております。
でも、俺はいつも少し明るくなってから釣るので、
「ぎょぎょライト」は滅多に使いません。
「それじゃー、サケが釣れたのが分かるの?」
とご指摘があると思いますが、ちゃんと手に伝わってきます。
浮きでサケの当たりをとるのではなく、
竿先の入り具合と手に伝わってきた感触で
当たりをとります。
浮きは、自分のルアーの位置を示すのと、
ルアーが一定のタナで引いてくるタメだと思っております。

それから、せたな町のサケ釣りの特徴として、
浮きルアー・浮き釣りは多いですが、
ぶっ込み釣りは殆ど見ません。
いても、2~3人いれば良いほうです。
後、場所取りはほとんどおりませんが、
釣場に来た順番に好きなところに入ります。
地元組は場所取りで、もめる事はありませんが、
旅の釣り人達が同じ旅の釣り人同士で、
極まれに言い争うのを見かけます。
遊びなので、こんな事で揉めないで欲しいです。
はっきり言って、迷惑です。

問屋さんの話では、
「今、道東や道北の人達も浮きルアー釣りをする人が増えた。」
と言っていました。
函館スタイルが定着しつつありますね。 

「サケ釣りが楽しい人」ここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用