FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年09月13日 (木) | 編集 |
俺の勤めている会社の地区が13・14・15日とお祭りで、
会社は14・15日と休みになりました。
休みになったのは嬉しいのですが、
「サケが釣れた」という情報もあまり入ってきません。
今の所、石●漁港ではそれなりの釣果があり、
ある人物は今日の段階で60本以上釣ったと、
羨ましい話も聞かされました。
地元でも、少しは釣れているが、
ほとんど数本止まりです。
一昨日、札幌からきた釣り人が浮き釣りで1本あげ、
昨日の朝はその情報を聞きつけ、
数十人の釣り人が集まり、
10本前後のサケで終わったようです。
今朝は、まったく釣れなかったようです。
この地区でもっとも早く釣れる鵜泊漁港も、
数日前に、浮き釣りで十数本釣れたと情報が
入ったが、それ以来パァッとしないようです。
台風の時化後に少しは岸よりをしたようですが、
その群れが釣られてしまうと、
次の群れが入ってくるまで我慢するしかありません。
沖の定置網にもマス箱一つ(約1トン)どころか、
半分も入ればいいほうだと聞きました。
ここでもやはり、水産庁の予想の話が話題にあがります。
今年の水産庁のサケの予想は、
「100本に4本くらいの回帰率。
サケの水揚げは例年より少ない。」
のだそうです。

昔読んだ本では、次のように書かれていました。
《サケが豊漁の年は、
農作物が凶作になりやすいといわれています。
これはサケがいっぱいあがってくるのは、
親潮(寒流)の勢力が強いためで、
ベーリング海などにいたサケがたくさん流れに
乗ってくるからだろうとのこと。
この年は、稲作は冷害で凶作になるという
北日本のいい伝えです。
「サケ、マスの豊漁は早冷え」ともいわれています。》
今年は温暖化の影響とラーニニョ現象によって、
気温が一気に上昇され、北海道の米に影響がありました。
品種改良によって寒いのには強いのですが、
暑さには弱いようです。
上記の話も、
今はただの言い伝えとなってしまうのでしょうか。
あっ、また、
学校の時業中に変な話題にそれる教師と一緒ですね。(笑)
すみません。

今週は地元もムリッぽいし、
伊達の定置網にもサケはあまりかかっていないようで、
今朝はマス箱2つ(約2トン)と聞きました。
サケがあまりいません、ここが問題です。
俺、明日の朝、どこにいけばいいんでしょう?

「ご勝手に」と思ったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用