FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年09月27日 (木) | 編集 |
今日のサケ情報

☆せたな漁港

ここ数日の朝は、10本前後がコンスタントに釣れており、 
今朝、東風だったので、蝋燭岩側で10本前後釣れて
いたそうです。
夕方は、浮き下が1,8m~2mくらい深くして、
浮きルアーで2本あがりました。
雨という事もあり、
釣り人はいつもの半分以下しかおりませんでした。
昨日はAM6:00過ぎ(西風)に、保安庁の船がつけてある場所で、
結構な数のサケが溜まっており、
1人で数本釣った人もいたそうです。

☆鵜泊漁港

やはり朝まで漁師が入れている刺し網のせいで、
サケが漁港の中に入りずらいようです。
ここ数日の釣り人の数も減り、毎朝4~5人しかおらず、
1本程度しかあがっていないようです。

●なぁ~。

数年前、俺達仲間のあいだで、
「なぁ、なぁ~」って言葉が流行りました。
「なぁ~」とは「~だべぇ」
を使う時の同意を求める言葉です。

ある年の秋口、店長と俺達夫婦で、
伊達市のある小さい川の河口で、
サケ釣りを堪能しておりました。
この河口は規制がまだされておらず、
俺の好きな釣場のひとつです。
毎年、必ず1回は釣りに出掛けております。

本来なら、この河口付近で釣りをするのが望ましいのですが、
俺は毎年、あえて、
河口から100mくらい左側に釣座を構えます。
そこより先は、サケのぶっこみ釣りの人達の
釣座となっているからです。
この年は、例年より少し時期は過ぎておりましたが、
それでも、毎日、数本のサケは釣れていたようです。

サケが左から右にかけて、ライズをしております。
周りを見ても、サケは一向に釣れる様子がありませんでした。
もちろん、俺達にも釣れません。
日が高くなり、サケは沖の梵天近くに集結しました。
毎年、同じ光景です。

あの梵天までなら、店長と俺の射程距離内です。
「ビッシッ!」
と店長があの場所まで飛ばすと、
いきなり無口となり、
「あー!」
と言う悲鳴と共に、店長の釣竿の糸が
プツリと切れてしまいました。
それを見ていた嫁は、
「もったいない事したね。」
と、淡々とした口調で、慰めの言葉をかけておりました。
その時俺は、サケと格闘中。
この場での最初の獲物で、
4kgくらいのかわいいオネーチャンサケでした。

店長と距離を競う中、俺の本日2匹目のサケが掛かりました。
でも、俺は、すぐには竿をシャクらずにサケの当たりを
堪能しておりました。
店長の顔を見ながら、「なぁー」と声を掛け、
思いっきり竿をシャクリました。
その時の店長の顔は、
<オイオイ、冗談はよせ、
よくも、釣ったなー、俺のサケを!>
って言いたげでありました。
いつも俺は、店長に同じ事をされていたので、
日頃のお返しとばかりに、タイミングが訪れたので、
リベンジする事にしました。
それが彼の闘争心の火に、
油を注ぐ事になってしまったようです。

次に、嫁にもサケが釣れ、
店長の闘争心は、ピークに達したようです。
俺にも、本日3本目のサケがヒットしました。
そうすると、
火山噴火のように気合を入れ直したようでしたが、
時すでに遅く、サケは遥か沖に出て行ってしまいました。

駐車場に向う帰路、俺は釣れたサケを
ぶら下げて歩いておりました。
この日のサケの釣果は、俺達以外、
1本だけだったようです。
ちょっと得意顔の俺に、
「今度は、俺がお前に言う番だからな。」
と、まだ沈火せずにいる気持ちを持て余し気味の店長。
さて、こんど、いつ、その時は訪れるのでしょう。
店長の得意な「なぁ~」は!
でも、近いうちに聞くことになるだろうな~。 

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界  
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用