FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年10月10日 (水) | 編集 |
俺のタックルは、昨年新調した天龍のベイト竿13fに
カルカッタのいでたちですが、どうも嫁のものが気になって
仕方がありません。
そこで、嫁の竿を借りて、
同じ天龍の竿同士を比べてみました。
嫁の竿は一昨年のモデルで、俺のは去年のモデルなのです。
俺の竿はどちらかといえば、先調子で張りがあり硬めです。
嫁の竿は12fで胴調子で張りがあり硬めですが、
胴に思いっきり乗せなければ飛びません。
それにリールシートから竿尻にかけて、
普通のシーバスロットに比べると長いので、
振りづらいのです。
どちらかと言えば、
投げ釣りの竿に近い長さだと思ってください。

まず、俺の竿を振りました。
先調子なので、一瞬の瞬発力で、
竿先に負荷をかけてやるだけで、
その反発で飛んでいきます。
このロットは、自分が持っているシーバスロットの中では、
一番硬いような気がします。
距離もスピニングリールで投げるのと、
さほど差がないように感じられました。
次に、嫁の竿を振りました。
投げた瞬間に、
「あっ。」
と声を出していました。
俺の竿と比べると、すごく柔らかく感じ、
一瞬竿が折れたのでは、
という錯覚を起こしてしまいました。
胴に思いっきり負荷を掛けたので、
竿の途中からグニャリと曲がり、
余計にそう思えたのです。
でも、やはりこの竿はハマるとすごく飛びます。
普段は、他の竿を使っているので、
嫁の竿を振っても違和感はあまり感じませんでしたが、
今回だけは違いました。
それだけ、ベイト用に加工した竿が硬いのです。
同じ天龍なのに、作るブランクによって
コレだけの差があります。
俺にとっては、どちらの竿も面白いと感じました。
でも、嫁の竿は一癖もニ癖もあるので、
うまくハマると飛びますが、
そうでないと悲惨な目にあいます。
まぁー、竿も嫁もどちらも癖のあるモノ同士、
類が友を呼ぶように嫁のもとに竿がやってきたので、
お似合いなのかもしれません。

嫁は珍しく俺に、一端の釣り人のような質問してきました。
『あのさー、ちょっと竿を横にしてというか、
サイドスローで投げると、
距離がバラバラで、
方向性も曖昧なところがあるの。
私には横振りが楽なんだけど、他のコトを考えると、
どっちがいいの?』
俺は嫁には、サイドスローの投げ方は教えていませんでした。
特にサケ釣りのように人の多いところでは、
トラブルの原因ともなりかねません。
投げ釣りに関しても、
やはり、サイドスローは教えておりません。

そこで嫁に、普通の投げ方とサイドスローと投げさせました。
普通の投げ方では、腰の使い方と、
ちょっと引き手が少し遅いように感じられましたが、
癖の強い竿なので、女でこれだけ投げれればOKでしょう。
サイドスローの投げ方を見ていたら、
右腕と肘がどちらかと言えば伸びており、
肩口から振り出す竿の軌道は均等ではありませんでした。
嫁は飛んでいるように思っていたようですが、
肝心なところでいらぬ力が抜けたり入ったりするので、
飛距離のバラつきや方向性に問題が生じたようです。
「ビシューッ」
と、竿が風を切る音だけは大きいので、
飛んでいるように錯覚を起こしたようです。
嫁にクラブメンバーの中で、
「この人は上手い!」
と思う人の名を挙げてもらいました。
嫁は、店長の名とk氏の名を挙げました。
そこで、サケ釣りや投げ釣りやキャスティングのコトを
思いだしてもらいました。
彼らは、どんな釣りでも、
決して風を切る大きな音を出しません。。
それだけ竿に対して、余分な力が入っていない証拠です。
それは嫁も自分の経験上、分ってはいたようですが、
年を取ってくると、もっと楽な方法で、
たくさん釣りたいという、
非実力的短絡的な考えを起こしたようです。

俺は疑問として、
どうしてサイドスローで投げようと考えたのか訊きました。
『肩を痛めた時、横の人がサイドスローだったの。
あぶないと思ったけど、肩肘に負担が少ないかと思ってさ。』
それに、と言いかけてニヤけながら、
『その人、いい男だったのよォー』
と、悪びれもせず言ってのけました。
もちろん、すぐに嫁には、
サイドスローを禁止しました。
嫉妬からではありません。
初めは文句を言いましたが、
普段から身体を鍛えていて、
サイドスローで投げ慣れていれば別ですが、
肝心なところで抜けている力をカバー出来、
尚且つ、TPOでその力をフルに発揮できる自信があるのか、
にわかにやってもダメだとさとしました。
今回は改めて、自分の竿の振りを見直すコトが出来て、
勉強させられました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用