FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年11月12日 (月) | 編集 |
彼の場合、一言「かわいい」に尽きるのだ。
しかし、その外見のかわいさとは裏腹にその心と瞳には、
時々、「イジワルな目」を持っている。
T君の「追い込み漁」の名付け親でもあり、
人と違う視線であたりを眺めているようだ。

「かわいい」の説明をしよう。
まず見た目の胴体はLLサイズなのに、
手足の長さがSサイズなのだ。
一分のスキもなく、ドラエモン体型なので、
ウエアーの上下揃えて着ると、
下半身のみルーズソックスをはいている状態になってしまう。
上はパツンパツンの、
手・足・下はズールズルーのダーラーダラなのだ。
ほうっておくと、おそらくズボンの裾を踏んずけて
転倒してしまうだろう。
だから、彼はズボンの裾を常に上げていなければならない。
彼のその姿を見る釣り仲間は
「あっ、ルーズソックスになっている。
手足の布で、もう1つ子供のズボンが出来るんでない。」
とはやしたてるのだ。
本人もそれを自覚しているのか、
「やかましいわい」
と笑いながら、反撃のチャンスを伺っているのだ。

更に追い討ちをかけよう。
サケ釣りでも、海で使うウエダーも胴回りは丁度なのだが、
足の長さが大幅に余り、何段も折り返しの跡が付いている。
見たくなくても、目に入ってしまう仲間達は、
「オイオイ、もう一つウエダーができるんじゃないか」
とからかってしまうのだ。
海に入ってサケ釣りをする時、
他の人には腰くらいの海面でも、彼には胸まできてしまう。

そっかあ。
一言、「チビデブ」と表現すれば良かったのか。
俺も体型の事について人様の事を、
とやかく言える立場ではないのだが、
とにかく彼は、「かわいい」存在なのである。

そんな彼でも釣りに関しては、まるで、
魚ノ神様が降りているのではないかと思わされる出来事が多い。
同じ場所でも、彼だけ多く魚が釣れたり、
他の人がボンズでも、彼ただ一人だけが
ヒョヒョッと釣れたりもする。
それも大型の魚だったりするのだ。
そして不思議と、彼の周りには人が集まってくる。
ヒトに好かれる人は、魚にも好かれるのだろうな。
なぞと柄にも思ったりする、K氏のお話でした。

追憶
K氏、この文章が気に入らないからって、
後ろからドツかないでね。ビックリするから。
それから、ヒトの事を十円ハゲと言って
バカにするのもやめてくれ。

{※ウチのクラブには「K」のイニシャルが4人いるので、
K氏・K兄氏・がまK氏・短K氏と分ける事にした。} 

おまけ。
数日前、親から巣立ちした若いトンビが
ウチの周り飛び回っておりました。
これから1人立ちするのですが、まだ親が恋しいのか、
ピーヒョオロオロオと物悲しく泣いており、
親鳥はちょっと離れたところで見守っていました。
IMGP2878.jpg IMGP2880.jpg
前回紹介した花ですが、また、狂い咲きをしました。
今回は前より数多く咲きそうです。
IMGP2882.jpg


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界  
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用