FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年11月30日 (金) | 編集 |
いつ頃だったか、あまたさぶらひいたるけるに、
須築漁港にネコが住み着いておりました。
捨てネコだったのか、飼いネコだったのかは、
定かではないのですが、とても人懐っこいネコでした。
釣り人からエサを貰い、皆に可愛がられていました。
でも、皆が皆、ネコ好きとは限りません。
中には、足もとに絡まるのをイヤがる人もいます。
何とか、一冬を越しました。
次の年も、このネコはここで釣り人に可愛がられていました。
春・夏・秋ときて、冬になりました。
この年の冬、このネコはいなかったそうです。
晩秋、ホッケの浮き釣りに来ていた人のホッケを
一匹口に咥えて逃げようとして見つかり、
蹴っ飛ばされて、海に落ちていったそうです。
そのまま、助けることもなく、
海に沈んでいったそうです。
反対の岸から見ていた人が、
走ってきて助けようとしたそうですが、
その時には、もう、間に合わなかったそうです。

この人は突き落とした人に、
「そこまでしなくてもいいんじゃないか!」
と怒ったそうですが、
「俺のホッケを盗んだネコだ、しったこっちゃない。」
と吐き捨てたそうです。
その人の足元には、何十匹のホッケが散乱していたそうです。
たった一匹のホッケを盗もうとして、
命を落としてしまったネコ。
ネコ好きの俺としては、その話を聞いた時、
そのオッサンに殺意を抱いたのは言うまでもない。
そんな人に釣られたホッケも、
その場で地縛霊になるに違いない。
それにしても、浮かばれないのはネコである。
あん時のオッチャンに告ぐ
「ネコの怨念は、おっかねーぞ!」

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用