FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年12月27日 (木) | 編集 |
数日前の新聞に、
「十勝川千代田新水路にオオワシ・オジロワシ飛来」
のニュースが出ていました。
今、八雲町のユーラップ川にも、
オオワシの姿が見られます。
時々、仕事で車を走らせると、
大きな翼を広げ悠々と飛んでおり、
その姿は空を司る孤高の王様のようで、
恰好いいことこの上ありません。
羽を休める止まり木が決まっているようで、
いつも獲物を狙っているのかもしれません。
この光景は朝方と夕方の一時だけ見られるそうで、
後は運が良ければ、昼間でもたまに見られるそうです。
オオワシの世界は、
オスよりメスの方が全長が約15~18cm程大きいそうで、
羽を広げると2mを優に越すそうです。
時々、その仕草をカメラに収めようとする人を
車から発見することもあり、思わず俺は、
「寒い中、ご苦労さん。」
と心の中でつぶやいておりました。
でも、やっぱりオオワシは生で見るのが一番だと思います。
総個体数は現在約5000羽あまりで、
国際的な絶滅危惧種と言われ、
「レッドリスト」入りしているので、
カメラでもあの絶対的存在感は写しだせないのではないか
と思う俺です。

そういえば、これは聞いた話なんですが、
せたな方面のある海岸では、
数年前からハヤブサが春には子育てし、
住み着いているそうです。
ハヤブサやオオワシをバードウオッチング出来る小屋は、
砂原町の原野にあるそうですが、
そこでしかハヤブサを見られないと思っていました。
冬はどうしているか分りませんが、
俺も何度か目にし、人の側に近寄らず、
遠くから眺めただけで、
トンビと鳴き声が違ったので、
きっとアレがそうだと思うのです。
ただ、一般の方はその姿を見ても、
トンビだと思っているので、
今のところ、静かに暮らしているようです。
ハヤブサも、
絶滅危惧種として「レッドリスト」入りしているので、
このまんま、野次馬に囲まれず、
静かに過ごし仲間を増やして欲しいと願っています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用