FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年02月13日 (水) | 編集 |
ある年の2月、俺の住んでいる田舎町まで、
「マスが1人当たり、二桁釣れている。」
という噂が流れて来ました。
その噂の真相を探るべく、仲間内で苫小牧港から、
初めて船マス釣りに出掛けました。
この日、眠たい目を擦り、夜中に数台の車で相乗りし、
雪煙を舞きながら行きました。
現地に付き、俺はビックリしました。
冬の海、当たり前ですが、時化ておりました。
こんなに時化ていたら、普通は中止ですが、
船頭は、
「行くどー、はよ乗れや。」
と尻込みしている俺達に声を掛けます。
2艘の船に別れ、乗り込みました。
大きな船ですが、やはり時化の影響を受けており、
次々とダウンする人が続出し、
かろうじて、俺は生き残っておりました。

俺は船マス釣りは初めてで、道具一式を仲間から借りました。
バケだけは無くして弁償するのも嫌なので、
自分用のモノを買いました。
釣場について、船頭の号令とともに、
バケを海に投入します。
釣れてくるのは、スケソウタラばかりです。
釣れないより釣れた方がいいので、
それをキープしました。

もう一艘に乗っている店長から、
「釣れたか?」
と探りの電話が入りました。
「俺、今の所8匹。◎さんが5匹、○さんが12匹、
今の所、そんだけしか釣れていない。
で、▽さんと△さんと▲さんはグロッキー状態。
そっちは?」
「全然ダメだ。釣れるのはスケソウだけだ。」
と言います。
俺は、わざとスケソウタラの数を店長に教えて、
マスのコトは言いませんでした。
だって、「釣れたか?」と聞いたが、
魚の種類の事は聞かれてないもん。
俺が店長にその類の電話を入れると、
俺と同じような返事が返ってきます。
俺はちょっと意地悪な気持ちとなって、
お返しをしたに過ぎません。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用