FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年03月03日 (月) | 編集 |
天気 晴れ
風  西風 べた凪 
場所 国縫漁港
IMGP3216.jpg IMGP3214.jpg
外防波堤先端       内防波堤先端   
IMGP3217.jpg
長万部方向

先端にいるおじさんは、一生懸命蒔きえをするのですが、
一向に釣れる様子がありません。
「今日は1匹も釣れない。どうしたんだ。」
とグチります。
IMGP3212.jpg IMGP3221.jpg
デルナ-天秤に一本針とルミックスサンダ-使用 
ダイワ・トライビーム35-405 ツインパワーCX405(嫁の竿を拝借)

IMGP3225.jpg IMGP3224.jpg
こんなに天気がいいのに・・・・・・

俺の竿も、ピクリとも反応がありません。
何度かエサを取替え、投げなおすのですが、
エサは綺麗なまま戻ってきます。
「そのうち釣れるさ。」
と、お気楽に待っておりましたが、
訪れるのはチカ釣りの下見に来た数人だけ。
IMGP3228.jpg
暇だったのでこんな写真を撮って遊んでました。

あまりにも反応がないので、ボケ~と海を見ていたら、
海面からチカの大群がグワ~ァと湧きあがり、
逃げ惑っております。
突如、
“城みちるのヒットソング・イルカに乗った少年”
が俺の頭の中で奏で始め、
『その大物ってイルカだったりして。』
嫁の昨夜の言葉が浮かんできました。
嫁の予想通り、イルカが俺のすぐ側まで来て、
悠々とお食事タイムを楽しんでおり、
その光景をチカ釣りのおじさんと、
無言のまま呆然と見ておりました。
IMGP3229.jpg IMGP3230.jpg
撮るタイミングを失敗したがイルカです。

俺の目の前数m先を泳ぎ、逃げそうにもありません。
コレじゃ~釣りにもなりません。
そうそうに竿をたたみ、逃げ帰りました。
おじさんも、
「数日は無理だな。」
と言って、諦めモードで帰り仕度をして、
「じゃ~、兄ちゃん、またな!」
と言って、月光仮面のように立ち去って行きました。
俺は、嫁の言葉が頭から離れません。
『あたしの勘、絶対釣れない!と言っているけど。
後で泣いても、慰めてやんないからね。』
女の第六感と言うのでしょうか、
それとも願望か呪いなのか。
この時、一瞬背筋に薄っすらと汗をかき、
徐念でもしようかと思いました。

その夜、ネットで遊んでいたら、
【福島漁港・沖堤
2日、釣~りんぐチームがイシガレイ34㎝頭に8枚。
マコガレイ34㎝1枚、カジカ1本】
の記事を見つけた時、
『福島の女郎岬もいいかもよ。』
と、俺に助言していた事を思い出し、
悔しい思いでいっぱいになりました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用