FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年03月04日 (火) | 編集 |
せたな町の窓岩(島歌地区)の沖にある、
通称ガメ岩(亀岩)とせたな新港の沖にあるカカリ島に、
毎年、この時期、
何処から来るのか分りませんが、
トドがやってきて、
そこを拠点として活動しているようです。
天気の良い日中には、
ガメ岩やカカリ島に上がり日向ぼっこをしており、
時々、その姿を目にすることが出来ます。
春先に、また何処かへと帰って行くのですが、
通り道なのか食事タイムなのか、
漁師さんの仕掛けた網を破っていくそうです。
ここ数年、トドの数も増えたようで、
昨年の5月の末には、太櫓方面にその姿を現し、
「俺の縄張り、荒らすんじゃねーェ!」
と偵察に訪れ、みか締め料として、
俺が釣る予定だった魚を回収していっちゃいました。

ず~っと前に、
漁師さんにお願いしてガメ岩に渡して貰おうかと思って、
色々情報を集めたことがありました。
知り合いに、
この岩に乗って釣りをした方がいたので尋ねたら、
「丸モノ狙いで夜通しやったんだけど、
底は岩盤で荒根、思ったより海草が生えていなくて、
魚も小さいアイナメ数本しか釣れなかった。」
と教えて貰い、諦めたことがありました。
↓この記事を見て、昔のコトを思い出しました。

大物トドあえなく 熊石の海岸に漂着
【八雲】町内熊石見日町の鮎川海岸に、
トド1頭が打ち上げられているのが27日朝、見つかった。
町熊石総合支所水産係によると、
クジラが打ち上げられたことはあっても、
トドは異例という。
水産係の話では、トドは午前8時30分ごろ、
海岸沿いの国道を車で走っていた町の臨時職員が発見した。
体長3m(実側)、体重1t以上ありそうな大物。
発見時は既に死んでおり、外傷は無く死因はわからない。
波が高かった前日、打ち寄せてきたとみられる。
熊石の漁業者によると、
トドは沖合では頻繁に姿を現している。
ひやま漁協(乙部)も、
熊石を含む桧山地方では毎年冬から春にかけ、
網に穴を開けられたり、魚を食べられるなどの被害があり
「近年、数が増えているようだ」と話している。
(北海道新聞 道南版 2月29日)


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用