FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年03月24日 (月) | 編集 |
やっと雪が溶け始めた時期、クラブの釣り大会があり、
3月中旬とあって、夜はとても寒かった記憶があります。
カレイは無理でもホッケくらいは釣れると考えて、
大成方面に走りました。
久遠漁港を見ましたが(改築前)、
テトラにところどころに雪が薄っすらとついていて、
先にそこを渡っていた人が足を滑らせているのを目にして、
危険だと判断し、奥の太田方面に行く事に決めました。

太田権現神社の駐車場に車を止め、
通称・社務所裏を見に行くと、
もう数人の人が釣りをしていました。
話を聞くと、
「ホッケは釣れるが、カレイは今一つだ。」
との返答でした。
入れる場所を捜しましたが、
あずましく釣りができそうにありません。
そこで、判る人は判ると思いますが
本当の神社裏に入ったのです。
1人で釣りをする分にはいいのですが、
思いっきり竿を振るにはちょっと窮屈です。
一晩中、釣りをするのはとても無理そうです。
寒さで指の感覚が麻痺してきますので、
車の中で寝ることにしました。
朝5時、起きだしたのですが、
まだ暗く寒さも半端じゃありません。
でも釣り大会なので、釣りをしなければ、
何の意味もありません。

竿には、ホッケがポツラポツラと釣れましたが、
足元の海を見ると、大量のホッケが浮いているのです。
それを狙おうと、仕掛けを投入するのですが、
一向に釣れません。
はがゆいこと、この上なかったです。
見えている魚は釣れないって本当だったんですね。

ところが、社務所裏の釣場で、
なにやら大声で怒鳴りあっている声が聞こえてきました。
俺は何事がと思い覗いて見ると、
口ケンカのようです。
後で駐車所に戻ってきた顔見知りの釣り人に聞いた話では、
AさんとBさんが(単独で釣りに来ていた人みたいです。)、
お互いに糸が絡み合い、投げ場の取り合いとなったそうです。
Aさんは、
「もう少し右に投げろ。」
Bさんは、          
「そこは引っ掛かりやすいし、俺は真直ぐ前に投げている。」
Aさん、
「じゃー、俺が真直ぐに投げていないと言うのか?」
Bさん、
「そうだ、さっきから我慢していたが、もう限界だ。」
Aさん、
「お前の腕が悪いのに、人のせいにするな。
俺だって我慢していたんだ。」
と言う話だそうです。

困りましたね。
どこでもある話ですが、
こんなケンカになるまで発展する事は滅多にありません。
俺だったら、何度か引っ掛けられた時点で、
すぐにその場から撤収するのですが、
遠くから釣りに来ていている人達にとっては、
やっと見つけた釣場です。
譲ってなるもんかと、どちらも引けないのでしょう。
釣りはあくまで、遊びの一環です。
ケンカしている場合ではありません。
だから、ホラッ、ホッケは安心して、
遊泳しているでしょう。
陸の上の人間を観察するかのように、
浮いて覗いています。
く、くやしい・・・・・。

☆今日のせたな新港

今日は東風が強く、雨が今にでも降りそうな天候でした。
せたなの新港には、珍しく地元の釣り人は誰1人居らず、
旅から来た釣り人の車が一台あっただけでした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用