FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年04月02日 (水) | 編集 |
IMGP3473.jpg IMGP3477.jpg

N氏の釣ったソイのエラの部分から
このムシが出てきました。
体長4~5cmはあるのではなかろうか。
恰好はダンゴムシか兜ガニに似ているが、
色は白い。
一瞬、セミの脱皮した直後の姿のようにも見えました。
名前は・・・わかりません。
ネットで調べると、
サヨリヤドリムシやタイノエに近い寄生虫のようですが、
はっきりと解りませんでした。
タイノエってゆう寄生虫は、
「鯛の餌」と言われる様に、
鯛類のエラに生息し鯛の食べる餌の
おこぼれを食べているようです。
きっとこの寄生虫も、その1種ではないかと思われます。
おもしろ半分でひっくり返して見ると、
お腹に子供を抱えておりました。
子供もしっかりと親にしがみ付いており、
なんだかサルの親子を見ているような気がしました。
IMGP3478.jpg IMGP3481.jpg
お腹の子供

N氏やクラブの仲間に訊くと、
「よくソイについているぜ。」
と言います。
でも、俺が釣ってきたソイ類には、
今まで見た事がありませんでした。
あっ、1回だけありましたが、
これほど大きなモノではありませんでした。
その時は気持ち悪くて、
すぐに海の中に投げた記憶があります。
何だか興味がそそられ、
思わず写真を取ってしまいました。
見れば見るほど、
小さくてグロテスクな怪獣、
アップで写真を撮ってしまいました。
IMGP3479.jpg IMGP3480.jpg
アップの顔面

かれこれ半日は海からあがっている状態でしたが、
なぜか元気なんです、この寄生虫。
すごい生命力です。
この寄生虫は店長の手によって、
道路に放置され、
後できっと鳥類のエサにでもなったことでしょう。
それとも、自力で海まで帰ったかも知れませんね。

☆今日のせたな新港

3日程前に、オキアミが大量発生致しました。
漁港の中にも、大量のオキアミが押し寄せ、
地元の方々はタモを持って走りまわっていたそうです。
なんと・・・かき揚げにして食べるとか・・・

今日の午後4時過ぎのせたな新港です。
IMGP3496.jpg IMGP3497.jpg

IMGP3499.jpg
敏さん、発見!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用