FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年04月04日 (金) | 編集 |
年にカレイ釣りで、
1回でも釣りに入所できれば良いほうだという
なかなか入れない釣場、その名も鵜泊漁港。
この外防波堤先端に釣り人が2人でもいると、
カレイポイントはもうありません。
そんな釣場なのですが、運が良ければ、
カレイののっこみ時期にあたると、
そこそこの型のカレイが、
大爆漁を約束されるのです。
ただ、朝方と昼時は漁港から出入りする漁船があり、
それに糸を引っ掛けられるコトも多少あります。

そんなおいしい思いに有り付きたくて、
竿を担いて出掛けましたが、
この日は知り合いが1人で竿を出していたので、
その横に入れさせて貰い、竿2本出させてもらいました。
知り合いと言っても、よく釣場で会うおじさんで、
顔だけは知っているのですが、名前まで把握しておらず、
話し好きな方だという印象がありました。
俺も、このおじさんの話に耳を傾け、
楽しい一時を過ごしました。
その話の中で、鵜泊漁港の防波堤先端では、
反対側にある立岩にあるテトラが少ししかない時には、
大型のカレイが釣れ、釣果も今の数倍あったと言います。
今はその波除のテトラも沖へと延び、
潮回りが悪くなることで、魚があまり入ってこなくなり、
そのようなおいしい話は少なくなりました。

そんな昔話を聞いていたら、この沖で船が遭難にあい、
多数の犠牲者が出た時の話を教えてくれました。
その犠牲者のタメの慰霊碑が、
立岩の側にあるそうです。
一時的に犠牲者を安置した家があり、
その家は所有者が変わり、住む人も居らず、
今はボロボロになっています。
その話を嫁にすると、
『ギョエー、私達、あの家に泊った事あるんだよ。
それも2回も・・・・』
小学校・中学校とクラスのレクリェーションで、
夏休みに所有者の許可を得て、
海水浴に訪れ、皆して泊まったと言います。
『そんな事分かっていたら、泊らなかったのに!』
と、言っても後の祭りです。
俺の知らなかった町の歴史を教えて貰い、
大変勉強になりました。
時に、年配者の話に耳を傾けるのは、
かなりいいかも知れませんね。

その数日後、俺の耳に、
「札幌から来た釣り人が朝~晩までやって、
百枚近く釣り上げたぞ。」
という一報が飛び込んできました。
俺は決心しました。
定年退職したら、平日の朝~晩まで弁当持参で、
ゆったりと竿を出して、
のっこみ時期のカレイを狙いたいと。

☆今日のせたな新港
IMGP3510.jpg IMGP3511.jpg
瀬棚港を上空から撮った写真、
こんな所にゴミが捨ててありました、
これではいけません、皆さん、ゴミは持ち帰って下さい
いつも綺麗な釣り場であってほしいから
IMGP3526.jpg IMGP3527.jpg
IMGP3523.jpg IMGP3522.jpg
南西の風強し 波が立っており、釣りにならないと思いました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ