FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年04月09日 (水) | 編集 |
俺は今まで何度か色んな釣り会の方と、
釣場で遭遇し、
色んなお話を聞くチャンスに恵まれてきました。
そのお話の中には、俺にとって未知なる魚の話や、
釣場や仕掛けのノウハウを教えてもらえる機会がありました。
人によっては、話しかけられたりするのを
イヤがる方もおられますが、俺は運よく、
そうゆう方にはあまり巡り合っておりません。
仕掛けもそうです、独自で工夫されているので、
見せてくれる方、見せてくれない方、
色々ですが、俺は見せてもらえる方でした。
俺が最初に教えて貰ったのが、
ホッケの回遊について、
昼間と夜に釣れるホッケの違いと、
仕掛けの使い分けでした。
俺は昔から、どちらかと言えば、
胴付き仕掛けを多く使っておりました。

ある夜釣りの出来事でした。
俺は、ある磯場で竿を振っておりました。
夜中に釣りバスでやって来られた釣り会の方が、
「この横いいかい?」
と俺に挨拶し、竿を出したのです。
俺の入った釣場は、
20~30mくらいの陸から張り出した根があり、
それを過ぎると砂地で所々に隠れ根がありましたが、
それ程気になりませんでした。
俺はホッケとカレイ狙いで胴付き仕掛け使用、
隣に入った釣り人は、コマセネット+ゴロ仕掛けでした。
その方は根が切れる辺りを目掛けて投げておりました。
俺にもホッケは釣れていたのですが、
彼のホッケに比べると一回り小さかったのです。
それもあきらかに根ボッケと分るシロモノで、
なんだかすごく羨ましかったのです。
彼の話では、
昼間は大きな群れで回遊しているが、
大きさは大小混ざっていて青ボッケが多く、
夜はエサを求めて浅瀬にくるのは、
殆ど大型の根ボッケが多いと言います。
続けて、
「俺も最初は分らなかったが、
何年も釣り会に居たら、自然と分ってきたんだ。」
と、経験談を語ってくれ、
コレにはあのパターン、
アレにはこのパターン、
と大体決まっていて、
あとは臨機応変に対応していると言います。
そして、彼のこだわりは、
根モノを狙うエサの鮮度と切り身の大きさだと言います。
何でも釣ればいいというワケでなく、
大きい魚を狙っていると教えてくれました。
確かに、彼の目から見て、
小型だと思えるモノは、海に帰しておりました。
俺はこの方から、色々な事を教えて貰い、
とても有意義な一夜を過ごしたのでした。
この御蔭で、へなちょこ釣り師から、
ややまともな釣り師に格上げされた気分でいます。

☆せたな新港とフェリー乗り場(PM6 時頃)

IMGP3578.jpg IMGP3577.jpg
この車の後ろに魚を干す網がかけられておりました。
中には5~6枚のホッケが開きとなって干してありました。
IMGP3574.jpg


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界  
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用