FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年04月11日 (金) | 編集 |
そうです、おじさんは真直ぐに投げたつもりだったのですが、
左側に投げていたのです。
嫁はそれを確認すると、その方にクルリと背を向け、
ものすごい目つきで、
『あのオヤンジ、ダッセーんだよ!
テメーのナニが左向きだから、左に曲がるんだろーが。
ちゃんとポジション直してから投げろっつーの。』
放送禁止用語連発の、
男も真っ青の文句を言いまくります。
そしてまた、2本の竿を同じ位置の場所に仕掛けを投入しました。
あのおじさんが投げると、
2本の竿の糸をおじさんが引っ掛けるので、
「すみませ~ん、そっちで外してくださーい。」
と叫んだ後、小声で、
『ありゃー、便器からも左に飛び散らかしてるクチだわ!』
と、毒つきます。
そして、おじさんに自分の糸を外させ、
また、巻いて同じように同じ場所に投入しておりました。
そうです、嫁の逆襲が始まったのです。
嫁に、
「俺の前に投げろよ、俺、その上にかぶせるから。」
と言っても、いうコトを聞きません。
また、おじさんが、嫁の糸を引っ掛けて外すという動作が、
何度も繰り返されたのです。
余程、真直ぐに投げろと言われたコトが、
シャクに触ったのでしょう。
その内、嫁は何かを思い出したように、
『あっ、さっきからあの人、
どこかで見た事あるなーと思ってたらさー。
そうそう、ミチ糸と力糸を電車結びできない人だわー。』
と、言います。
嫁の話では、
「俺、できないんだ、結んでくれ。」
と、行き着けの釣具屋さんに結んでもらっていたようです。

この後の嫁の口から出た悪口は、とても、
文章化することは出来ません。
そして気が済んだか、嫁は、
それからは俺の前に投げたのです。
おじさんも場所移動し、
嫁の糸を引っ掛けるコトもなくなりました。
で、嫁に、
さっき投げていた場所に投げるように促したのですが、
『ケチついた所なんてイヤ!』
と頑なに拒否するのです。
う~ん、女心と秋の空(春だけど)って言うのでしょうか。
まったく、ここまでくると、意地というか、なんと言うか、
不思議な生物でも見ているような気がしました。

終わり。

☆今日の須築漁港
IMGP3594.jpg IMGP3585.jpg
IMGP3588.jpg IMGP3586.jpg
IMGP3584.jpg IMGP3593.jpg
IMGP3590.jpg IMGP3592.jpg IMGP3591.jpg
IMGP3597.jpg IMGP3596.jpg
須築新港

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用