FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年04月13日 (日) | 編集 |
昨夜PM7:00~今日のAM11:00まで、
俺の所属するクラブで第2回釣り大会が開催されました。
場所は、せたな南砂防堤~須築漁港までの範囲。
午前11時には計測集合場所 せたな漁港側の公園
で審査します。
審査方法は、2魚種3匹までの身長及び特点。
特点は“北海道の釣り”本誌の年間ランキング魚種別特点数
を引用している。

昨日は北西の風が強かったので、
取り合えず、波が死んでいるであろうせたな新港を第一候補とし、
嫁を引き連れて出かけました。
日中と打って変り、波も穏やかになっており、
新港には沢山の車が止まっていて、
皆さん夜釣りに励んでおりました。
この時点では、俺と嫁の入れるスペースはなく、
第2候補のコメンテイター敏さんポイントのフェリー乗り場横を
見に行きました。
この場所には2台の車しかなかったので、
この釣場に決めることにしました。
でも、いつでも入れるという安心感が出てしまい、
第3・第4候補としている場所が気になりだしたのです。
そこで、皆より出遅れているので、
この際だと思ってクラブ員の偵察も兼ねて見に行くことにしたのです。
(毎回なのですが、子供の塾の送り迎えがあるので、
どうしても皆より遅れて出発する形になってしまいます。)
第3候補の美谷漁港角の岩場は国道から見えるので確認すると、
ヘッドライトが見えたのでパスし、
第4候補の美谷漁港先端も国道から見る限りでは、
誰もいないことを確認し、
第5候補の須築漁港先端を見に行きました。

第5候補の須築漁港に行くと、珍しい事に先端に続く駐車場には、
一台も車がありません。
俺は小躍りしながら、
「ここにしよう!俺、何年間振りに入れるんだ。
滅多にないチャンスなんだ。」
と、嫁を説得しておりました。
そして俺は心の中で、
<貰ったもんだ、
カレイもホッケもアイナメもソイも全部俺様のモンだ!>
と勇んでおりました。
灯台先端のケイソンで竿を出しましたが、
エサ交換する度、魚が喰った形跡もなく、
ただ時間が過ぎて行きました。
前回の大会でも朝方が釣れたので、
ひとまず仮眠することにしたのです。

天気 晴れ
風  東風穏やか べた凪

AM3:00 仮眠より起床
釣場に行き、エサ交換し、
後は魚を待つだけです。
嫁の仕掛けは、コマセ籠ゴロ仕掛けと生イソメと胴付き仕掛け。
俺の仕掛けは、夜、コマセ網とゴロ仕掛けと胴付き仕掛けで、
朝方、片テンビンと胴付き仕掛けに切り替えました。
陽が高くなりAM6:30頃から嫁のコマセ籠ゴロ仕掛けには、
ホッケが掛り出しました。
そして俺にも待望の一匹のホッケがかかったのです。
これから入れ食いモード突入かと思ったら、
突如、奴らがやってきました。
奴らは俺が釣ろうとしている魚を追いかけまわしております
それも俺の50m先で悠々と泳いでおりました。
この時点で、俺に釣られる筈の魚は姿を消してしまいました。
14.jpg

それから間もなく、俺達も引き揚げたのです。
そして、皆がきっといるであろうせたな新港に行きました

IMGP3610.jpg IMGP3612.jpg
IMGP3609.jpg IMGP3626.jpg


新港に行くと、数人のクラブ員が竿を出しておりました。
その中には40のクロガシラカレイを釣った者もおり、
俺もすぐに竿を出したのです。
お陰で俺にも、本日、2匹目になる
小さいながらもクロガシラカレイを釣ることが出来ました。

計測時間も押し迫ってきたので、
集合場所に移動しました。
俺は・・・一瞬、目が点になったのです。
どこに・・・こんな大きな魚が潜んでいたのでしょう。
前回のマゾイより4㎝も大きいマゾイを見せつけられました。
そして・・・カジカもです。
俺の選択ミスです、
“大物は磯場にいる”って事を忘れていたのです。

今回は俺は11人中10位、
嫁は9位と悲惨な結果となりました。

明日、悔しさを噛みしめながら、
写真をアップさせます。
一見の価値があると思いますので、
ぜひ、ご期待して下さい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用