FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年05月01日 (木) | 編集 |
竿をセットして魚を待っていましたが、
反応はあるのですが、すぐに根に潜られ、
なかなかゲットできませんでした。
そんな中、嫁の竿の鈴がチャリンと微かになったのです。
慌てて嫁はその竿に飛びつき、糸をまき始め、
27cmくらいあるハチガラを釣ったのです。
それが後で、
今大会2位に食い込む貴重な1匹の追加となったのです。
俺はと言うと、情け無いコトに、
クロゾイとガヤと小さなアイナメが多く、
大会規定スレスレの長身だったのです。
投げ場所を決めるのに、
少し川側と茂津多岬側にしようと思い、
どちらが良いかと嫁に尋ねと、
『残り物には福があるっていうから、
あんた、先に選んだらいいわ。』
というので、根掛かりなさそうな川側を選んだのです。
嫁は茂津多岬側になり、根掛かりしながらも、
俺より型の良い魚を釣っていたのです。
ここでも、俺は誤ちを犯してしまったようです。

辺りが明るくなり始めると、
先程までの反応が何処吹く風というように、
ピタリと止まってしまいました。
俺はカレイ・ホッケ狙いに切り替えたのですが、
まったく釣れません。
暇を持て余していた嫁は、磯場探索をしていました。
磯場に何かを見つけたのか、
それを海の中に投げ込んでおりました。
何度も繰り返し、
海面をキョロキョロと見回しております。
不穏な行動をする嫁が気になり、俺は彼女の側に行き、
「おい、何やっているんだ?
向こうから見たら、不審者に見えるんだけど。」
と言うと、
『失礼な男だね。今、フナムシと魚と遊んでいるんだけど。』
といい、石をどかしフナムシを捕まえては、
海に投げ込んでいました。
海面を見てみると、
そのムシ目当てに小さいタナゴや小ソイが集まり、
ついばんでおりました。
それを見ていた嫁は、
『あ~いない、さっきのヤツ何処行った?』
と、またキョロキョロ見回しております。
35cmくらいのアイナメがいたそうですが、
結局、嫁の言っていた魚にはお目に掛かれませんでした。
『ねぇー、あんたもフナムシになってみる?
私に逆らうとこうだよ。』
と言って、フナムシを海に投げ込みました。
ここがアマゾンだったら、
俺は間違いなくピラニアの餌食です。

まったく魚が釣れないので撤退しましたが、
やはり帰りも嫁はまた水が長靴の中に入り、
歩くたびにあの不気味な音を奏でておりました。
車につくと、長靴とズボンを脱ぎ捨て、
腰にバスタオルを巻き、
『あ~ぁ、あんたの御蔭でとんでもない思いしたわ。
この落とし前とって貰うからね。
・・・あっ、そうだ!
あたしが上位に入賞したら、
これからケンタッキー行って、
ミニバーレル買ってきてちょーだい!』
とのたまいます。
いつでも食べ物のことが、頭から離れない嫁でした。
そして嫁は上位に入賞し、
ケンタッキーに行けと命令します。
俺は「疲れたから。」と言い、逃げました。
『わかったわ、じゃあー、
○○ラーメンのネギチャーシューの大盛りで、
手~打ったげる。』
「おまえ、それ、1200円すんじゃねーのか!」
と俺。
『ミニバーレルよりは安いじゃん☆』
その夜、しぶしぶウチのチャーシューを、
ラーメン屋に連れて行きますた。
たかだか、長靴に水が入ったぐらいで、
高い代償を払うことになりましたが、
久し振りに食べるラーメンは、やはり美味しかったです。

おわり。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界  
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用