FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年05月11日 (日) | 編集 |
昨日、クラブ員のN氏が7日の夕方~11日まで、
M港で長期戦を繰り広げているという情報を得た。
それを聞いた店長も、昨日、竿を担いで、
M港に出向いたそうだ。
店長は、クロガシラカレイ狙いで行ったのだが、
クロは黒でも、
黒いダイヤと呼ばれている高級食材のナマコを釣ったようです。
店長は云う、
「コレはクロガシラカレイより価値がある!」
と、断言されました。
人によって価値観は違うので、
俺は何も言うことはありません。
N氏なのだが、昨日現在で、
40up1枚・30up2枚(一枚はイシガレイ)を釣ったようだが、
きっと彼は不満だと思う。
毎年、彼はこの港で50upを数枚釣りあげているのだから。

毎年、鷹ノ巣岬に、
最低一週間は泊まりがけで来ているお方が、
「今年は姿が見えないな~病気でもしたのかな?」
と、ちょっぴり心配して思っていたら、
昨日現在で、
「今日で39日間、連続で通っている。」
と店長に話していたそうです。
すっかり、
M港の主になってしまっているようです。
ダイワのフィルドーテスターの永井さんも
この釣場に来ていたようで、
店長と少しお話をしたようです。
釣果は如何だったのでしょう?
店長が釣場を後にする時の釣果は、
各埠頭で1枚ずつのようで計3枚だったと言います。
それから、釣れたかどうかは分かりません。

昨日の夜と言うか、朝方にM港に行った函館の方が、
50.5㎝のクロガシラカレイを釣り上げたそうです。
◎輔、おめでとう!
M港で50upのクロガシラカレイを釣るのには、
忍耐と努力が必要だと思います。
それだけ、魅力がある釣りだと分かっているのですが、
何事も飽きっぽい性格の俺には、
長時間待つなんて、
はたして出来るかどうかわかりません。

噴火湾の船カレイ釣りも、
いよいよ本格的になってきたようです。
平日に八雲沖に行った方のお話では、
「型も数も揃っている。」
と言います。
室蘭~八雲沖では、
サクラマスが豊漁だとも言います。
これからが楽しみです。

船カレイと言うと、今日、
がまかつの船カレイ大会が苫小牧沖で行われてました。
函館の釣り具さんの所にいたら、
「優勝者は、総重量4.8キロ、カレイは8~9枚。
俺、お手伝いに行って釣ったら、
40upが1枚、37~38㎝が3枚だった。」
と、函館つるさんから釣り具屋さんに連絡がありました。
一瞬、数が少ないと思うのですが、
カレイの型が大きいのです。
カレイの総重量の重さで決まる大会なので、
8~9枚で4.8キロと言うことは、
40upが多いということだと思います。

そして今日、
全日本サーフ・協会対抗キャスティング大会も
広島で開かれておりました。
北海道協会からは
池田さん、井森さん、菅原さん、橋野さんがチームを組んで、
参加されてます。
競技は、ST(オモリ25号、ミチ糸2号、力糸あり)で争い、
北海道協会は健闘の末、兵庫協会が1位で、
2位になったそうです。
個人では池田さんが、向い風に立ち向かい、
最長距離179m、平均距離173mで優勝しました。
2位には同じく北海道協会の井森さん、
5位にはやはり北海道協会の橋野さん
が入賞したと言います。
おめでとうございます!

今日は函館に、
秘密兵器を買いに行きました。
これから秘密基地に立てこもり、
男心をくすぐるエロイ参考書を見る中坊のように、
一人ニヤニヤとキモい男になり下がろうかと思っております。
今朝釣った魚はカレイでしたが、
釣場の紹介と俺の釣果は、
明日載せたいと思っております。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用