FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年05月12日 (月) | 編集 |
GW中、
「◎○さん、
あの漁港でタカノハカレイが釣れているよー。
それも40㎝が釣れたと聞きましたよ。
そろそろ、いい時期かも知れませんね。』
と俺の耳元で囁くI君の姿がありました。
まだ、一匹も釣ったことがないお魚だったので、
おもいっきり俺の心を鷲掴みしたのです。
釣りに行く機会を伺っていたので、
ぱっかりと開いてしまった日曜日、
これはチャンスだと思って出掛けることにしたのです。

天気 晴れ
風  東風 のち 西風

目覚まし時計を3時にかけ、
居間に起きてきたら、入れ替わるように、
『おやすみ~!』
と嫁がいいます。
いつもならそのままにしておくのですが、
この日は函館に行く予定だったので、
「おい、出掛けるゾー」
と言う問に、
『勝手に一人で行ってよ、あたしは寝るの!』
と反論します。
一人で釣場に行っても良かったのですが、
俺の住んでいるせたな町は日本海側で、
行こうとしている漁港は噴火湾で、
函館に向う国道5号線も噴火湾沿いにあります。
ガソリンが高騰している今日、
そんな無駄なコトは出来ません。
寝ていない嫁を引きずりながら、
「車の中で寝ていいから、行こう!」
と連れ出しました。
八雲町~せたな町を繋ぐ峠付近は、
霜が降ったようで、
牧草地が白くなっておりました。

朝、5時ちょっと前に某漁港に着きましたが、
『ちょっと、誰も釣りしていないじゃない?
漁師さん達が忙しく動いているだけじゃないの!
もし、あの先端で釣りをしても、
船が出入りしているから、
船に糸もっていかれるだけじゃない?』
と嫁に言われ、
俺もそう思ったので、
タカノハ調査を打ち切り、
この釣場での釣りを諦めました。

どこに行こうかと思い思案していると、
『せっかくここまで来たんだから、
実績あるところにすればいいんじゃない?』
と言う嫁の提案もあり、前回釣りに行った
八雲町黒岩ルコツ川左岸に入ることにしました。
同じ左岸でもポイントは無数にあるので、
前回と違った場所に入りました。
ここは通称“巨大流木下”という所で、
そこには一台の車が俺と同時に入ってきましたが、
少し離れた場所で竿を振りました。
嫁の竿ケースも車に積んであり、
その中からこっそりツインパワーを持ち出そうとしたら、
嫁がそれを察知していたかのように、
竿ケースを抱き枕のように抱いて寝ていました。
嫁を起こすとうるさいので、
そのままにして、次回の機会を伺うコトにしました。

IMGP3984.jpg IMGP3988.jpg
釣り場から国縫方面      黒岩漁港

今朝の海ですが、
ベタ凪で良い感じだったのですが、
近・中距離まで濁りがあり、
遠投しか出来ない状態でした。

今回も前回同様、スナガレイが挨拶代りに掛り、
次から次へとスナガレイだけしか掛りません。
こりゃ~やっちゃたかな~
と思っていたら、
やっとイシガレイが釣れちゃいました。
IMGP3993.jpg IMGP4000.jpg
最初にゲットした砂カレイ 寝て居る間に付いていた Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

俺と同時期に入った釣り人が、
40upのイシガレイを釣り上げていたのを
俺は見逃さなかった。
後で知ったのだが45㎝あったようです。
陽が高くなるにつれ、魚のあたりもなくなり、
俺はふて寝をしてしまいました。
IMGP3987.jpg
そちらの方の人が釣っていたようです。

今日のタックル
IMGP3998.jpg IMGP3991.jpg
D社トライビーム35-405 R社DHZ 33-405

今回の釣果
IMGP4003.jpg
イシカレイ 30cm位 1匹 
砂ガレイ 25~28cm位 5匹 以上です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用