FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年05月14日 (水) | 編集 |
ある年の5月の連休後に、
鵜泊漁港に、仲間とヤリイカ釣りに出掛けました。
当時は漁港の中まで、ヤリイカが大群で押し寄せ、
数回、回遊し、
朝方には沖へと帰っていくという状態でした。
ヤリイカのお腹にはビッシリと卵は詰まっており、
漁港のヘリについている海草目当てで、
岸寄りをしていたようです。
そんな産卵まじかのヤリイカを狙いに、
夜な夜な通っておりました。
今は大分数が減り、
ヤリイカも漁港には入ってくるのが、
少なくなったようです。
ここ数年通っている方に聞くと、
「群れも小さくなり、年に0回か1回しか入ってこない。」
と嘆いておりました。

そんなある日、
漁港の中に1匹の「ジャ虫」というか「大型イソメ」と
表現したらいいのか分りませんが、
それがゆうに50cmある長さで、
足を広げて優雅に泳いでいました。
初めは、好奇心で見ておりましたが、
「これってイソメに似ているから、釣りに使えそうじゃん。」
と仲間と話になり、捕まえる事にしました。
まず、長い棒と思いその辺を探しましたが、
結局見つからず、竿先で引っ掛ける事にしました。
ところが、竿先に引っ掛けたと思って、
海水からあげようとしたら、ブツリと切れたのです。
「イソメってこんなに弱かったか?」
と、皆して顔を合わせましたが、
再度、チャレンジすると、また切れてしまいました。
結局諦めて、イカ釣りに専念しました。

後日、この話を店長に話すと、
「俺もイソメの大きいモノだと思って、アミですくって、
塩付けにしたんだが、柔らかくてすぐに切れてしまって、
まったく使い物にはならなかったんだ。」
と教えてくれました。
また、違う漁港内でもそのムシを見つけました。
再度、捕まえようと思って、
竿先で引っ掛けましたが、
やはりプツリと切れてしまいました。
正式な名は分りませんが、俺達は、
「イソメを大きくしたモノ」
と呼んでおります。
形はイソメにそっくりで、太さは大人の親指程あり、
(もしかすると2本分はあるかも)
長さは30~70cmくらいあり、器用に身体を動かし、
ゆっくりと泳いでおります。
ムカデのような足も付いていたように思います。
誰か、正式名を知っている方はいませんでしょうか?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用