FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年05月23日 (金) | 編集 |
次の週末、また釣りに出掛けました。
あのおじいさんの場所に釣座を構えていると、
「おい、ボウズ、今日は釣れたか?」
と言い、釣果を見せると、
「型のいいアブラッコだなー、おっ、カレイもあるぞ。」
と言ったので、
「おじさん、どれでもいいから持っていきなよ。」
「おっ、悪いね。じゃー、そのアブラッコとカレイ2枚くれ。」
と言ったので、それを袋に入れて持たせました。
気をよくしたおじいさんは、
「俺の場所に入る許可をくれてやる。
もう、お前さんの場所だ。
それとワシがとっときの釣れる場所も教えてやる。」
と、言ってくれました。
それから、その場所に入る度、
魚と物々交換のように、
次々とポイントを教えてくれたのです。
そうしているうちに、色々と世間話に華が咲き、
他の釣場の情報もくれるようになりました。
「いいか、どんなに釣れようとも、
太櫓の海水浴場の離れ岩だけは乗るな。
あそこなー、岩が低いからすぐに波があがるんだ。
俺の目の前で、ボートで渡った奴が、
波にのまれて流されたのをこの目で見たんだ。
何もしてやれなくて、無念だった。」
と、悲しげな目で話します。

俺は今も、このおじいさんの言いつけを守って、
あの岩だけは登りません。
そのうち、この漁港も改築され、
おじいさんのポイントも大分潰され、
無くなってしまいました。
釣り人も様変わりし、当時の面影はなくなり、
少し寂しい気がします。
それはそれで仕方がないことですが、
俺にとっては思い出深い釣場でした。
今はこの当時のような釣果は望めませんが、
魚はそこそこに釣れており、
俺も時々この釣場に訪れております。

終わり。

IMGP4057.jpg IMGP4071.jpg
大会用の根モノ仕掛け作りに専念しておりました。
はたして、釣れる魚いるかな~
俺の足毛まで披露してしまい、見苦しくてすみません。
この後、机の下にいる黒猫が
「遊んで~」と甘えてきたので、
仕掛け作りのジャマされちゃいました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用