FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年05月30日 (金) | 編集 |
熊石漁港では、大きなクロガシラカレイが釣れると、
騒いだ時期がありました。
今は年に1枚か2枚程ですが、
そんな幸運に恵まれる人もおります。
俺は、そんな幸運に恵まれた事がありません。
一か八かのギャンブルですが、
俺も賭けてみたくなりました。

ある年の5月下旬、熊石漁港に行きました。
この釣場は初めてで、
どこに入所するか迷っておりました。
俺の目に留まったのは、旅の釣り人達でした。
釣りが出来るように東外防波堤に
釣りデッキみたいなモノができており、
釣り人で賑わっておりました。
その旅の釣り人達は、東外防波堤の先端におりました。
釣りデッキではあまり釣れてはいなかったのですが、
この人達はひっきりなしに魚を釣っておりました。
俺は、その方達に、
「こんにちは、どうですか?」
と声をかけました。
釣果を聞き、その先端の横に入れさせてもらったのです。
隣では、マガレイ・ホッケを釣っているのですが、
俺は、隠れ根に引っ掛かってばかりだったのです。
その時、隣の釣り人が俺に話しかけてきました。
「そこは、ここから50mくらいの所が抜けるが、
後はどこもかしこも引っ掛かるよ。」
と教えてくれました。
この釣り人達は札幌からの親子で、
(父=60代、息子=40代くらいの方達)
微笑ましく両方ともよく釣ります。
俺も年を取ってから、親父と俺とで、
<そんな親子の釣りもいいかなー>
と、思う此の頃ですが、
それは夢で終わってしまいました。

いつも思いますが、やっぱり旅の釣り人は
よく釣場を知っておられます。
尊敬してしまいます。
俺達は、そんな親切な釣り人から、
「あそこはこうで、ここはああで、あっちはそうなんだ。」
と、釣場のポイントを教えてもらうのです。
そして、俺の次回の釣りに繋げます。
感心する程、旅の釣り人は本当によく知っており、
それだけ、いろんな釣場に行かれている証拠です。
案外、近場の釣場について、
地元の釣り人は知らないものなんです。
なぜって?
だって、旅の釣り人でいつもいっぱいで
入所出来ない現状があるんです。
そして、俺みたくどこか遠くの釣場に走ってしまうか、
釣りをやめるか休んでしまいます。
俺が遠くの釣場に行って釣りをするって事は、
地元の釣り人は、
きっと同じ思いをしているんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用