FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年07月02日 (水) | 編集 |
コメンテターのボナさんから、
「競技のルールなどについて、教えて頂けませんか」
と書かれてあったので、今回はその話をさせてもらいます。
DSC_0006.jpg

ST=セフティースロー
ST-A種目(50歳未満、オモリ25号、ミチ糸2号、力糸あり)
STーB種目(50歳以上、他の条件はST-Aと同じ)
この種目は、投擲するために入るエリア(投擲エリア)に
幅1.5m奥行8m高さ1mのポールが4本立ち、
その中に入り投擲します。
このポールには2号くらいの糸が前後に張ってあり、
投擲の際にこの糸を切らないように投げます。
切ったらファールとなります。
投擲コートの幅も狭く
長さ200mで幅は40m(100mで幅は20m)の
円筒三角形のようなコートになってます。
このコートの中に投擲し、
コート外に落ちたシンカはファールとなります。
DSC_0023.jpg

第2種目(オモリ30号、ミチ糸3号、力糸あり、スイング投法)
投擲エリアは幅・奥行き10mずつあり、
この中でスイング(振り子)をして投げます。
投擲コートも200mで幅は100mの円筒三角形の形になってます。
この種目の特徴として、両軸リールで投げながらうまく操作をして、
飛距離を出すということです。
飛距離も競技なかでは一番出るように思います。
ただし、リールは両軸でもスピニングでも良いということです。
IMGP2055.jpg IMGP1578.jpg

第3種目(オモリ15号、ミチ糸5号、力糸なし、スイング投法)
投擲エリアは幅・奥行き10mずつあり、
この中でスイング(振り子)をして投げます。
投擲コートも200mで幅は100mの円筒三角形の形になってます。
この種目の特徴は、スピニングリールで力糸がなく、
シンカも他の競技の中では一番軽いということです。
この競技は基礎の上に成り立ったテクニックが要求されます。
力糸なしで投げるので、
いかに糸を切らないか、
竿にシンカを乗せることが出来るか、
それによって飛距離を出せるかは個人のテクニックだと思います。
IMGP3766.jpg


第4種目(オモリ15号、ミチ糸2号 力糸あり、スイング投法)
投擲エリアは幅・奥行き10mずつあり、
この中でスイング(振り子)をして投げます。
投擲コートも200mで幅は100mの円筒三角形の形になってます。
この種目はシンカが15号と軽いため、
以前は飛距離もさほどではなかったのですが、
今日では180m台が多く出ています。
もちろん、スイングで加速されたシンカをうまく竿の乗せれるかによって飛距離も変わってきます。
スイング投法の登竜門だと俺は思います。
IMGP3765.jpg

第5種目‐A
(60歳未満、オモリ25号、ミチ糸2号、力糸あり、着地投法)
第5種目‐B(60歳以上、他の条件は第5種目‐Aと同じ)
投擲エリアは幅・奥行き10mずつあり、
この中で着地投法で投げます。
投擲コートも200mで幅は100mの円筒三角形の形になってます。
この種目は以前はフィッシングスローと呼ばれておりました。
当時はST種目の登竜門としてコートに慣れてもらうこと、
基礎を目的にしてました。
これである程度(1~2回出場)慣れたら、
ST競技に参加するってことでした。
現在は投擲エリアをフルに使い、新たな投げ方も出てきています。
DSC_0139.jpg DSC_0140.jpg


第6種目(オモリ25号、ミチ糸2号、力糸あり、スイング投法)
投擲エリアは幅・奥行き10mずつあり、
この中でスイング(振り子)をして投げます。
投擲コートも200mで幅は100mの円筒三角形の形になってます。
俺が今ハマっている種目です。
4種の延長戦にある競技ですが、シンカが重い分、
うまく竿に乗せて投げなければ飛距離が出ません。
DSC_0013.jpg


女性種目(オモリ25号、ミチ糸2号、力糸あり) 
投擲エリアは幅・奥行き10mずつあり、
この中で着地投法で投げます。
投擲コートも200mで幅は100mの円筒三角形の形になってます。
5種と内容は殆ど変わりませんが、
ただ女性限定だということです。
この種目も女性の方だと思ってポッと見とれていてはいけません。
なんせ、160mくらい飛距離が出ています。
女性の底力を見せつけられますよ。
DSC_0115.jpg

この他に1種目(オモリ30号、ミチ糸7号、力糸なし、スイング投法)
ポイント種目
(オモリ25号、ミチ糸3号、力糸あり、スプール糸巻量は200m以上)
100m先にダーツの的のような物を地面に置き、
真ん中のポイントにどれだけ近くに投げられるかによって競う競技。
この競技も難しく、途中で手でスプールを止めてもダメですし、
コントロールとこのくらいの振りで100mは
このくらいだという検討をつけなければいけません。
過去に真ん中のポイントに、
数㎝だけズレていたという方がおりました。

着地投法=竿先を地面につけ、シンカも地面に置きます。
スイング投法=シンカを振り子のように振り投げること。
競技種目によって、
大会当日に風など考慮し最低距離が決められ、
それに到達しない飛距離はファールとなります。

初めてキャスティングをしたいという方が居りましたら、
俺は迷いなく「STに出場!」と答えます。
STは釣りの延長といいますか、
釣りに対応出来るからです。
狭い投擲エリアとコートに入れる困難さ、
それによって基礎が出来上がり、
コントロールが身につくからです。
他の種目に移っても、
基礎は変わらず、
その上に色んなことが積み上げられて行きます。
今ではSTは着地投法は当たり前ですが、
垂らし投げでもいいんです。
垂らし投げが不利なことは、
競技ということで勝ち負けの部分で、
飛距離の面でどうしても着地投法に負けてしまうからです。
俺も過去にこのSTで鍛えられ、
今やれって言われても、きっと無理だと思いますが、
調子が良かった時は180~190m台をキープ出来ました。
今は釣りでもその基礎は生きていて、
垂らし投げでもなんとか人並に投げることが出来ます。
大きな利点はどんな竿でも、
同じフォームで振れるってことです。
俺は自慢ではないですが、
所属するクラブでは
いつも他のメンバーに腕相撲で負けています。
握力でも腕力でもないんですよ、キャスティングは。
どれだけ竿にシンカを上手く乗せて、
飛ばせるかだと思います。

そうそう、書き忘れてましたが、
この間の大会で協会長から、
「釣り場で5種目の投げ方をするものがいると聞いているが、
とても危険なので止めるように。
練習する時は、
回りに車や人がいないことを確認してからやって下さい。」
と伝言がありました。
人それぞれの考えがあると思いますが、
STにしても5種にしても釣り場で投げるのは危険だと思います。
もし、そのオモリが糸から切れて人にぶつかると、
怪我ならまだマシですが、
人命まで脅かすモノだと感じてます。
その怖さを知っているからこそ、
競技と釣りと区別して、
どんなに着地投法が飛ぶと分かっていても、
俺は釣り場では、垂らし投げしかしません。
な~んて半人前の俺が語っておこがましいですが、
普段なかなか会えない気のあった仲間との語らい、
皆釣りが好きなので釣り情報交換、SC情報の場、
そんな集まりなので面白い世界だと思います。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用