FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年07月09日 (水) | 編集 |
ある年の春先、瀬棚新港にご近所さんと
プライベートの釣りに行きました。
夜釣りなので、狙いはホッケ。
朝方はカレイと言いたいですが、平日の夜釣り、
次の日は仕事なので短時間勝負です。
ホッケは飽きない程度に釣れています。
嫁の竿には何故か、ソイやタナゴが掛かります。
それも、小型ばかりです。
「私に似てかわいいでしょ。」
と最近では平気で冗談を言える程、
ギャグの腕をメキメキと上げてきている嫁ですが、
俺には、熊が木の実を手に持っているようにしか見えず、
一口でそれを喰うってしまうような気がします。

ご近所さんの竿にもホッケは
ポツラポツラと釣れていましたが、
「大きくなって帰っておいで。」
小さいホッケは放しておりました。
また嫁の竿に、20cmくらいのソイが釣れましたが、
今回はホッケ目当てだったので、その魚を放しました。
さっきからその光景を見ていた釣り人が、
「放すのなら俺にくれ。」
と俺達に話し掛けてきました。
話を聞くと、ある釣り大会でここに入ったそうですが、
思ったほど釣れないと言い、
重量制なので魚を沢山釣らなければならないそうです。
俺達がリリースしている魚が欲しいと言います。
俺は????
嫁はニコリと
『今度リリースする時には声を掛けるね。』
と、笑顔で言い放ちました。
車に乗って次の当たりを待つ間、
「本当にやるのか?」
『そんなズルする人に、あげるわけ無いじゃない!』
と、怒った口調で言いました。
「期待してまっているかも。」
『勝手に待っていればいいのよ!』
と嫁は、まるでスケ番のような口をききます。
(どうしちゃったの?)

嫁の竿にウグイが掛かり、それを外して、
水汲みバッカンに入れ、俺の方を見ながらワザと大声で
『水がたりないみたい。』
と、水を汲むフリをして海に帰しておりました。
それを見ていた釣り人が、
バッカンの中を覗き、
「さっきの魚は?」
と、嫁に聞いたのです。
『アレーッ!
水を汲む気したら、私、下手だから逃げちゃった。』
と、悪びれもせず言い放ちます。
嫁は車に乗り込み、
ウチに帰るようにと俺に促したのです。
俺はもう少し釣りがしたかったのですが、
魚が釣れるたび、覗きにこられるのも、
もういいかげんウンザリしていたので、
一緒に来ていた人達にその旨を伝えました。

俺達が帰る仕度をして車を走らせていると、
釣り人が違う旅の釣り人から、
魚を貰っているのを目にしました。
『そこまでして魚が欲しいなら、いっそのこと、
魚屋に行けばいいじゃない!』
と、やけに怒り顔です。
ハハーン。
きっと今日はアレなのだと思いますた。
オッチャンも大変ですね。
総重量制なのは分りますが、
「ズルはいけないよね、やっぱりね。」
ということで、魚はあげれませんでした。
チャンチャン。

おまけ
この間、苫小牧の帰り高速道路のパーキングエリアで、
待機中の日本各地のパトカー。
皆モノ珍しく携帯で写真を撮っていたので、
俺もデジカメで撮ってしまいました。
IMGP4250.jpg IMGP4249.jpg 
IMGP4252.jpg IMGP4253.jpg
無事、サミット終って良かったですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用