FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年07月18日 (金) | 編集 |
ある年の6月、俺は次の大会で、
自分が入る釣場の下見に行きました。
その場所は、島牧村・茂津多駐車場前の穴床前。
過去には大きなソイとかハチガラが釣れたと、
本に書かれておりました。
俺1人だったら何処でも良いのですが、
嫁も一緒なので、
彼女がそこまで行くルートを確かめに行ったのです。
時間は午後3時、足元の明るいうちにと思い、
長靴を履いて、岩肌を歩きました。   
何気なく足元を見ると、
トグロを巻いたマムシと目が合いました。
俺は、蛇とハチと女が大嫌いなんです。
特に女は、女は・・・・俺は・・・・ 
女は・・・・嘘です。大好きです。
すみませんでした。

マムシは俺と目を合わせたきり、コチラを睨んでいます。
俺は、這う這うの体(てい)で、転びそうになりながら、
車まで戻っていきました。
『なにしてるの?』
と、嫁は聞きます。
「へっ、ヘビ。マムシ!」
と言うのが精一杯の俺でした。
『どこ?私、見に行くー!取ってくるーアハハァー!』
と目を輝かせて、ふざけた話をする嫁でした。
嫁は、野生児同然の育ち方をしてきたので、
蛇なんかヘッチャラなのです。
そのマムシを取って、何処かに売ろうと考えたようです。
「やめろ、噛まれたりしたら死ぬぞ。」
と俺は止めました。
『マムシは1本、5千円で買って貰えるんだよ。
買って貰えなくても、マムシ酒にして、
あんたに毎晩飲ませたげるゥー。』
と意気込んでおります。
『ところで、私、マムシって見た事がないんだけど、
どんな色してんの?』
無知は危険を凌がする。
どこまでムッ鉄砲な嫁なんだろう・・・あきれて、
二の句がつげません。
嫁は獲る気満々だったのですが、俺は車のエンジンを掛け、
その場から立ち去りました。
もちろん、文句を言われました。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用