FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年08月05日 (火) | 編集 |
今年も8月に入り、お盆の時期が迫りました。
昨年、好評?だったので、今年もその続きを書きました。
楽しんでいって下さい。

コレは俺の先祖代々語り継がれた話です。
俺の先祖は、あの白虎隊で有名な地域から、
北海道を開拓しに入ったのです。
初代から分家し、また分家と繰り返されて、
現在に至ります。
何代目の馬の骨ともわからない出身ですが、
その時の話となります。

昔、本家は壮大な力を持っておりました。
本家で可愛がっていた飼い犬が、主を噛んでしまいました。
怒った主はその犬を殺してしまい、
分家である我が家の犬も殺せと
無理難題を押し付けてきました。
本家には逆らえず、泣く泣く殺して埋めたそうです。
ところが、分家である我が家の家族の体調が
次から次へと悪くなり、
日を追うごとに段々と悪化しました。
病院に行ったそうですが、
「原因不明」
と判断されたそうです。

どこの土地に行っても、
1人くらいは霊能者と言う人がいらしゃると思います。
この地域にも、そうゆう方が居られました。
そこで、体調の良い時を見計らって、
その人の元に出掛けたそうです。
「なぜ、俺を殺した。
俺は悪い事は何一つしていなかったのに。
もし、お前の所でこれから犬を飼うのなら、
俺は末代まで取り付いて呪ってやる。」
と、言われたそうです。
そして、霊能者に言われた通りのコトをしたら、
皆の体調もよくなり、すっかり治ったそうです。

ある日、嫁が俺の祖母に、
「子供達が犬を欲しがっているんだけど、
飼おうかどうか悩んでいる。」
と話をしたら、この事を言われ、猛反対されたそうです。
それ以来我が家では、その訓示をかたくなに守って、
犬は飼っておりません。
びゃう、びゃ~う。(和泉元彌がよくやる、犬の鳴き声です。)

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用