FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年09月03日 (水) | 編集 |
この話を知っている人は、
昔からサケ釣りをしている人だと思います。
一時期、函館近辺の某所で、
「○○でメジカが釣れっている。」
と騒ぎになったことがあり、
皆が一斉に釣りに出掛けたということがありました。
確かに陸から浮きルアーでメジカが釣れ、
それも次から次へと釣れるんです。
皆はメジカだと喜びましたが、
何万匹に一匹の割でしか捕れないとされているので、
「こんなに釣れていいのか?釣れるものか?」
という疑問が湧きました。
メジカは沖の網でこそ掛かりますが、
まず、殆ど陸から釣れることはありません。
色々と調べた結果、
養殖で繁殖させた時の異常だと言うことだそうです。

このせたなでも、
漁師さんの網にメジカが時々かかるそうですが、
見る人が見れば、
殆どが“メジカもどき”らしいと言います。
食してみた方の話では、
「普通のサケより脂があった。」
と言われましたが、
「どうもTVで言っているような脂の乗りとは違う気がする。」
と首を傾げておりました。
どちらかと言えば、
白サケに少しだけ脂が乗っただけのようです。

昔の俺の職業柄、
マスの助・メジカ・時不知などを食したことも、
捌いたこともあります。
これらに共通することは、
包丁が魚の脂ですぐに切れなくなり、
一切れ切る度、
布巾で包丁を拭きながら捌かなければ、
身はきれいに切れないということです。
焼いた時には、
養殖モノで売っているトラウトサーモンや
アトランタサーモンに近いものがあり、
次から次へと身の中から脂が滲み出て下の落ち、
ガスコンロの魚焼き機が脂だらけになります。
もちろん、
天然の魚は養殖された魚とは違う脂の乗りなので、
さっぱりした脂です。
普通のサケでしたら、プロが一本捌くのに、
布巾を使わないか、使っても1~2回くらいだと言います。
素人の俺でもこの差ははっきりと分かるので、
もし、メジカらしきモノを釣ったら、
これを参考にしてはいかがでしょうか。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:釣り・フィッシング
ジャンル:スポーツ