FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年09月26日 (金) | 編集 |
IMGP1576.jpg
ある授業での出来事でした。
ある担当の先生が授業の冒頭で、
「誰か~キリギリス捕まえること出来るか?」
と切り出しました。
理由を訪ねると、
「子供が欲しいと言っているんだ。」
それを聞いたAさんは、
「先生、もし捕まえてきたら、この授業の単位くれるか?」
と交渉し
「おう、やる!」
と交渉が成立したので、
すぐにその足で捕りに出掛けたそうです。
Aさんは野原に佇むと、
おもむろに一服し、キリギリスの音色を探し、
草むらに入って行きました。
幼少の時期から親しんできた虫達なので、
あっという間に捕まえたと言います。
授業が終わる頃、職員室には彼の姿がありました。
「先生、捕まえてきたぜ。」
と両手を差し出しました。
Aさんの指の間には、
数えきれない程のキリギリスが挟まっており、
それを渡したそうです。
先生も驚いて、
「1~2匹あればいいんだが・・・」
と困惑した顔で言ったそうですが、
「捕ったモノは仕方がない、佃煮でもして食いな。」
と全部押し付けてきたそうです。
優に100匹はいたそうで、その後はどうしたかは、
先生だけが知っているようです。
ところで、
キリギリスは佃煮として食べられるのでしょうか?
きっと無理だと思うのですが・・・
この指で挟む方法は、キリギリスを痛めないで生かし、
キリギリスを捕るプロがよく使うようで、
遊びの中で、いつの間にか彼は会得していたようです。
Aさんは、
「子供が欲しがる数なんて知れている。
でもな、一回捕り始めるとな、止まんなくなってよ~
驚かせてやろう!なんて思ったら、力が入ってよー。」
と子供ぽく笑いました。
リーゼント頭でボンタン姿で、地を這い虫捕りをする姿は、
一種の滑稽さもあると思うのは俺だけでしょうか。

またある時、Aさんは喫煙を注意され、
職員室に呼ばれたそうです。
ところが、呼び出した先生や他の先生も居らず、
時間だけが過ぎていきました。
暇を持て余したAさんは、
先生のイスに座り、机の引き出しを開け、
タバコを一本拝借し、吸っていたそうです。
その時、ガラガラと戸が開き、
呼び出した先生が入って来ました。
口に咥えているタバコを見た先生は、
「お前、吸っていたのか・・・」
と言うと、
「あー、暇だったから。」
と悪びれもせず、
「お前って奴は・・・どうしょうもない。もういい、帰れ!」
と呆れた顔をして、無罪放免となったようです。
Aさんは
「良いことも悪いことも、堂々とやらねば!」
と持論をブチまいておりました。

そして、俺に、
「実名を出していいから、俺、コイツの事、大嫌いだー。」
と書いて欲しいと懇願された方Oさんですが、
過去にOさん一家にも、Aさんの悪戯の手が伸びました。
ある時のクラブでの釣り大会の時だったそうです。
某海岸で釣りをしていたOさんと子供達、
その横にはAさんがおりました。
子供達は釣りに飽きたようで、
カニ捕りをして遊んでおりました。
子供に捕まえるにはすばしっこいカニ達で、
苦労しておりました。
そこに登場したのが、Aさん。
「うん、カニか?どれ。」
ズボンを膝までまくると海に入っていきました。
幼少の時から海岸で遊んでいたので、
カニ捕りはお手のもので、
あっという間に大きなカニを捕まえました。
それを見たOさんの子供達は駆け寄って、
我先に貰おうとしたそうです。
Aさんはそれを見て、ニヤリと笑うと、
思いっきり足でそのカニを踏みつぶしてしまったそうで、
腹を抱えてゲラゲラと高笑いしていたと言います。
大人げない行動だと思うのですが、
AさんにはAさん成りの意味があったようです。
半ベソをかいているOさんの子供達に向って、
「親切な顔をしていても、裏でこういう事があるんだ。
騙されるな!人を見ろ!」
と身を呈して教えたとエラぶりますが、
その顔はずる賢く笑っていたそうです。
子供心には、今までは親切なおじさんが、
突然、怖いおじさんに変貌したとしか思えないように感じます。
Oさんは、
「ウチの長男坊はきっとあの顔を忘れない。
トラウマになっていると思う。」
と言います。
いつか、大人になった時、
Aさんのとった行動の意味が分かる時がくるのでしょうか。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用