FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年10月01日 (水) | 編集 |
先月の釣りの際に穂先が折れた釣り竿、
ツインパワーCX405ですが、
11年前の竿なので、部品もなく修理不能となったので、
取りあえず加入している保険屋さんに
写真付きメールでお伺いを立てました。
色々とやり取りをした結果、
竿の減価償却を差し引いた金額が出ることになりました。
釣具屋さんに行って、修理不能の証明を頂き、
請求書に付属して出す段階で、
竿も一緒に保険屋さんに送るのですが、
「もう一本、これと同じ竿を持っているので、
もし壊れた時に部品取りに使いたい。」
とお伺いを立てました。
保険屋さんは、
「漁具を保険で保障するので、お金を出す以上、
使えない竿といえども当社のモノとなります。」
という説明を受けました。
確かに説明通りだと思い、
部品取り用の竿として手元に置くのを諦め、
後は細かい手続きをし、竿を送る手筈をするだけでした。
その後、担当者から、
「修理不能な竿なので使い用がないと判断したタメ、
写真を送って下されば良い。」
と言うお話を頂きました。
保険屋さんの気が変わらないうちに、
さっさと書類だけ送りました。
それから約10日後、
保険屋さんから査定金額の連絡を頂き、
その金額は、自分が思っていたより出たのです。
IMGP4803.jpg
嬉しさの余り、思わずカタログを手に取って、
「次はどんな竿を買おうかな~?」
と言ったとたん、
食べていたムシパンをゴクリと丸飲みした嫁が、
『確かに折ったのはあんただから、
あんたが責任もって保障するのが当たりまえ!
あの竿は、あんたがあたしにお下がりでくれた竿でしょ。
だから、あ・た・しの竿を買うのが筋!』
と、饅頭をほっぺに隠し入れたようにふくらまします。

以前、ブログで、
コレと同じ竿を譲ってくれる人が居ないか呼びかけたら、
ここです
ブログを見た人から、
「Tさんが新しい竿を買ったから、アレと同じ竿を手放すかもよ?」
と情報を提供してくれて、
人を介して紹介して貰って譲って貰うことになりました。
岩見沢方面なので受け取りに行くチャンスがなく、
札幌のSC仲間に預かって貰っています。
SC仲間と今度会うのは12月の北海道協会の総会なので、
それまで俺の手元に来ません。
「お前用に、やっとの思いで、
Sサーフの人から同じ竿分けて貰う手筈ができたんだ。
だから、今回は俺の竿を買ってくれー」
と半べそかくフリをして見せました。

ところが、猿芝居は嫁の方が数段クサく、
『マグロを釣る訳じゃあるまいし、次の竿が手元にくるまで、
あたしに素手で釣りをすれって言うの?』
と貧血で倒れるように崩れ、突然、
『あ゛ーっ』
とうなるや、
『あー、なんてあたしって不幸なのかしら・・・』
とうずくまり身体を震わせました。
こんなことで泣くようなタマの嫁じゃないのですが、
エプロンのスソで目頭を押さえています。
嘘泣きだと思っていたのですが、
本当に泣いているではありませんか。
それも食べ物が絡んでいない竿ごときで泣くなんて・・・
本当に釣りが好きなんだ。
冗談じゃなかったんだ・・・・
俺はしばし反省し、今回は嫁に譲ることにしました。

どんな竿を買おうか、カタログと睨めっこしていますが、
なかなか気にいったモノが見つからないようです。
どんな竿をチョイスするのか楽しみですが、
きっと俺は、
「この竿の号数は柔らかすぎる。この色はちょっと・・・」
と難癖を付けて、自分の欲しい竿を勧めていると思います。
そうそう、嫁の泣いていた訳ですが、
演技で倒れこんだ際に、
テーブルの角に足の小指をぶつけ、折れたのではないかと、
その痛さに泣いたと後で判明しました。
すっかり騙されました、まったくズルイ嫁です。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用