FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年11月16日 (日) | 編集 |
14日に黒岩漁港に停泊してある船頭から、
「今日、なまら釣れたー!
釣れない船で80匹くらい、釣れた船で100匹以上の釣果があった。
ソレを聞きつけた客から問い合わせがあって、
少し人数増えるがいいか?」
と店長のところに問い合わせがあったようです。
『じゃー、サケは貰ったもんだよね~』
という話をしていたようですが、
昨日居たはずのサケが今日はどこかに移動してイナイ
なんてよくある話なので、そう簡単にうまくいくのでしょうか?

ここから、
嫁の気持ちになって書きたいと思っています。

15日午前3時30分、旦那が掛けてくれた目覚しが不意になったでしょう。
慌てて私を起こそうとしても、もう私はウチには居りません、
だから探さないで下さい。
だって、3時前にはウチを出て、ちょうど峠を走っている最中だもん。
船は5時半出向なんだけど、
その前に24時間営業のスタンドに寄って愛車にガソリンを補給し、
何を置いても、私の食事とオヤツを確保しなくては生きていけないわ。
そうそう、ガソリンを補給している時、
いきなりサイレンがなったの。
ビックリしちゃったー、
あたしが間違って変なモノでも触ったと思っちゃった。
周りを見てもウチの車一台しか止まっていなくて、
どうしよう~、何やった?
と思ってよくよく聞くと、火事を知らせるサイレンだったの。
まったく、間際らしいたらありゃしない。
気を取り直して、オニギリ・サンドウィッチと飲み物を買って、
もちろんオヤツも買ったわよ。
それがナイと、私、生きてイケませんからー。
IMGP5350.jpg IMGP5351.jpg
この船に乗るのは、今回で2回目。
前に乗ったのは3年前で、その時も釣れせてもらった記憶があるの。
何がいいって、トイレ付きっていうのが最高よ!
まさか、男の人みたく立ってするワケにいかないし、
コレでも一応、年は取っているけど、
乙女心を優先したいじゃない~。
IMGP5356.jpg 秀宝丸

朝5時頃になると、他の船やこの船に乗るタメに、
次から次へと車が黒岩漁港に車が集結してきました。
今回乗る仲間は、店長と大将と私だったんだけど、
大将は知り合いの船に誘われてそっちに行ってしまったので、
店長と私と函館から数人+札幌から数人と船頭達で出向しました。
最初に向かった場所は長万部沖、
そこには、他の漁港から出た船が集まっています。
目の前には所々にサケの跳ねがあり、
ソレを追いかけるように船も移動を繰り返し、
釣り人はサケ目がけて竿を振ります。
もちろん、私も竿を振りましたよ。
IMGP5382.jpg
店長のパームス12.6f 嫁の天龍の2ピース
IMGP5355.jpg IMGP5354.jpg長万部沖

一番最初にサケが掛ったのは、船頭の息子さん。
それがね、デッキで掛けたのはいいんですが、
魚が元気だったのと船が流れていたのもあり、
獲り入れたのは後ろのデッキで、
半周するというハプニングがありました。
後方でもサケが掛り、次に店長にサケが掛りました。
でも、このサケも約半周してオサラバしてしまい、
「小汚いオンタサケだったから逃がしてやった。」
な~んてテレ笑いしながら強がりを言ってましたが、
相当ショックだったと思いますよ。
IMGP5352.jpg IMGP5353.jpg長万部沖

えっ、人のことはどうでもいいって?
そうね~、私はサケの当たりは何度かあったんだけど、
食いが甘くてバラしたりしていたんだけど、船頭に、
「頑張れよ!」
って声掛けして貰った直後にヒット!
私に似た、お腹がポッコリとしたかわいいメスサケが釣れたの。
それから暫くして、次は旦那似の小汚いオスサケがかかったわ。
これが旦那みたく性悪で、船の下に潜り込んで逃げようとしたから、
船底にラインを切られないように、
身を乗り出して引きずり出したの。
なんだか見ている内に、旦那の顔を思い出し小憎たらしくなったから、
サケに悪かったと思うけど、思いっきり頭を叩いてしまったのよ。
可哀そうな事しちゃったわ、サケに!
IMGP5368.jpg嫁の釣果 上がメス・下がオス

それから、長万部沖から礼文沖へと船が移動したの。
私、この場所は初めてだったから、興奮してしまったわ。
何で興奮したかって?
静狩から礼文まで海岸線のルートがなく、
いつも山の中を走るしかないので、どんなところか興味があったの。
IMGP5371.jpg IMGP5362.jpg
IMGP5374.jpg IMGP5370.jpg
礼文沖でのサケ釣りの様子

他の人にはサケが釣れたけど、ここでは私には縁がなかったわ。
でも、雄大な自然が見られただけで満足しちゃった。
海はとろ凪状態で、
ルアーを追いかけるサケの姿がしばしば見られたんだけど、
釣れないんだよね。
あー、悔し~い。
ここで、糸がカイド絡みしちゃって、
パチンと音を響かせて海にルアーを飛ばしてしまったの。
でね、他の人がサケを釣っている最中、
一人淋しくコソコソと、サルカンとルアーを付けていたのよ。
誰か、俺がやってやる!って言ってくれるのを期待していたんだけど、
世の中、甘くなかったわ。

じゃー、皆さんと言っても極一部だけど釣果を教えますね。
竿頭は札幌から来た人で5尾、船中では全部で28尾釣れました。
IMGP5376.jpg IMGP5375.jpgTさんの釣果
とても綺麗なサケを釣ったの。
そうそう、このTさんが竿を振っている最中、
知り合いから電話があってね、竿を船べりに置きっぱにしていたんだよね。
少し離れたところで、サケが海面でもじったんだけど、
私の目には、えぇ~しっかりと見ました、
『あのサケ、口にしっかりルアー咥えていたよね。』
って言ったんだけど、誰も信用してくれなかったの。
ところが、Tさんが電話を終え、リールを巻いたら、
さっきのルアーを咥えたサケがついていたんだよね。
きっと、沈んでいったルアーにサケが反応して、
咥えたまで良かったんだけど、ビックリしたのかイズかったのか、
海面まで浮上して外そうとしたんじゃないかな~。
後で知ったんだけど、函館つるさんの知り合いの方なんだってー、
何度か一緒の船に乗ってマダイやヒラメを狙いに行っているとか・・・
知っていればつるさんの事、くしゃみ連発するくらい、
この人方と語ったのにー残念!(笑)
IMGP5378.jpg IMGP5384.jpg
Yさん 全部メスで35㎝のナガラゾイも釣っちゃいました。
IMGP5380.jpg
店長の性格と同じ?で、小汚いオスザケ
IMGP5387.jpg IMGP5385.jpg
IMGP5386.jpg IMGP5357.jpg 帰りの船
皆お疲れのようでした。

皆さん、御苦労さま!
私も眠たかったけど、船を上がったら、
コレから仕事に行かなくちゃならないので、
気を引き締めなければって思いでいたの。
年に一回のサケの船釣りだったけど、とても面白かったー、
よ~し、来年もサケ釣りに行くぞー!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用