FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年12月01日 (月) | 編集 |
以前、俺のカレイの釣り方を書きましたが、
その釣り方は間違いだ?という記事をネットで見つけました。

【他の魚と違って、カレイは普段、
砂の中にもぐって目だけを出しています。
そしてエサを見つけると、
一旦エサに乗って確認した後に改めて食べるという習性があります。
一旦エサに乗る時に、
胴付き仕掛けだとハリスがピンと張っているため
カレイはなんだか違和感を感じてしまい、
怪しんでエサを放してしまう確率が高くなります。
よくサオ先がちょっとお辞儀をするくらい
ミチイトが張った状態で待つ釣り人がいますが、これはNG!
糸を張っていれば「アタリが出るとすぐに反応がわかる」
と思っている釣人もけっこう多いのですがこれは間違い。
ハリスがピンと張った状態ではカレイは餌を押さえる際に
違和感を感じて放してしまいます。
よって、緩やかな弧を描く程度にたるませるのがコツ。
風で横にふくれる程のたるませ過ぎは良くないが、
緩やかな弧を描く程度なら
この方が確実にアタリがでる可能性が高いのです。
他の魚でもこの方が喰い込みが良いです。】

この記事を見つけた時、本当にビックリしてしまいました。
俺が今まで、やっていた行動が定否されたような思いがしました。
この話を仲間と話していると、
「カレイの種類によっても違うと思う。
住む場所が違うと、エサの取り方も違う気がする。」
と言います。
もっと突っ込んで訊いたら、
「そりゃー、カレイになってみるしかないな。」
と呆れた顔をされました。

ソイなどの根モノを狙う時は、
確かに道糸をあまり張ることはありません。
誰から教えられたのか忘れましたが、
俺はその方が食いが良いと指導されました。

船カレイでマガレイやイシカレイ狙いをすると、時々、
口ではなく腹の部分に引っかかって釣れてくる時があります。
コレは、竿を小突いていると、
(砂煙などでエサの存在を察知するため、
船釣りではオモリを小突いて砂煙をたててカレイを集める釣り方)
カレイの重さが竿に伝わってくるので、
カレイが針についたエサを食ったと思い合わせ、
リールを巻くと、スレ掛かりだったりします。
これらのカレイについては、
上記のエサに乗って確認しているであろうと思います。

じゃー、他のカレイはどうだろう?

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用