FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年12月13日 (土) | 編集 |
この間、釣具屋さんに行くと、
デルナーL天秤が入った大きな箱が置いてありました。
ある人物がまとめ買いしたそうです。
彼はトップガンも使用していますが、
「アレはオモリから出ているアーム部分が弱いから、すぐに壊れてしまう。」
と言います。
それに比べると、デルナーL天秤の方が丈夫だとも言います。
俺は貧乏なので、一個数千円もするトップガンは使えません。
もし、切って無くしたりしたら、
大声でエーンエーンと泣くかも知れません。
少ない小遣いでも買える、
デルナーL天秤を愛用させて貰っています。
そこで、何のオモリが一番飛ぶのか?
という話になりました。

ある人は、現在市販で売られているオモリで飛ぶのは、
①トップガン
②タングステンデルナー
③弾丸
④サーフステレス
⑤L型固定
だと言います。
俺もこの事に関して異論はありません。

北海道には、50upの大型クロガシラカレイを狙える場所として、
室蘭港・苫小牧港があります。
俺は残念な事に、苫小牧港では一回しか竿を出していないので、
海底状況は分かりません。
室蘭港はどちらかと言えば、
砂地というよりヘドロみたいなモノが溜まった状態で、
リールを巻く時に海底からオモリがズボッと抜ける感覚があります。
普段、釣りをしている場所は、
こういう海底の状況じゃないところが多いので、
ちょっと驚いてしまいます。
だからって、水深も深く、潮が流れていないわけでもないのです。
なぜ、そんな海底状況になったのかはわかりません。
この釣場に関しては、
皆の出していない飛距離の届いた者勝ちってところもあり、
遠投有利だと思います。
又、竿抜けしているポイントも可能性があるかも知れません。
近間でも釣れますが、ヒトデとの戦いと言ってもよく、
ヒトデもあまり居ない飛距離を探すのが早道のような気がする場所です。

皆が市販の竿を買って使っており、
特別な竿を使っているワケでもないので、
どこで距離を稼ぐかと言えば、
糸と仕掛けとオモリしかないように感じられます。
後は、竿を使いこなせるか、も重要なポイントかも知れませんね。
俺が普段遠投用に使っている竿は、
殆どがAX・35号ー405の並継が多いです。
メーカーもバラバラでシマノ・ダイワ・リョービを主に使い、
朝マズメの短時間勝負が多いため、
一日いっぱい竿を振るってこともありません。
どちらかと言えば、置き竿にしてカレイなどを狙うことが多いです。
コレがキス釣りみたく一日中歩きまわるのなら、
もう少し柔らかい竿をチョイスするのがいいのかも知れません。
竿も各メーカーによって個性があり、
同メーカーの同じ号数でもブランクの違い、
号数が違うだけでも、力の入れどころが変わるので面白いです。
いかに、竿とマブダチになれるか、
ただの顔見知りだけで終わるのか、
「あんたなんか大嫌い!傍に寄らないでよ!」
と往復ビンタンをくらい、嫌われるかも知れません。
今のところ、俺は顔見知り程度なので、
竿も満足に扱えない俺が語るのは、
おこがましい話でした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用