FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年12月18日 (木) | 編集 |
釣りに行く時、
いつも仲間や嫁と行動を共にしているわけでなく、
時間に余裕があれば、
プラリと一人で釣りに出かけたりもします。
その時の俺のお供は、携帯用のラジオ!
夜の釣場で一人釣りをしていると、寂しいモノがありますが、
ここで欠かせないのがラジオの時間。
眠気防止用にもなります。
よく学生時代に聞いていた
オールナイトニッポンのパーソナリティーは、
当然もう代わっていますが、
今聞くと昔はもっとお下劣発言が多かったように感じます。
今は教育上の問題もあって、
結構オブラートに包まれているようですが、
ソレはソレで想像を掻き立てられるので、面白いかも知れません。
などと、ちょこっと感想を述べましたが、
それが今日の話ではありません。

時々、
「♪新しい朝が来た~ 希望の朝だ~♪」
と、ラジオ体操が流れることがありますが、
実は俺、釣場でラジオ体操を行う時があるんです。
一晩中、竿と睨めっこした身体をほぐすタメにやるのですが、
頭では、<次、どんな体操だっけ?>と考えていても、
小学生から刷り込まれた習慣って恐ろしく、
身体は自然と動くから不思議です。
もちろん、釣場は足場が良いところばかりではないので、
ここでジャンプしたら絶対、足をネンザするだろうな?
と思うところもあります。
それでも、ラジオ体操が流れると、
何故か、身体が勝手に動いてしまいます。
昔は思いっきりジャンプしても
身体の重さを感じなかったのですが、
最近はすごく重く感じられます。

ある釣場で、いつものように
ラジオから流れるラジオ体操に合わせて身体を動かしていると、
『ちょっと、変なダンス止めてくれる?』
とオニギリにかぶり付きながら嫁が言います。
「ラジオ体操をやって何が悪い?」
と嫁に問うと、
『どこかの国の変な民族踊りになっているの!
こっちの食べるリズムが狂っちゃう!』
と、カラアゲで口をベトベトさせていました。
本人はいたって真剣にやっているのですが、
見ている方はそう見えないようです。
無視してやっていると、
『あんた、某国のマスゲームに参加したら、
一発で銃殺されるタイプだわ。』
とオニギリを包んでいたアルミホイルを丸めて
バーン!と言いながら俺目掛けてぶつけてきました。
<それを言うのなら、
おまえだってその体型はあの国では絶対ありえないだろう!>
との言葉をアルミホイルに託して、嫁の腹目がけて投げ返すと、
朝日が俺の頭の後ろから昇っていたようで
ソレを見た嫁は、
『キャー、眩しい~光っているゥ~』
と俺の頭を指さし、目を覆いました。
「違う、フン、後光だ」
それから俺は、ローマ法王にでもなったかのように腕を広げ、
「そこの醜くく太った者。ワレの前にひれ伏しなさい、
そなたに住みついている太った悪魔を追い払うのじゃ。」
と告げると、嫁は真顔で、
『絶対、ブッ殺す! 
いつかきっと、この辺で、土左衛門になって見つかるわよ。
それも、事故死としてね。』
と、眼を輝かせて言いました。
やっぱり、悪魔は存在しているのです。
それもすぐ、俺の隣で。
『このカラアゲ、あんたにあげないんだから!』
嫁の精一杯の抵抗は、俺におかずを分け与えないことのようです。

朝、どこかの釣場でラジオ体操をやっている奴を見かけたら、
俺だと思うので、ぜひ、温かい目で見守ってやって下さい。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用