FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年01月06日 (火) | 編集 |
実は俺、2日~3日に掛けて地元で密かに竿を出していました。

せたなの海は、年末から西風が強く、
海は大時化で港内でも白波が立っており、
竿を出そうものなら風でぶっ飛んでしまう勢いなので、
竿が出せるところじゃありません。
ところが2日の午後からやっと風も弱くなったので、
せたな新港で竿を出しました。
IMGP5594.jpg IMGP5593.jpg

コマセ籠を付けてオキアミをばらまいても、
待てど暮らせど、漁信のギョって字もありません。
それどころか、底荒れしていて、
仕掛けに掛かってくるのは、海藻類だけなんです。
春先の昆布ならサラダにでもして食べれるのですが、
今時期の昆布は硬くて食べずらいので、
海に帰ってもらいました。
IMGP5592.jpg IMGP5590.jpg
IMGP5589.jpg IMGP5591.jpg
嫁の竿 ツインパワーCX・DX-405

今回のタックルなのですが、
もちろん“嫁の竿”を隠れて持って来ちゃいました。
ハゼ狙いだったので、20~23号などの軽いオモリを振るには最適で、
手振りだけでも竿の反発を使うと簡単に飛距離が出ちゃいます。
普段、俺が振っている竿はAXが多いので、
コレで腰を入れてこれらの竿を振ると、
どれだけの距離が出るのか想像も出来ませんが、
あまりにも竿が柔らかくて、反対に折れてしまうのではないか?
とおっかない気がします。
もし間違って折ってしまったら、
お正月そうそう鬼が角を出して暴れられたら俺の身に危険が迫るので、
慎重に扱いました。

夕方、ホッケでも釣れるかと思ったのですが、
周りの釣人(2~3人)も、全然釣れていません。
それどころか、一人二人と帰って行き、
最後は俺だけになってしまいました。
こんな日は、温かいお風呂に入り、熱燗で一杯といきたいですが、
新年早々ボンズというのもカッコウつかないので、
一匹だけでも釣りたいと粘ることにしたのです。

次に移った場所はせたな漁港の、
俺のコメンターの敏さんが得意とされている場所で、
昔はクロガシラカレイがよく釣れると評判だった場所ですが、
今はあまり竿を出す人が居なくなった釣場です。
ここで、ハゼを狙うことにしました。
一時間、二時間、三時間・・・・竿が動きません。
五時間・・・やっと、一匹のハゼが釣れたー!
六時間半・・・諦めて帰る事に決めた。
IMGP5606.jpg
ハゼ

今年の俺の初釣りは、20cmのハゼ一匹で終わったのですが、
ボンズをまぬかれてホッとしちゃいました。
もちろん、ハゼ一匹では天ぷらになっても、
『あたしが捌いたからあたしが食べる!』
「俺が釣ったから、権利は俺にある!」
「お父さん、お母さん、子供に食べさせてあげようと思わないの?」
と家族で取りあいになるので、
喧嘩の元は記念写真を撮ってから海に帰って頂きました。

ウチに帰ると、嫁と子供が、
『魚は?』
と訊くのですが、
「お正月そうそう殺生したくなかったから逃がしてきた。」
と伝えると、
「ふ~ん~、お母さん、お父さんさー、
アレで自分は格好いいと思っているんから可笑しいよね。
正直に釣れなかったって言った方が、男らしいのにさー。」
と言われちゃいました。
でもね、お父さんは、ちゃんと一匹だけは間違いなく釣ったんだよ。
家族騒動の元になったら困るから放してきたんだよ、分かっておくれ、娘よ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用