FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年01月19日 (月) | 編集 |
SC(スポーツキャスティング)と投げ釣りとは同じか?
とある人に釣り場で質問されました。
ある人=A君と呼びます。

SCをやった事がある人なら、
「違うモノだよ」
と答える方が多いと思います。
この時の俺の答えは、
「SCは競技で、投げ釣りは趣味。
でも、SCをやることで投げ釣りに役に立っているよ。」
と答えました。
A君は不思議な顔で俺に、
「何で?」
と尋ねたので、
「SCは錘をどこまで飛ばせるか飛距離を競う競技で、
投げ釣りはあくまでも対象は魚を釣る事を目的としているけど、
狙いの魚がいるポイントまで飛ばすのには、
コントロールもある程度の飛距離も必要だよね。
それがSCをやることで身につくのさ。」
と答えました。
それでも、A君はピンとこなかったようなので、
「マンガで釣りキチ三平って本知っている?
あの本の中にもSC競技の事が書かれているんだ。
鮎川魚紳に誘われてSC大会に出場したんだけど、
三平が距離の標的に魚の替わりにサザエの殻を置いて、
そこにオモリを落とし、命中させるところが書かれていたんだけどね。」
と言うと、
「矢口高雄が書いたマンガですよね。
俺、何となく見た記憶があります。
確か、実写版の映画が出来るとか噂がありましたよね。」
とA君は言います。
このまま釣りキチ三平の話をしていると、話が脱線してしまうので、
俺は少し考えてから、
「時々、釣場でST風で投げる人いるよね。
俺達の間では、マネッコSTって呼んでいるんだけど、
アレは着地投法(オモリが地面に着いている状態から投げる事)
って言う投げ方で、
競技の中にもアレと同じ投げ方をする種目があるんだ。」
と周りに人が居ないのを確認し、STの投げ方を実践しました。
A君はそれを見て、
「あっ、その投げ方知っている、見たことがある!」
と叫びました。
そこで、STの競技のルール説明をし、他の競技の事を話していると、
「じゃーなんで、○○さん(俺の名前)、
他の釣人がやっているようなSTや5種目みないな投げ方しないの?」
と訊かれました。
「競技に使う竿は35号以上の硬い竿で、
実釣で使う竿はせいぜい27~35号クラスが多いから、
投げ方を間違えると折れてしまう可能性もあるんだ。
投げる時にガイド絡みなどでオモリが切れる事もあるし、
切れたオモリがもし他の釣人に当たったら、
ケガだけならいいけど、
当たり所が悪かったら死んでしまうかも知れないんだ。
だから俺は競技以外ではその投げ方はしないし、
釣場では、安全な投げ方である垂らし投げしかしないんだよ。」
と答えると、
「だって、その投げ方をすると飛ぶんでしょ?」
「うん、飛ぶけど、ただ真似をすれば飛ぶって思っていない?」
と反対に俺が尋ねると、
「エッ、違うの?」
と驚いた顔をしていました。

競技を経験した方なら分かっていらっしゃると思いますが、
ただ格好を真似をすれば飛ぶと思っている人も沢山いるようです。
しかし、コレには大きな落とし穴が隠れていることも。

つづく。

IMGP4834.jpg IMGP4835.jpg
ST

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用