FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年01月23日 (金) | 編集 |
今、島牧方面から道南方面に掛けて、
アメマス狙いで竿を振ると、
嬉しい外道で小型ですがサクラマスが釣れています。
それも異常な程釣れていると言います。
これには、ちゃんとした理由があります。

北海道では、サクラマスの養殖事業が行われ、
雌しか生まれない性転換雄の精子を用いて、
受精直後に温度処理を行い全雌三倍体を大量に作っています。
通常、サクラマスは2~3年で成熟して死んでしまいます。
ところが、全雌三倍体は成熟しないために寿命が延び、
大型化することがわかったそうです。
ソレを釣人が釣っていると言う訳です。
ここ数年、サクラマス狙いをする人が増え、
色んなメーカーからジグが発売されています。
その中で、道南では定番とされている“風神”という名のジグがあります。
大枚1枚で3本くらいしか買えないのですが、
個人がハンドメイドで作っているから、
少し値段も高めに設定されています。
コレを作っている本人も、
アメマス・サクラマスを釣るのが大好きなので、
ついつい趣味が高じて職業になったようだと言う話をお聞きしました。

俺も昔、地元の海ですが、
サクラマスを1本だけ釣ったことがありました。
今思うと、そこは規制の杭から少し川側で竿を振っていたようで、
ある人からの指摘で分かったのですが、
どうやら密漁をしてしまったようです。
この当時は今程釣人も無く、
サクラマスを狙うなんてホンの一部のマニアしか居ませんでした。
まだ養殖事業が行われていなかった時期なので、
サクラマスを釣る事は宝くじに等しいモノでした。
俺の釣ったサクラマスは、2kg超の天然モノだったようです。
この時使ったタックルは、
ミッッチェルの9か11フィートのどちらかの竿を使い、
今は廃番になっているキクチミノーで、
狙いは、潮目や離岸流(浜から沖に向けて潮が払い出しているところ)
を狙ったらビンゴ。
もちろん川でも釣れますが、この辺一帯の川には規制が掛っており、
釣れば密漁となります。

よくよく考えてみますと、
水産物はソコソコの高値で取引され、
年末などには、大切な人への贈答品(進物)として送られる事もあります。
反対に、タダより高いと思う方もいらしゃるかも知れません。
釣人は魚一匹釣るまでの過程を考えると、
魚よりとても高くつきますが、
それでもその一匹を釣った時の喜びは測り知れません。
俺もそうでしたが、釣りをする事によって、
自然に配慮することを学び、自然の恐ろしさも学びました。
今年もまた沢山の釣人がこの地区を訪れます。
遥々遠くから車中泊まり組もいるようなので、
車の事故・海での事故には気を付けて欲しいと願っています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用