FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年01月26日 (月) | 編集 |
きん‐げん【金言】 こん‐げん【金言】
処世上の手本とすべき内容を持つすぐれた言葉。金句。
ことわざ【諺】 ⇒ めいげん【名言】

世の中には色んな金言が有りますが、その中の一つに、
「子どもには、魚を捕って与えるよりも、魚の捕り方を教えろ」
と、子育ての金言があります。
「子どもが自立して、自分自身や自分の家族の面倒を見るようになる」
と言うことばの意味だそうです。
以前嫁が、子供たちの目の前で魚を捌き、
その魚の料理方法を伝授しているところを見かけました。
『いいかい、見た目が悪い魚でも上手く捌くと美味しそうに見えるの。
魚は切り身でもスーパーに売っているけど、
一匹まんまを捌けると、男の人は「こいつ出来るじゃん」って思うし、
料理上手な奥さんがいると、男の人は絶対離れていかないの。
でも、調味料はさじ加減一つで、毒にもなるからね、フフフ。』
その時の嫁の言葉に、俺はちょっと引っかかりながらも、
納得してしまいました。
料理上手は、男心をくすぐるモノでもありますが、
さじ加減一つとは、俺を成人病へと導くタメかも知れないと思うと、
背筋がゾーッとしてしまいました。
ここ暫くは、良い子のボクちゃんでいようと思ってしまいました。

生活に関する金言で、
「上見て励め、下見て暮らせ」
があります。
人生は上昇志向で、現実の生活は地に足をつけて堅実に、
という意味だそうです。
ところが、今の世界状況を見ると、
「上見て暮らすな、下見て暮らせ」
つまり、贅沢を望むな、
下にはお前よりもっとひどい生活をしている者がいるのだから、
という状況になっているようです。
厳しい世の中になったモノです。
嫁は子供たちに、
『お父さんより良い男を捕まえるのよ!』
と俺を基準にして、その上をゲットしろと言うことなのですが、
なんだか、ここでも厳しい世の中になったと思うのは、
俺のひがみなのでしょうか。
男は自分の奥さんを手本に、
「お母さんみたいな女を掴めよ。」
と子供に言うそうです。
男の子が居ない我が家なのですが、もし男の子が居たなら、
「口うるさい女は止めとけ!。それと食い意地の張った女もな。」
と間違いなく言っていることでしょう。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用