FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年01月30日 (金) | 編集 |
う~ん、
1月も後数日で終わろうとしているのに、
なぜ、この時期に雪じゃなく雨が降ったんだろう?
ソレも今月に入って2回も降り、
俺の記憶では、初めての事かも知れません。
気温も+はあってもせいぜい0~2°くらいしかならないのに、
+8°なんてありえません。
暖冬、コレも温暖化の影響なのでしょうね。

数日前まで、国道の舗装が見え隠れしており、
ここ何日かの気温の高さで融け、全部、舗装が出てしまいました。
昨年のこの時期は雪が降り積もっており、
完全に舗装は見えなかったと記憶しています。
雪で滑る車の事故や、
吹雪などの視界の悪さなどが引き起こす事故はあまり聞きませんが、
舗装が出ているのでとても走りやすいこともあり、
この恩恵を受けているのが、皮肉にも警察かと思います。
今まで、冬道で速度違反を取り締まることなど
このせたな町ではなかったのですが、
所々にPカーが出没してちょっとした死角に忍んでいます。

雪の全体量も少なく、
除雪車も積雪10cm以上になった時にしか出ません。
ドカ雪が降った時は24時間体制で動いていましたが、
今じゃ、数日に一回の割合でしか走りません。
これに従事している方々は、走って幾らなので大変だと感じます。
せたなではこのような状況なのですが、
反対に都会では雪の排泄用のダンプ不足があるそうです。
昨今の燃料高騰問題や不況の影響で、土建会社の倒産などがあり、
ダンプが集まりづらくなり、地方までダンプ探しをしているそうです。
俺の知り合いも、札幌の業者からの依頼に勤める会社が応じたので、
来月から約1ヶ月くらい泊まりがけで応援に行くそうです。
それでもダンプは足りないと言います。
不景気で倒産してダンプ不足、何だかやるせないですね。

◆気温1度上昇で絶滅生物10%増 温暖化対策に自然保護提言(01/25 20:25)

平均気温が1度高くなるごとに
絶滅の危機にひんする生物種の数が10%ずつ増え、
今後30年間に東南アジアのサンゴ礁の88%が失われる可能性があるなど、
地球温暖化が生物多様性に大きな悪影響を及ぼすとする報告書原案を、
生物多様性条約の専門委員会が25日までにまとめた。
報告書原案は
「世界中にある熱帯林が(焼き畑などによって)破壊されれば、
今後100年間に4000億トンの二酸化炭素(CO2)が大気中に放出され、
世界の平均気温が0.6度上昇する」
と、温暖化対策としての自然保護の重要性を強調。
森林保護や自然再生を進めれば、
温暖化対策と生物保護を両立できると指摘した。
専門委は多様性条約と気候変動枠組み条約の連携促進のため設置。
2010年、名古屋市での多様性条約締約国会議などに報告書を提出する。
報告書原案によると、温暖化で大地などの乾燥が進み、
南米・アマゾンの熱帯林が減少したり、
東南アジアなどの泥炭湿地や北極の永久凍土の生態系が破壊され、
土壌から大量の温室効果ガスが放出されたりする。
これが温暖化をさらに進める悪循環が起きる危険も指摘した。

◆1000年は地球温暖化が進行 CO2の排出止めても(01/30 09:24)
【ワシントン29日共同】
地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出をゼロにしても、
その後の1000年間は温暖化が進行するとの予測を、
米海洋大気局(NOAA)などの国際チームが29日までに、
米科学アカデミー紀要に発表した。
排出されたCO2の一部は大気中に数千年単位で残留することと、
いったん温まった海水の温度は下がりにくいことが理由という。
チームは
「CO2の削減費用が下がってから削減すべきだとの主張があるが、
大気への蓄積濃度が高くなるほど、
その後に排出を止めても温暖化の悪影響が大きくなる」
と指摘している。
チームは、大気中のCO2濃度がそれぞれ450、550、650ppm
(ppmは百万分率)などになった後に排出ゼロにするシナリオで、
西暦3000年の濃度、気温、降雨量、海面上昇などを推計。
その結果、CO2の排出量が増え始めた産業革命の前の濃度には、
いずれのシナリオでも戻らないほか、
地中海沿岸や米南西部などで乾燥化が進行、
海水面も上昇し続けると予測された。
CO2濃度は現在約385ppmで、毎年約2ppmずつ増加している。
研究は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書を作成した
米国の著名な大気化学者スーザン・ソロモン博士がまとめた。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用