FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年01月31日 (土) | 編集 |
北海道では主に胴突き仕掛けが使われています。
俺が某釣場でL天秤でカレイ狙いをしていたら、
後から入って来た人が、
胴突き仕掛けでカレイをバンバン釣って悔しい思いをした事もある。
と、ある人に話しをしました。
ソレを聞いたある人が、
「マガレイと宗八カレイの習性って知っている?」
と反対に質問されてしまいました。
「うん、何となく分かるけど、はっきりとは分からない。」
と答えると、
「じゃーなんで、マガレイが胴突き仕掛けも上側についている?」
と、ちょとイジワルな顔で言います。
ソレを横で聴いていた嫁が、
『あっ、それって何となく分かった。
浮遊しているかいないかって事だよね。』
と俺より先に口を突っ込んできました。
ソコから嫁の“ねぇーどうして?”攻撃が繰り返されたのです。

『宗八カレイやマガレイは何となく分かったけど、
じゃー天秤から枝針が長いのが普通なんだけど、短いのっていいの?
あまり長くすると投げる時、天秤に巻かさったり、
根や海藻に引っ掛かると思うんだけど?』
と尋ねると、
「普通は長いでしょうね、時には短くしてやる人もいるけどね。
L天秤のアームの部分の意味を理解していないか、
知っていても生かし切れていないかも知れないね。」
嫁は不思議な顔をして、側にあったL天秤を拡げて、
『ねぇ、どういうこと?』
とソレを渡し、意味を教えろと迫りました。
その人は、近くにあった竿を手に取り、
「魚の当たりって竿先で分かるよね。
竿先って柔らかいと魚の喰いこみが良いね、
ソレと同じ役目をアームが補っているワケ!
だからキス釣りの時、遠投をするタメに竿が硬めのを使っても
L天秤を使うことによって、その代役を果たすって事さ。」
と教えてくれたのですが、嫁は、
『何となく理屈は分かったけど、L天秤って投げずらいんだよね。
あたし、胴突き仕掛けの方が投げやすいんだよね。』
とくどきます。
「胴突き仕掛けは先オモリだから投げやすいからね。
天秤は中間にオモリがあるから、
枝ハリスの部分が絡みやすいのもあると思うけど、
絡まないように枝ハリスに張りを持たせることもできるよ。
だけど、何度か失敗している内に、ちゃんと投げられるから大丈夫!」
と慰められていました。

『ねぇねぇ、今更ながら訊くんだけど、胴突き仕掛けってなんで北海道に多いの?
前に旦那から教えて貰ったんだけど、この人の言う事ってパッとしないんだよね。』
俺を指さして言います。
俺の顔を見て笑いながら、
「北海道って磯場で釣る事が多いじゃん。
そういう所って根がかりが激しいでしょ?
天秤などの長いハリスなら、あっと言う間に引っ掛かってしまうよね。
釣る魚によっても違うけど、
マガレイやホッケやアイナメは浮遊しているエサに喰いついてくるから、
胴突き仕掛けが有利なんだよ。」
と、嫁に分かるように説明してくれました。
そこでまた嫁が、
『じゃさー、マコガレイは?』
と訊くと、
「あの魚って、よく分からないんだよ。
クロガシラカレイと同じDNAを持っているんだけど、
底べったりのエサに喰いついてくる時もあるし、
胴突き仕掛けのような中間の枝針にも喰ってくることもあるんだよな~。」
と首を傾げておりました。

ふ~んという顔で嫁は、
『釣れる時には釣れるって事だね。』
とあっさり引き下がったのですが、
『今度会う時、また、色々と聞くから勉強しておいてね。』
とエラソーなのです。
まったく、人様に物事を聞くって態度ではないのです。
と、またひとりブチブチ言ってますが、
今回は嫁のお陰であやふやだった部分が良く理解出来たので、
ちょっぴり感謝したりしてます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用