FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年03月07日 (土) | 編集 |
ある日のクラブの釣り大会での出来事です。
その時の釣場の範囲は、大成~松前までで行なわれました。
外海は時化後だったので、
にごりとうねりでとても出来そうにありません。
波が死んでいる所を捜し、
嫁も一緒だったので危険な場所を避け、
足場の良い所が条件となって、漁港あたりに目をつけました。
各漁港に行きましたが、土曜日の夜という事もあり、
何処も満員御礼状態でした。
そんな中、釣り人がご夫婦しかいなかった
元和台の漁港に入りました。
そのご夫婦は、防波堤の先端におり、
俺たちは反対側に入りました。
ここの漁港は他の漁港と比べると、
とても小さく、数人の釣り人しか入れません。
自然の湾胴に手を加えて作られたようで、
周りは岩だらけです。

俺も竿を出しましたが、初めて入所する場所だったので、
投げる場所に苦労しました。
仕掛けが抜けてくる場所はごく一部で、
他は引っ掛かります。
嫁も苦労しており、
「もうー、引っ掛かってばかりで、魚なんて釣れもしない。」
と、半分切れ掛かっておりました。
ところが、反対側に入っているご夫婦は、
順調にカレイ・ホッケ・アイナメを釣ってました。
それも型の良いものばかりです。
俺はカレイどころか、ホッケしか釣れません。
ほんの数十m違うだけで、この差です。
嫁用に作ってきた胴付き仕掛けも後わずかになり、
結局、そこを後ろ髪ひかれる思いで離れました。

次に入ったのは、同じ元和台の海浜プールです。
波が死んでいる場所が外海の方にありましたが、
胴付きを持って来ていなかったので、断念しました。
波の被らないところがあったので、
そこを釣座としましたが、
やっぱり一部しか仕掛けは抜けてきません。
横目で波の死んでいる場所に入っている釣り人を見ると、
竿をしきりにあげておりました。
その場所は、過去におおきなソイが釣れた場所だったのです。
きっと、おいしい思いをしたことでしょう。

集合時間が近づき、後片付けに取り掛かりました。
嫁は、
「あ~あ~、ついてなーい。」
とぼやきました。
隣では順調に魚を釣り上げていましたが、
俺達は縁がありませんでした。
運は、俺達には味方してくれなかったようです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用