FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年03月09日 (月) | 編集 |
ある年の水仙の花が咲く頃、寿都町の朱太川河口に、
嫁と釣りに行きました。
ここの釣場は、ただ広い砂浜が続いております。
場所によっては、
隠れ根が点在しクロガシラカレイも釣れます。
此処数年は、川や暴風の影響か知れませんが、
だいぶ遠浅になってしまいました。

そんな釣場ですが、
ビックチャンスに恵まれる事もあります。
過去にここで、竿を2本、天秤・針1本仕掛けで
カワガレイ30枚ちかく・ホッケ5~6本・マガレイ7~8枚を
短時間(4時間弱)で釣った事があります。
地元の釣具屋さんにその釣果を見せたら、
「今迄に、こんな数のカワガレイを見たことがない。」
と笑っておられ、いつの間にか、
「カワガレイ王」
と、呼ばれておりました。
1日中釣りをしていたら、
とんでもない数になっていたと思われます。

この日も、そんなビックチャンスを求めて、
釣りに出掛けました。
俺の右横に嫁が入り、竿を2本出しました。
この時は、俺にイシモチカレイ・マガレイが多く掛かり、
ホッケ・カワガレイは数枚しか釣れませんでした。
嫁も数は少なかったが、マガレイとホッケとカワガレイを
釣っておりました。

暫くして、嫁の右横に地元のおっちゃんが、
釣座を構えました。
おっちゃんは嫁の側から離れず、話まくっております。
話好きのおっちゃんは、
「ダメだよ。いいかい、ここは、波三枚を越せなかったら、
釣りに成らないからね。俺が手本を見せてあげるよ。」
と嫁に言うと、手本の投げ方を見せておりました。
人それぞれなので、何も言うことはありませんが、
リールを上にして投げておりました。
リールを下にして投げていた嫁に、
「リールを下にしたら飛ばないよ。
リールを上にして、糸は親指で押さえて投げるんだよ。
そうしたら、おねえちゃんももっと飛ぶようになるよ。」
と、親切に教えておりました。
はっきり言って、嫁の飛距離は、おっちゃんより飛んでおりました。
俺は?????エー?ウッソー??
俺が嫁に教えた投げ方が????否定された瞬間でした。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用