FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年03月30日 (月) | 編集 |
昨日の続きです。

IMGP5999.jpg

漁師さんの船上げを手伝い、
車のところに戻ってきた函館つるさんとナベさんに、
嫁は開口一番、
『ショ場代、貰いにきたからー。』
と物騒な事を明るく言いやがります。
嫁が目を付けたのは、函館つるさんのクーラーボックスで、
『絶対、からあげにするサイズが入っている。』
という値ぶみしたようです。
そしてお目当てのサイズを見つけると、
『今日の夕飯のおかずよ♪』
と言うと、さっさと持参してきた袋に鬼のように奪い取り収めました。
俺は今日釣ったホッケはどうするのかと気になりましたが、
そんなこともわからないのかい?という顔して
『ホッケは明日の夕飯にフライにするの!』
と言い放ちます。

IMGP6035.jpg
函館つるさんの釣果

ナベさんのクーラーボックスには、
俺が今ジーズンで見たマガレイの中でも、
一番だと思われるサイズが入っておりました。
手に取って確認すると、
まだ卵をしっかり持った身の厚いマガレイでした。
嫁の欲しがるからあげサイズはリリースしてきたので、
大きなサイズしか残っていませんでした。

IMGP6036.jpg
ナベさんの釣果

船釣りのお話をお伺いしたら、
朝一に行った太田神社社務所沖の釣場は小型が釣れ、
それも数は極端に少なかったそうです。
場所移動し、太田漁港沖に船を進め、
そこではそこそこ釣れたようですが、大型ギスカシカが多く、
潮の動きがなく苦戦していたと言います。
潮が動き始めたのが午前10時過ぎで、
その後大型のマガレイやクロガシラカレイが釣れ始めたそうです。
それでも、例年に比べると数は少ないと言い、
船頭も年のせいかあまり釣場を移動するのを億くがり、
朝一からの潮の流れないことが、今回の釣果をもたらしたようです。
それを聞いた嫁はナベさんに一言、
『この人と一緒に来たからよ。』
と函館つるさんを指さします。
本人もその事は痛感していたようで、
「そうだよね、俺が釣りに行くところの殆どが潮動いてなかったよな。」
としみじみ語っておりました。
もちろん、一緒に釣りに行った事がある者は、
うんうんと首をたてに振り納得してしまいました。

その帰り道、とある釣場で、
見たことがある二人連れが竿をたたむところに遭遇しました。
それを見た嫁が、
『ねぇー、あの人、あつし君とコウスケ君だよね?
ちょっと、あんた、あの二人、ふざけたモノ釣っているよ。』
と指さすや、車を急停止させ、二人の所に駆け寄ると、
分かっているよね!と目力で圧力をかけてました。
それにおののいたコウスケ君が、魚の入った一つの袋を嫁に進呈し、
「コレ持って行って。」
と嫁に手渡すと、借りて来た猫のように急に大人しくなったのです。
彼らも嫁の扱いを心得たようです。
話を聞くと、最初はホッケがうるさかったそうですが、
その後、潮が動きだしてからカレイが釣れたといいます。
最高超は午前11時事だそうで、その時に大物が掛り始めたといいます。
みせてくれた魚はみな大型のカレイ達でした。

IMGP6030.jpg IMGP6031.jpg
 
こうやって見ると大きく見えませんが、
小さくても30cm以上あり、
羨ましいとも悔しいとも言える釣果です。
余りにも悔しかったので、
皆さんに見せびらかして一緒に悔しがって貰おうと思い、
貼り付けの刑に処するという名目で、記念写真を撮りました。

IMGP6033.jpg
貼り付けの刑

この他にも、函館の釣具屋さん主催のカレイ大会もあり、
各地に釣りに走り回ったそうです。
帰路につく道で、俺の車の前方を数台の車が走っており、
コレから函館の審査会場へと向かうようでした。
それを見た嫁は、函館の知り合いに電話して釣果を聞き、
『何であそこに入らなかったのよ?』
と俺を責めますが、まさか、
「おまえが無謀な事しそうで怖かったんだよ。」
とは言えませんでした。
今回、函館の釣具屋さん主催のカレイ大会で準優勝した、
通称「若いネーチャンを二人も騙した男」さんが入った釣場は、
嫁が居なかったら俺一人で入ろうと思った場所で、
大会なので少しでも危険だと思うところは排除していました。
余り竿が出ていない場所で、カレイの大物も安息していたように思われ、
40upの大物が潜んでいたようです。
それも1枚なら話も分かりますが、
一度に数枚も釣れる“ 運 ”のある方もおられたようです。

せたな町もカレイ・ホッケの時期に少しずつですが突入して来たようなので、
来週の日曜日、仕事が休みだったら、
俺もあまり竿の出ていない場所を攻めてみようと考えています。
運のナイ俺なので、どうなるか?
ちょっと心配もしている反面、楽しみな部分もあります。
と打っていたら、丁度後ろを通り掛かった嫁が、
『あたし、来週の日曜日、夕方からの仕事だから一緒に連れて行ってあげる!
これは決定事項よ!』
と、どこかへ行く予定を立てているようです。
何処に行くのかと尋ねても、、
『決まっているじゃない、あたしの行きたい場所よ。
行った時の楽しみってことで、今は教えない。
この仕掛けとあの仕掛けを作っておいて。』
とだけ言い残し、意地悪い目をして風呂場へと消えていきました。
主従関係が出来上がっている我が家、
俺が反抗して違う釣場へ向かうとしたら・・・ブルブル・・・
来週も嫁のお守りが決定された瞬間でもありました。
ああ~ふぅ~、溜息一つ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用