FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年04月01日 (水) | 編集 |
ある釣場での出来事でした。
場所は日本海、岩場から根モノ狙いをしていた時に見た光景です。
ソレは見てはイケないモノだったかも知れません。

俺が釣場で竿を出していると、後から一人の釣人が入ってきました。
俺に、
「釣れますか?」
と訊き、少し離れたところに入って良いかと尋ねられたので、
どうぞと答えておりました。
ところが、その釣人は忙しなく、道路に行ったり来たりしていました。
何か忘れ物でもしたのか?と思い、
大して気にもかけていなかったのですが、
何だか様子が違うように見受けられました。。
この日の海はどちらかと言えば穏やかで、
時々、波が岩にぶつかる音が目立つ位でした。
その音に混じって、ピッという音が混じってきました。
なんだろう?と不思議に思っていたら、
どうやら隣に入った人が出しているようでした。
そのピッという音の後、必ず竿を振り、
それが終わると、また道路へと昇って行きます。
何度かその繰り返しをするので、もはや、
気になってしかたがありません。
そこで、ちょうど漁信も止まったので、
少しだけお隣さんの偵察に伺いました。
世間話をし、
「あそこのゴミ、ホッケの浮き釣りに来て置いていったゴミか?」
と俺に尋ね、
「だから釣人はだらしないって言われるんだ!」
と、急に語気を荒くして怒っておりました。
フッと何気なく隣の釣人の竿を見た時、
竿元には子供の握りこぶし大の石が沢山転がっており、
その横にはサランラップが置いておりました。

察しの良い人は、もうお分かりだと思います。
そう、彼は捨て重りの替わりに、
小石を拾ってはサランラップに巻き、
オモリの代用品として使っていたのです。
俺は、
「ソレってマズイでしょ?」
と優しく言いましたが、
「エッ何が?捨て重りの替わりに石を使って何が悪い?」
と今度は俺にその矛先が向いたようです。
俺は、
「石は悪くないが、そのサランラップがダメだと言っているんですよ。」
と、あくまで口調を柔らかくして言うと、
「じゃ、何に包めって言うんだ?」
と反対に俺に尋ねてきました。
「ちょっと待てて!」
とだけ言うと、俺は自分の釣場に戻って、
バックから予備に持ってきていた砂重りを
袋ごとを持っていきました。
ソレを釣人に手渡し、
「コレ、砂重りって言って、根のきついところで使う重り。
袋の中に砂が詰まっていて、
サルカンに付ける部分は木綿糸でくくられていて、
引っかかてもそこから切れるよ。
袋も布でできているので、いずれ海に溶けてなくなるエコな重りで、
約30個くらい入って、500玉ワンコインで買えるから。」
とだけ言って、俺は自分の釣座へと戻りました。

たかがサランラップと思っているのかも知れませんが、
他の人が残していったゴミに腹を立て、
自分が出すナイロンが、どのように海に影響を及ぼすか、
釣人なら大なり小なり分かっていることだと思っていました。
サランラップは紙でなくナイロンです。
なんだか、腹ただしい気分にさせられた釣りでした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用